まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 仕事

    image

    1: 2018/06/27(水) 19:13:29.91 0
    日本の文化を研究してるアメリカ人の英語のレポートに書いてあった
    どの国でもIT関連技術の進化についていける世代とそうでない世代の間で文化や価値観に大きな隔たりがあるけど日本はその隔たりが30代と40代の間に顕著らしい

    【現在の40代以上の世代と30代以下の世代で価値観に大きな違いがあるらしい... 】の続きを読む

    image

    1: 2018/06/26(火) 15:57:33.59 ID:UolOP1UJ0● BE:842343564-2BP(2000)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-35121473-cnn-int


    ニューヨーク(CNNMoney) 米おもちゃ販売大手トイザらスは米国事業の経営破綻(はたん)を受け、国内に残る最後の200店舗を29日に全て閉鎖する。

    創業70年のトイザらスは近年、大型量販店やインターネット通販との競争激化と負債の利息負担で経営が悪化し、昨年9月に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請。再建を目指したもののクリスマス商戦が失敗に終わり、今年3月に米国内の735店を全て閉鎖すると発表していた。カナダなど一部の国の事業は継続する。

    同社に長年勤めてきた従業員らは、退職金が出ないことや解雇をぎりぎりまで知らされなかったことに対して抗議運動を展開してきた。今週もデモが予定されている。

    フロリダ州ボイントンビーチ店のマデリン・ガルシア店長は「店にやって来て、私たちを抱き締めてくれる客もいる」と話す。店頭に商品はほとんど残っていないが、閉鎖店舗から移ってきたスタッフも含め、約45人が勤務を続けている。店長自身も閉鎖の準備に追われ、次の職は見つかっていない。この店は29日の期限を待たず、28日に営業を終えるという。

    トイザらス破綻の影響はおもちゃ製造業界にも及び、米大手ハズブロとマテルは今年1~3月期決算で売上高の落ち込みを報告した。

    【トイザらスを愛して下さった皆さん。さようなら。もう二度と姿を現すことはありません。】の続きを読む

    image

    1: 2018/06/01(金) 14:55:50.81 ID:CAP_USER9
    http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44311618 
    ラッセル・ホッテン、BBCニュース・ビジネス記者

    女性は取締役会に馴染まない、女性は面倒を避けたがる、女性は「複雑な問題」に対処できない。

    英国のFTSE350種総合株価指数を構成する350社の取締役会が、女性を役員に登用しない理由として挙げたものだ。ジェンダー均衡調査で明らかになった、

    英政府が後押しするハンプトン・アレクサンダー調査は、ショッキングな結果だと指摘する。政府高官も、こうした言い訳を「情けない」と非難した。

    英政府はFTSE350構成企業に対し、2020年までに取締役会の3分の1を確実に女性にするよう求めている。
    調査の中間報告では、事態は明らかに改善しているものの、いくつかの企業が遅れをとり、多様性についてリップサービスをしていることが明らかになった。

    女性を取締役にしない理由のトップ10

    ・「女性は取締役会の環境に馴染めないと思う」
    ・「取締役会の議題はきわめて複雑で、これに参加するだけの資格と深い経験を持った女性は多くない」
    ・「ほとんどの女性は取締役会での面倒や圧力を求めていない」
    ・「株主は取締役会の男女構成に興味がない。なのになぜ我々が気にしなくてはならないのか」
    ・「他の取締役が、女性の登用を望んでいない」
    ・「『良い』女性はみんなよそに取られてしまった」
    ・「すでに女性取締役を1人入れたから、それでおしまい。次は別の誰かの番だ」
    ・「現時点で空席はない。空きがあれば女性の登用も考える」
    ・「取締役への道は組織の一番下から始まる。この分野には管理職の女性が少ないだけだ」
    ・「女性を登用したいと思っても私の一存ではできない」

    いずれも、調査チームがFTSE350を構成する企業の最高経営責任者(CEO)や取締役から聴取したものだ。
    企業責任に取り組む慈善団体、ビジネス・イン・ザ・コミュニティーのアマンダ・マッキンゼーCEOは、「この言い訳を読むと、今が2018年ではなく1918年のように思える」と話した。
    「コメディーの脚本のように思えるが、これが真実。今こそこれを一気になんとかできるはずだ」

    「進歩を妨げるもの」

    FTSE350を構成する企業で男性だけの取締役会を持っているのは、2011年の152社から2017年の10社に減少した。
    しかし、この調査を主導した英金融界の実力者、サー・フィリップ・ハンプトンは、2020年の目標にたどり着くにはなお長い道のりがあると指摘する。
    「数年前まで、我々はこうした言い訳を日常的に聞いていたが、幸い今ではめっきり少なくなった」
    「しかし、温かい応援の言葉を口にしながら、実際に女性を要職に就けるための努力はほとんどしていないか、静かに進歩を妨げているような上司は、良くないという意味で以前と大差ない」

    アンドリュー・グリフィス・ビジネス・エネルギー・産業戦略政務次官は、このような「とんでもない」言い訳は、企業がさらに努力する必要があることを示していると話した。
    「女性を要職から遠ざけるためにこれほど情けない、人を見下した言い訳が通用するなどと考えている企業があるのは、ショッキングだ」
    「英国で最も成功している企業は、多様性のために戦う企業だ」
    今回の調査で明らかになった最新の女性取締役の人数は6月27日に発表される。 

    【【女性差別】なぜ女性を取締役にしない??、最も多い言い訳トップ10www】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ