まとめのぶろぐる

    タグ:恋愛

    1: 2018/03/25(日) 14:07:15.45 ID:CAP_USER9
    https://www.j-cast.com/2018/03/25324461.html 

    タレントで医師の西川史子さん(46)が2018年3月25日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で「先週フラれた」と突然の生告白をしてスタジオをどよめかせた。

    西川さんは、山尾志桜里衆院議員(43)と倉持麟太郎弁護士(35)の不倫疑惑をめぐってコメント。「40代の恋愛」について持論を展開するなかで突如、感極まった様子で破局を明かした。ただ、スタジオでは司会の「爆笑問題」の2人のトークもあって笑いが起き、放送終了間際までイジられていた。

    週刊文春が報じ続けている山尾氏と倉持氏の不倫疑惑だが、18年3月22日発売の同誌では、倉持氏の元妻が山尾氏を糾弾する手記を掲載。山尾氏自身は17年9月の初報時に男女の関係はないとして不倫を否定しているが、収まる気配がない。

    「サンジャポ」では西川さんが「確かにエチケットがなってないなって思います。不倫も悪いです」と切り出すと、続いて「でも40代の恋愛って結構厳しいんですよ。40代で好きになる人っていうのは、たまたま昨日別れましたという人か、不倫しかないんですよ」と持論を語り始めた。爆笑問題の太田光さんは「衝撃的な発言が出ました」とつぶやいた。

     これにとどまらず、西川さんは 「私、先週、『重い』ってフラれたんですよ」とまさかの告白。爆笑問題の田中裕二さんが「え?フラれたの?先週?」と動揺している間に、西川さんは続ける。

    「ここのところ好きだった人がいたんですけど、1週間でフラれてしまって、『もう会いたくない』と言われてしまったんですよ。昨日、タクシーですごく泣いて、だから今ちょっと...」
    そして目を赤くし、手で拭い始めた。田中さんが「ちょっと待ってよ西川さん!」、太田さんが「この人、コメントできる状況じゃないと思うよ」と即座にツッコミを入れると、スタジオは笑いに包まれた。 
    no title

    【【エリートからの転落!?】西川史子「46歳の破局」その理由wwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/02/27(火) 13:26:11.10 ID:CAP_USER9
    20180227-00000097-spnannex-000-2-view

    お笑いコンビ「オアシズ」の光浦靖子(45)が26日、AbemaTVのバラエティ番組「おぎやはぎのブステレビ」(月曜後9・00)に出演。
    海外でのつらい経験を語り、共演陣を驚かせた。

    番組では「ブスにも優しくしてあげました」というテーマで街頭インタビュー。
    「少し優しくしたら、ブスは好きになってくる」という男性に意見に対し、“ブス代表”として出演した光浦は「半分は腹立ったけど、半分はブスの代表として謝りたい」と納得の表情。

    それでも、小さな優しさでも幸せを感じてしまうといい、「(共演者に)おはようございますってあいさつしたら、ニコッと笑って返してくれた」「少年隊の東山さんと仕事をしたときに、『コーヒーいる人?』って聞いて、私にもくれた」と男性に優しくされたエピソードを披露した。
    グラビアアイドルの葉加瀬マイ(30)が「(私は)可愛い子といつもいるので、男性は優しくいろいろとしてくれる。こんなことで勘違いするってヤバイ」と驚いた表情を見せると、光浦は「私たちなんか、海外行くとホテルのドアマンがドア開けなかったことがあるんだから」と声を大にして反論。
    MCの「おぎやはぎ」小木博明(46)も「ドアマンは絶対開けるよ」と驚きを隠せない様子だった。

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180227-00000097-spnannex-000-2-view.jpg
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000097-spnannex-ent

    【【ブスは優しくされたら勘違いする】 光浦靖子「ブスの代表として謝りたい......」】の続きを読む

    1: 2018/02/24(土) 14:34:38.64 ID:CAP_USER9
    022301

    DeNAトラベルは2月23日、若者の〇〇離れに関する調査の結果を発表した。調査は10~70代の男女1184人にインターネットで行われた。

    あなたが感じている「若者の〇〇離れ」は?
    複数の「若者の〇〇離れ」の中から、感じているものを聞いたところ、「車離れ」が33%で最も多かった。次いで「新聞」(13.2%)、「読書」「結婚」(いずれも7.9%)、「お酒」(6.6%)の順に多かった。 また、若者自身が感じている「〇〇離れ」と中高年が感じる「〇〇離れ」には違いがあった。20代以下と30代のトップ3はいずれも「車」、「新聞」、「テレビ」だった。しかし40~60代以上では、トップ3に「お酒」「結婚」「読書」が入っている。

    「40代以上の人たちは若者を物欲がない世代だととらえている」
    若者世代である10~30代に「本当はやりたいもの」を聞いたところ、トップは「旅行」の15.8%だった。2位以降、「読書」(13.4%)、「車」(11.5%)、「恋愛」(9.6%)が続いた。若者が車離れや読書離れをしていると言われるが、実際にはやりたいと思っているようだ。一方、新聞を読んだり酒を飲んだりしたいと思っている人はほとんどおらず、名実ともに「離れ」が進行しているようだ。

    「若者の〇〇離れ」が進む理由
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2018/02/022301.jpg
    「〇〇離れ」全体の原因を聞くと、20代以下と30代は、「収入の減少」がそれぞれ33.7%、30.6%でトップだった。一方、40代、50代、60代以上では「インターネット・スマホの発達」が1位で、「物欲の低下」だと感じている人も多かった。

    同調査では、こうした認識の差について、
    「若者たち自身は物欲がないのではなく収入が少ないから買うことができない、楽しむことができないと考えているのに対し、40代以上の人たちは若者たちを物欲がない世代だととらえていることがわかりました」と指摘している。

    「時代の変化を受け入れ、無理に解決する必要はないのではないか」

    「若者の〇〇離れ」を解決するには何をすればいいか聞くと、「時代の変化を受け入れ、無理に解決する必要はないのではないか」といった回答が多かった。しかし、

    【車離れ】お金の若者離れを解消する(30代女性)
    【車離れ】収入面でも精神面でも余裕が欲しい(30代男性)
    【結婚離れ】賃金を上げる、残業時間を減らす(20代男性)

    といった声も寄せられていた。もちろん「〇〇離れ」そのものを無理に解消する必要はない。しかし、したくてもお金や時間がなくてできないということであれば、若者の置かれた状況を改善する必要があるのかもしれない。

    DeNAトラベル
    33%の人が「若者の車離れ」を実感!車離れが進む理由は「収入の減少」と「時代の変化」。「若者の〇〇離れ」は無理に解決する必要はないという意見が多数!~DeNAトラベルが「若者の〇〇離れ」に関する調査を実施~
    http://skygate.lekumo.biz/press/files/2018022301.pdf
    https://news.careerconnection.jp/?p=50612

    【若者の○○離れ…解決方法は「余裕がほしい...!?」】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ