まとめのぶろぐる

    タグ:仕事

    image

    1: 2018/03/20(火) 13:27:07.37 ID:CAP_USER9
    https://news.careerconnection.jp/?p=51715

    労働基準法では、休日を1週のうち少なくとも1日、もしくは4週のうち4日と定めている。
    1年は約52週あるため、法律に従えば年間休日は52日、もしくは53日となる。
    しかし、同法では労働時間が1日8時間週40時間までと決まっているため、実際には、
    週休2日を設定する企業が多い。

    それでも、「休日が少なすぎる!」と感じている人は多い。2ちゃんねるには3月11日、
    「週休2日制っておかしくない?」というスレッドが立ち、スレ主は次のように希望を綴った。

    「休み1日目 前日までの疲れを癒す
    休み2日目 自分が好きなことをやる時間に充てる
    休み3日目 翌日からの仕事に備えて身体の調子を整える
    3日必要やん」

    「休みじゃないと労働以外何もできないとかおかしい」

    スレ主はよほど現在の勤務環境に不服なのだろう、スレッドではさらに怒りをあらわにしている。

    「誰やねん最初に週休二日にしたのは」「いつ自分の好きなことすればええねんホンマ」

    平日は残業で長時間労働をし、休日になる週末にはヘトヘト。休日を楽しむどころか、疲れをとるだけで終わってしまう、
    という生活ぶりが想像できる。

    スレ主に同意する人は多く、

    「そもそも労働が長すぎるやろ。休みじゃないと労働以外何もできないとかおかしいやん」
    「一日の労働時間の長さよ。週休二日でも15時間とかもう死ぬで」
    「月火 フルタイム 水 午後休 木金 フルタイム 土日 休み これが正しい姿だろ」
    「5日働くんだから休みも当然5日にするべきだろ 」

    などの指摘が目立った。

    法定労働時間は週40時間だが、企業は労基署に36協定書を提出すれば、法定労働時間を超えて労働させられる。
    働く時間が増えるわけなので、週休3日くらいが妥当だ、と言いたくなる気持ちはわかる。

    有休消化率さえも低い日本っどうなの

    ただそれでも、週に2日休めるだけ恵まれている、という意見も見られた。

    「週休1日を8年続けてるけどまだまだいけそうや」
    「祝日休めるやつは黙っとれ」

    仕事だけでなくプライベートも大切にしようという「ワークライフバランス」の重要性が叫ばれているが、
    これでは働きづめで人生に豊かさを感じにくい。

    日本企業の年間休日はどうなっているのか。厚労省が昨年発表した「就労条件総合調査の概況」(2016年版)で
    年間休日総数を見ると、全業種平均は108日。しかし「運輸業・郵便業」では98日、「飲食業・宿泊業」では95日と、
    52(1年間の週数)で単純に割り算すると、週休2日未満ということになる。

    そもそも、日本は有休消化率が先進国最低レベルだ。仕事で成果を出すためには、しっかりと休むことが大切。
    今すぐに週休3日は厳しくても、休みたいときに休めることが当たり前の社会になってほしいものである。

    【週休2日制っておかしくない? 週休三日くらいがよくない?】の続きを読む

    1: 2018/03/07(水) 12:25:45.06 ID:CAP_USER9
    発達障害であることを職場でオープンにしている人はまだまだ少ない。障害者の就労支援を行うゼネラルパートナーズは3月6日、「障害のカミングアウト」に関するアンケート調査の結果を発表した。

    調査は発達障害者92人を対象にインターネット上で実施された。回答者のうち「高機能自閉症・アスペルガー症候群」の人が56%で1番多く、次いで「注意欠陥/多動性障がい(ADHD)」という人が25%だった。

    ■職場に発達障害であることを伝えている人は3割のみ
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2018/03/0307.jpg

    発達障害と診断された時期は、「社会人の時」が78%に上っている。障害があっても、大人になるまで気が付かないものなのだろうか。同社の担当者は、「何かしらの違和感を覚えて生きていても、何かにつまずいて病院に行き、初めて判明することが多い」と話す。

    「学生の頃は気の合う友人とだけ付き合うことができます。しかし社会人になると会社の中でルールに則って仕事をしなければなりません。そこで問題が生じ、病院に行って判明するということが多いようです。周囲とコミュニケーションが取れない、空気が読めないことで仕事を振ってもらえなくなったり、冷たくされることがあるようです」

    また調査では、”発達障害であることをオープンにして働きたいと思いますか”という質問に対して「とても思う」(63%)、「まあまあ思う」(25%)と答えた人は合計で88%に上った。しかし実際に障害のことを伝えて働いている人は33%に留まっている。

    職場でオープンにしていない理由としては、「伝えても理解してくれないと思うから」が53%で最も多く、「仕事を続けられなくなると思うから」が44%で2番目に多かった。

    前出の担当者は、「同僚や上司が発達障害について知っていることが大切です。相談しやすい雰囲気づくりをしてほしい。本人がカミングアウトできれば、周囲もその人の特性を理解して付き合い方を工夫することができます」と呼びかけていた。 
    https://www.value-press.com/pressrelease/198201
    http://www.generalpartners.co.jp/ 
    no title
     

    【【ADHD】社会人になってから発達障害を診断される人が激増..その訳とは....】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ