まとめのぶろぐる

    タグ:オリンピック

    1: 2018/03/06(火) 12:54:39.86 ID:CAP_USER9
    image

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803060000343.html

    2018年3月6日12時26分

     チャリティーオークションに出品されたフィギュアスケート羽生結弦選手のサイン入りスケート靴の入札額が3000万円を突破し、ファンから驚きの声があがっている。

     ヤフー・ジャパンは5日、東日本大震災の復興支援を目的とした複数企画の実施を発表。その1つとして、著名人や企業から提供されたアイテムによるチャリティーオークションを同日より開始した。

     羽生選手は06年に続き、直筆サインを入れたスケート靴を出品。1円スタートで出品されると、またたく間に入札が相次いだ。入札額も高騰し、オークション開始から1日経った6日午前11時の時点でなんと約3400万円に。

     06年のオークションでの落札額は約340万円だったため、すでに10倍の額がついていることにネット上では「凄い!!良いことに使われるならもっと上がって!」「羽生くんの練習用スケート靴で、マンション買えるとか引くわー」「羽生くんのスケート靴は初競りのマグロなんや…初競りのマグロくらい縁起のいいものなんだ…」と驚きの声があがっている。

    【【オークション】羽生結弦サイン入りスケート靴がとんでもない価格にwwwww 】の続きを読む

    1: 2018/03/04(日) 16:32:50.73 ID:CAP_USER9
    d_11038086

    女優・のん(24)が4日、都内で、応援キャラクターを務める「共創力で進む東北プロジェクト」交流会に出席。宮城県出身で五輪連覇を果たし、国民栄誉賞授与が濃厚なフィギュア男子の羽生結弦選手(23)に対抗心を燃やした。

    金メダルの滑りは録画で見たといい、「興奮しました。同年代として羽生選手に対抗心を燃やしています。男の人に対してライバル視しちゃう。 自分はフィギュアスケートをしたことないのに、勝手に闘争心を燃やしていて、負けられないと。一方通行な戦いです」と刺激を受けてことを明かし、笑わせた。インタビューの回答に加え、地上での演技は「絶対、勝てます」と宣言。氷上以外での勝負に勝機を見いだそうと頭をひねっていた。刺激を受けながら、自身のフィールドで躍進を目指す。昨年に自ら新レーベル「KAIWA(RE)CORD」を発足。4月19日から渋谷で初個展「のん一人展 女の子は牙をむく」を開き、5月9日に初アルバムを発売すると発表した。

    絵や立体物を並べるという個展のタイトルについて、「意味は女の子はパワフルで、凶暴だったり魅力的でチャーミング。それを表現できたら」と語った。アルバムは「私が作った曲が5曲など、12曲です」とアピール。今後も「楽しいと思ったことを楽しくやる。見てくださる方と一緒に楽しめる
    表現をしていく」と意気込んでいた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/04/0011038085.shtml
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/04/0011038085.shtml?pg=2
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2018/03/04/Images/d_11038086.jpg
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2018/03/04/Images/d_11038087.jpg

    【【炎上確定!?】女優のん「(羽生結弦選手に)絶対、勝てます!!」】の続きを読む

    1: 2018/03/04(日) 11:44:51.25 ID:CAP_USER9
    20180219-00000083-spnannex-000-2-view

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/1/3162c_1413_b60615aa_025d0866.jpg
    羽生結弦の金メダル獲得に日本中が歓喜した。とりわけ、彼を追いかけて会場につめかけたマダムたちの喜びはひとしおだっただろう。だが、カネに糸目をつけない奥さまの陰で、夫は怯え、悩んでいる。

    ■観戦ツアーは4日で90万円
    羽生結弦(23歳)のフリープログラム演技が終了した瞬間、金メダル獲得を確信し、歓喜に沸いた韓国・平昌の江陵アイスアリーナ。 おびただしい数のプーさんのぬいぐるみが飛び交う会場からの中継映像を、埼玉県内の自宅で複雑な表情を浮かべながら眺めていたのは、会社員の杉森裕之さん(60歳・仮名)だ。 「やっぱり羽生くんはすごいですね。圧倒的な技術に、しなやかな立ち居振る舞い。門外漢の僕でも圧倒されます。でも、妻が羽生くんに遣った金額を想像すると、金メダルを素直には喜べなくて……」

    裕之さんの妻・律子さん(58歳・仮名)は羽生の大ファンだ。
    「妻は旅行会社の観戦ツアーに申し込み、現地観戦しています。ツアー代金の詳細は怖くて聞いていませんが、たぶん何十万円もつぎ込んでいるに違いない」(裕之さん) 今回、平昌五輪の指定旅行会社として、JTBをはじめ数社が観戦チケットつきのツアーを日本国内で販売している。 JTBの「フィギュアスケート・男子シングル観戦券付きツアー」は、4日間でなんと90万8000円(一番良いカテゴリーの観戦席の場合)。飛行機の座席はエコノミークラス、ホテルは2人で1室利用、昼夜の食事はすべて別途負担にもかかわらず、このお値段だ。 ずいぶん強気な価格設定に思えるが、いずれの社のツアーも即完売だったという。 「そんなにするんですか。家計はすべて妻に任せていて、私のスーツも、アウトレットモールの値下げ品しか買わせてもらえないのに。これ以上羽生くんに入れ揚げたら、いったい、いくら遣うことになるのか。すごく不安です」(裕之さん)
    一部略
    http://news.livedoor.com/article/detail/14384071/

    【【羽生結弦】ユヅリストの妻をもった夫の悲劇wwwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/02(金) 15:37:58.64 ID:CAP_USER9
    20180219-00000083-spnannex-000-2-view

    2日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)で 政府が平昌五輪フィギュアスケート男子で2大会連続金メダルを獲得した羽生結弦(23)に国民栄誉賞を授与する方針を固めたことを報じた。

    番組では過去の五輪で連覇しても国民栄誉賞を授与されなかったメダリストとして柔道の野村忠宏氏。水泳の北島康介氏。体操の内村航平を紹介した。これを受けてコメンテーターでジャーナリストの木村太郎氏(80)は 「どんどん出した方がいいと思いますね。どんどん出すべきです」と指摘。安藤優子キャスター(58)から 過去にさかのぼってはと聞かれ「出してもいいじゃない」と即答した上で「これ、大した勲章じゃないんだから。 お金かかんないですから出したって」などと持論を展開していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000080-sph-ent

    【【羽生国民栄誉賞授与】ジャーナリスト木村太郎氏 「どんどん出すべきです!!これ、大した勲章じゃないんだからwwww」】の続きを読む

    1: 2018/03/01(木) 11:59:53.23 ID:CAP_USER9
    -競技以外で印象に残っていることは。おいしかった料理などあれば。

    「おいしかった料理については省きます。食については興味がなさすぎて僕がしゃべっても面白くないので省きます。

    観戦していて面白かったのは…カーリングとショートトラックとマススタートとパシュート、スキージャンプとモーグルとスノーボードハーフパイプです
    (同席していた選手の競技すべてを挙げる気遣いを見せる)」

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=FveM0ZlLpzA#t=47m42s

    https://article.auone.jp/detail/1/6/12/17_12_r_20180226_1519642282474939 

    【【平昌オリンピック】記者「おいしかった料理は?」羽生結弦 「おいしかった料理については省きます。興味がなさすぎて」wwwww】の続きを読む

    1: 2018/02/28(水) 15:26:59.54 ID:CAP_USER9
    image

    ニュースキャスターの安藤優子さん(59)が情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)の生放送で見せた振る舞いが、ツイッターなどでひんしゅくを買っている。

    番組には、平昌冬期五輪のスピードスケート女子で金、銀、銅のメダル3つを獲得した高木美帆選手(23)がゲストで出演した。安藤さんはスタジオに高木選手を迎え入れると、彼女の胸に燦然と輝くメダルに両腕を伸ばし...

    ■視聴者から冷ややかな声

    2018年2月27日放送の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)では、高木選手がスタジオに生出演。メダル3つを両手で抱えながら登場すると、安藤さんや俳優の高橋克実さん(56)ら出演者が拍手で迎え入れた。

    安藤さんはまずメダルを指さし、「あーすごい!」と歓喜の声を上げた。その上で高木選手に花束を手渡し、「おめでとうございます。きょうはよろしくお願いします」とあいさつ。2人は互いに目を合わせ、握手を交わした。

    高木選手が、あらかじめ用意された椅子に腰掛けると、安藤さんは他の共演者に向かって「3つですよ」と一言。高木選手の方を振り返り、花束越しに「ほら、ちょっと見てください」と彼女の胸へ両腕を伸ばす。そして「すいません。失礼致します」と、両手でメダルをつかんだ。

    高木選手は特にこれに反応することはなく、番組はそのまま何事もなく進行した。 ところがこうした安藤さんの振る舞いに、ツイッターなどインターネット上では視聴者から冷ややかな声が相次いだ。高木選手に前もって一言かけているが、触ってよいかどうか聞かなかったことが「失礼すぎる」「良くないと思う」というのだ。

    ■「メダルを触らせてください!と言えば」

    “「安藤優子何で勝手にメダル触ってんの?失礼すぎるだろ」
    「安藤優子氏、高木選手のメダルに断りもなく触ったけど...それ良くないと思う」
    「安藤優子、高木選手のメダルに勝手に触れていいの?断りが無かったけど。失礼な人だわ、何様だ!!」
    「うわぁぁ...安藤優子、出演して貰ったメダリストが出てきた瞬間いきなり一言もなしにメダルを手で掴みに行ってベタベタ...失礼すぎる...」

    これは安藤さんに始まった話ではない。ツイッターでは平昌五輪期間中にも、選手のメダルに触れるキャスターに対し、「なにこいつ。勝手にメダル触るなよ」「断りもなくメダル触るキャスターなんなん?」といった声が複数上がっていた。今回の安藤さんに限らず、断りなくメダルを触る行為に不快感を覚える視聴者は多いのかもしれない。

    前々回のソチ冬期五輪では、銀、銅メダルを獲得したスキージャンプ男子の葛西紀明選手が帰国直後のブログで約100人のファンにメダルを触ってもらったと明かした。一方、触る許可に関しては「NORI(編注:葛西さんの愛称)を見かけたらメダルを触らせてください!と言えばもれなくメダルタッチOK」と書いていた。 
    https://www.j-cast.com/2018/02/28322341.html?p=all

    【安藤優子氏らキャスター陣,メダルを粗末に扱いバッシング殺到!?】の続きを読む

    1: 2018/02/28(水) 14:59:34.80 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    20180228_094627_quarter

    カー娘CDデビューへ

    閉幕後2日くらいじゃ熱気はとても冷めやらない平昌五輪。活躍目覚ましかった日本代表チームから次々とスターが生まれたが、中でも銅メダルを獲得したカーリング女子のロコ・ソラーレ(LS)北見のメンバーは、連日テレビに生出演し注目度はさらに高まっている。芸能界やテレビ界もいまだ大興奮のままで、今後も、テレビの出演オファーが殺到するのは確実。そんななか“CDデビュー”という夢プランが動きだした。タイトルは、すでに流行語となっている「SO.DA.NE」だという――。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2018/02/20180228_094627_quarter.jpg 
    https://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%E6%9C%EF%BC%EF%BC%E6%A5%EF%BC%E6%B0%B4%EF%BC%E7%BA%E8%A1%8C/

    【【オリンピック/カーリング女子】カー娘まさかのCDデビューへ !?】の続きを読む

    1: 2018/02/27(火) 15:25:06.57 ID:CAP_USER9
    image

    元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(42)が26日、自身のブログを更新。平昌五輪で日本初の銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表「LS北見」に対し、 女性から批判が上がっていると報じられたことに「仲良くやれよ、ほんとに」と持論をつづった。

    長谷川氏は「女の敵は女、の典型例」として、「LS北見」に対し「ネイルしてスポーツしないで」「あの勘違い感、めっちゃ嫌い」などの声が上がっていると報じた記事を ブログで紹介。長谷川氏は「女性の社会進出もそう。働き方云々の議論も似てる。もうさーとにかくさー…女性陣は女性陣だけで…話、まとめてくれないかな。 男はスポーツでも見ながら話しまとまるの、待っとくから」とつづった。

    「働くのどうの…という話も同じで、専業主婦は専業主婦でキャリアウーマンを『負け犬の象徴』『ああはなりたくない』と罵るし、キャリアウーマンは堂々と 専業主婦のことを『怠けたい人がなるのが専業主婦』『旦那に捨てられたら生きていけない寄生虫』とバカにするし。我ら男からすると心底どうでもいい。 仲良くやれよ、ほんとに。どっちでもいいわ。人それぞれだわ」と長谷川氏。

    さらに「何なんだってのが『ネイルしてスポーツしないで』という一言。いいじゃん、その程度」とつづっていた。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000064-sph-ent

    【長谷川豊氏、カーリング女子批判に「女の敵は女の典型例。仲良くやれよ、ほんとに......」 】の続きを読む

    1: 2018/02/26(月) 13:01:14.83 ID:CAP_USER9
    474d2015

    ◆【天才】ド素人のスキー選手、セコすぎる裏技で平昌オリンピック出場を果たしていたことが判明

    平昌オリンピックでスキーハーフパイプ競技に出場した、ハンガリー代表のエリザベス・シュワネイ選手(33)が話題だ。 何の大技も出さずに「ただ安全に滑るだけ」に徹した彼女はもちろん最下位に。 素人同然の滑りを見せた彼女だが、一体どうやってオリンピックに出場できたのか。

    アメリカ人のシュワネイ選手は、幼少時代からオリンピックの舞台に立つことに憧れていた。 しかし自分の実力では到底叶わない夢だった。 そこで彼女は「スキーを上達させて世界に挑む」のではなく「オリンピック出場のための条件を揃える」ことへと頭を切り替えたのだ。

    オリンピック出場を果たすには、各国で開催される世界大会で「30位以内に複数回入賞する」ことが条件だ。 そのためシュワネイ選手は参加者が30名に満たない世界大会にだけ絞って参加し、オリンピック出場条件をクリアしてみせたのだ。

    シュワネイ選手はいつも技を決めずにコースではただ滑るだけを貫いた。
    彼女は決まって最下位だったが、オリンピック出場が目的である本人にとって順位は関係なかったのだ。

    そして彼女は13の世界大会でベスト30に輝き、オリンピック出場を果たしたのだった。 なおシュワネイ選手が愛用していたスキー用具ブランドのArmadaは「こういった形で注目を受けたが当社としては関わりを持ちたくない」と声明を発表。 「もう自社ブランドは使って欲しくない」として、彼女に多額の金銭を支払ったことも伝えられている。

    写真:シュワネイ選手の滑り(左)と金メダル選手(右)
    http://livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/4/7/474d2015.jpg 
    http://yurukuyaru.com/archives/75048034.html

    【ド素人の米スキー選手、セコすぎる裏技で出場資格を獲得wwwwww】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ