まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 政治

    america_daitouryousen_man

    1: 2018/06/12(火) 15:43:49.48 ID:CAP_USER9


    聯合ニュース

    [速報]合意文書「正恩氏、朝鮮半島の完全非核化を約束」=AFP

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000082-yonh-kr

    【アメリカ北朝鮮、合意文書「正恩氏、朝鮮半島の完全非核化を約束」⇐これwwww】の続きを読む

    america_daitouryousen_man

    1: 2018/06/12(火) 15:03:39.28 ID:CAP_USER9
    アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と史上初の米朝首脳会談の成果として、合意文書に署名しました。

    署名の場で、トランプ大統領は「重要で包括的な文書だ。偉大な関係だ。署名ができて光栄だ」と述べました。そして、「内容はとても印象的なものだ。関係者に感謝する」と述べました。

    これに対し、キム委員長は「歴史的なこの出会いで過ぎ去った過去を覆い、新たな出発を知らせる歴史的な文書に署名する。世の中は重大な変化を見ることになる。きょうのために努力してくれたトランプ大統領に感謝する」と述べました。

    トランプ大統領は、会談の内容や署名した文書について、このあと記者会見して、合意の中身について明らかにするとしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180612/k10011474471000.html?utm_int=all_contents_just-in_001 

    【【速報】米朝首脳が合意文書に署名.... 金正恩のご様子が!?】の続きを読む

    image

    1: 2018/06/11(月) 16:52:45.94 ID:aUg/mDURM
    ロシア“北方領土とサハリン結ぶ光ファイバー工事” 政府が抗議

    菅官房長官は午前の記者会見で、ロシアが北方領土とサハリンを結ぶ光ファイバー回線の敷設工事を近く開始するという情報を政府として把握し、
    「北方領土は日本固有の領土だというわが国の立場と相いれない」として、ロシア側に抗議したことを明らかにしました。
    外務省によりますと、ロシアが北方領土の3つの島とサハリンを結ぶ光ファイバー回線の海底での敷設工事を近く開始し、事業者には中国企業が選定されているという情報を今月上旬までに把握したということです。

    これに関連して、菅官房長官は午前の記者会見で「北方四島でロシアが法的根拠のない占領のもと、このような事業を進めることは、北方領土は日本固有の領土だというわが国の立場と相いれず、極めて遺憾だ」と述べました。
    そのうえで菅官房長官は「今月7日に、外交ルートを通じてロシア側および中国側に対し、わが国の立場についてしかるべく申し入れを行い、抗議した」と述べました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180611/k10011472421000.html

    【【悲報】北方領土、返還が絶望的になってしまう..... 】の続きを読む

    america_daitouryousen_man

    1: 2018/06/02(土) 15:38:55.66 ID:CAP_USER9
    【ワシントン時事】トランプ米大統領は1日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と当初の予定通り12日にシンガポールで会談すると明言した。ホワイトハウスを訪れた金英哲党副委員長から正恩氏の親書を受け取った後、記者団に語った。史上初の米朝首脳会談は、トランプ氏がいったん中止を通告するなど曲折を経て、開催される運びとなったが、「完全な非核化」の方式や体制保証で、双方が歩み寄れるかはなお不透明だ。

    トランプ氏は「会談は非常に成功するプロセスになるだろう」と述べる一方で、「12日の会合は始まりだ」と指摘。非核化の実現に長期間を要する可能性を示唆した。トランプ氏は、正恩氏の親書について「非常に素晴らしい書簡だ」と評価した。


    一方、トランプ氏は、北朝鮮への現在の水準の圧力を維持するとした上で、「(米朝関係が)うまくいっているので、最大限の圧力という言葉はもう使いたくない」と述べた。さらに、米朝交渉が頓挫しない限り、新たな制裁を科すことはないと語った。会談に向けて北朝鮮への配慮を見せた形だ。

    また、トランプ氏は、非核化受け入れ後の北朝鮮への経済支援について、近隣の日本や韓国、中国が支援するだろうと述べ、「米国が支出する必要はない」との認識を示した。

    http://www.jiji.com/sp/article?k=2018060200137 

    【トランプ大統領「もし北朝鮮が非核化を受け入れた場合、日本などが経済支援を行うだろう。米国が支出する必要はない」 】の続きを読む

    image

    1: 2018/05/25(金) 14:20:58.76 ID:CAP_USER9
    米朝首脳会談を中止、トランプ大統領が通告 「最大限の圧力継続」

    [ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は、来月12日にシンガポール
    で開催される予定だった米朝首脳会談を中止すると北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に
    通告した。ホワイトハウスが24日、トランプ大統領がに金氏に宛てた書簡を公表した。

    トランプ大統領は書簡で「会合できることをとても楽しみにしていた」とした上で、
    「残念ながら、最近の言動で示された激しい怒りやあわらな敵意を踏まえ、現段階で念願
    の会談を開催することは適切ではないと感じた」と述べ、「会談は開催されない」と言明
    した。

    トランプ氏は「好機を逸した」としつつも、将来金氏と会合することを望んでいるとした。

    また、北朝鮮の核開発に対しては「米国の核能力は著しく大規模で強力で、決して使う
    必要がないことを神に祈っている」とけん制した。

    この発表に先立ち、北朝鮮は米朝首脳会談の開催を再考する可能性があり、必要であれば
    核による対決も辞さないと警告していた。また北朝鮮はこの日、豊渓里にある核実験場の
    坑道や施設を爆破し、非核化に向けた前向きな姿勢を示していた。

    トランプ大統領はホワイトハウスで声明を発表し、対話にはなお前向きだと表明。一方で
    マティス国防長官と会談したことも明かし、北朝鮮が「無謀な行動」に出ないよう警告
    するとともに、必要ならば米軍展開の準備ができていると述べた。

    また、北朝鮮によって「われわれが不幸な状況に追いやられた場合」には、韓国と日本が
    多くの財政的負担を肩代わりする用意があると述べた。

    首脳会談中止が戦争のリスクを増大させるかとの質問には、「成り行きを見守る」と説明。
    北朝鮮に核兵器を断念させるため、米国が「最大限の圧力」を継続する方針を示した。
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、首脳会談中止を受けてもトランプ大統領と
    金委員長が直接対話を行うべきだと呼び掛け。聯合ニュースによると、安全保障当局者と
    の緊急会合で「朝鮮半島の非核化と恒久平和の実現は断念したり遅らせたりすることが
    できない歴史的任務だ」と述べた。
    https://jp.reuters.com/article/us-nkorea-cancel-idJPKCN1IP2AP

    【トランプ、北朝鮮によって「われわれが不幸な状況に追いやられた場合」には、韓国と日本が多くの財政的負担を肩代わりする用意がある】の続きを読む

    hata_kokki_flag_japan

    1: 2018/05/24(木) 08:26:55.19 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180524/k10011450201000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016 
    ロシア大統領府の高官は、北方領土は第2次世界大戦の結果、ロシア領となったという立場を改めて強調し、今月26日に行われる日ロ首脳会談を前に日本側をけん制しました。

    ロシア大統領府で国際問題を担当しているウシャコフ補佐官は23日、ロシアメディアに対して、26日にモスクワで行われる安倍総理大臣とプーチン大統領との首脳会談について、平和条約の締結をめぐって意見が交わされるという見通しを示しました。

    そのうえで「将来的な平和条約の文書は、戦後の現実に基づくべきだ。文書には第2次世界大戦の結果、島々はロシアに法的に移されたことを日本がきちんと認めているということが明記されるべきだ」と述べました。

    これは、北方領土は第2次世界大戦の結果、ロシア領となったというロシアの立場を改めて強調したもので、経済協力や島での共同経済活動を進めることなどで、平和条約締結の交渉を進展させたい日本側をけん制しました。

    またウシャコフ補佐官は「平和条約の締結には、協力と信頼という雰囲気が必要だ」とも述べ、両国の間には経済協力や安全保障をめぐる対話など、さらなる信頼醸成が不可欠だという認識を示しました。

    【ロシア高官が日本けん制 「(北方領土)島はロシアのもの!!」 】の続きを読む

    image

    1: 2018/05/16(水) 12:36:58.46 ID:CAP_USER9
    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日午前、キム・ケグァン第1外務次官の談話を伝え、この中でトランプ政権に対し、「われわれに一方的に核の放棄だけを強要しようとするならば、米朝首脳会談に応じるかどうかを再考せざるをえない」として、史上初の米朝首脳会談を取りやめる可能性を示唆し、アメリカ側の出方を強くけん制しました。



    これに先立って、16日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、韓国軍とアメリカ軍が今月11日から25日までの日程で、戦闘機などおよそ100機を投入して行っている定例の共同訓練「マックス・サンダー」を非難する記事を掲載しました。この中では、今回の訓練に核兵器の搭載が可能な、アメリカ軍のB52戦略爆撃機などが参加しているとしたうえで、先月の南北首脳会談で署名された共同宣言に触れ、「宣言に対する露骨な挑戦であり、よい方向へと発展する朝鮮半島情勢の流れに逆行する意図的な軍事的挑発だ」と強く反発しています。

    そして、共同宣言の履行について話し合うため16日に予定されていた南北の閣僚級会談を中止すると表明し、すべての責任は韓国側にあると主張しました。

    北朝鮮の非核化を巡って、アメリカが「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を求めているのに対し、北朝鮮は、体制の保証と軍事的脅威の解消を前提として、段階的に非核化プロセスを進める立場を主張しており、米朝首脳会談に向けた駆け引きの一環だとみられます。

    韓国は「共同宣言にあわず残念」

    北朝鮮が16日に予定されていた韓国との閣僚級会談を中止すると表明したことについて、韓国統一省のペク・テヒョン(白泰鉉)報道官は定例記者会見で声明を発表し、「北が会談の日時を知らせてきた直後に、米韓の定例の共同訓練を理由に一方的に延期したことは、先月、南北の首脳が合意した共同宣言の精神と趣旨に合わず残念だ」として、遺憾の意を示しました。

    そのうえで、「北が朝鮮半島の平和と繁栄のために、速やかに会談に応じるよう求める。北が提起している問題を議論するためにも、南北対話が持続しなければならない」と強調しました。

    また、ペク報道官は、韓国政府として16日中に北朝鮮側に対し、改めて閣僚級協議の開催を提案する考えを明らかにしました。

    一方、韓国国防省は16日午前、「訓練を計画どおりに行うことに、米韓の間に意見の相違はない。訓練はパイロットの技量の向上を目的としたものだ」とする声明を発表しました。

    そのうえで、今回の訓練に初めて投入されたアメリカ軍のステルス戦闘機F22について、別の共同訓練には以前にも参加したことがあるとして、特別なことではないと強調しました。

    共同訓練「マックス・サンダー」

    北朝鮮が反発している米韓の空軍を中心とした定例の共同訓練「マックス・サンダー」は、両軍の連携強化などを目的として2009年に始まったもので、ソウル近郊のオサン(烏山)や、韓国南西部のクンサン(群山)にある空軍基地を拠点に、戦闘機などが2つのチームに分かれ、仮想のシナリオに基づいて空中戦や爆撃の訓練を行っています。

    今回は、今月11日から25日までの15日間の日程で実施されていて、初めて投入されたアメリカ軍のステルス戦闘機F22、8機を含む、米韓両軍の戦闘機や攻撃機などおよそ100機が参加しています。

    韓国メディアは、今回の訓練に、核兵器の搭載が可能なアメリカ軍のB52戦略爆撃機も加わる予定だと伝えていましたが、韓国軍の関係者によりますと、「予定はあったものの、参加していない」ということです。

    この訓練は例年、米韓合同軍事演習に合わせて行われますが、ことしは時期をずらして、演習が今月4日に終了したあとに実施されていて、韓国国内では、先月の南北首脳会談や、来月開かれる史上初の米朝首脳会談に配慮して日程が調整されたという見方が出ています。 
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180516/k10011440191000.html 

    【北朝鮮「我々だけ一方的に核の放棄を要求されるのは認められない!! さもなくば...」】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ