まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 小ネタ

    1: 2018/07/11(水) 14:30:16.32 ID:CAP_USER9
    オーストラリアで8年に及ぶ捕獲作戦の末、体重600キロのワニが捕まった。
    AFP通信が、当局の発表をもとに報じた。体長4.7メートルのワニが初めて目撃されたのは2010年。

    スプートニク日本

    当局は、推定年齢60歳のワニを数年間にわたって捕まえようとしていた。

    ワニは、ワニ農場に運ばれ、地元住民から隔離されている。
    ノーザン・テリトリーでの捕獲作戦の責任者、原生自然環境局のトレーシー・ダウディッヒ氏が伝えた。

    また同じく原生自然環境局のジョン・バーク氏はオーストラリア放送協会(ABC)に
    「我々はこの間、数多くの方法を試してきたが、捕まえるのは非常に難しかった」と語った。

    オーストラリアでは1970年代にワニの保護プログラムが承認された後、その個体数が急激に増加した。

    だが昨年、高齢の女性がワニに襲われて死亡する事件が発生し、ワニの個体数の増加を抑える訴えが再び起こった。

    https://pbs.twimg.com/card_img/1016595954651271168/quM-Ixdb?format=jpg&name=600x314
    https://pbs.twimg.com/card_img/1016233567574200321/_bMV-Orm?format=jpg&name=600x314
    https://twitter.com/rfitz18/status/1016208241770893312


    https://sptnkne.ws/hZy8

    【【驚愕】8年に及ぶ捕獲作戦の末、600キロのワニを捕まえるwww 】の続きを読む

    1: 2018/04/04(水) 13:48:33.75 ID:MkjMnR+t0 BE:844481327-PLT(12345)
    沖縄ファミリーマート(那覇市、野﨑真人社長)がコンビニ店内で焼きたてのピザを販売し、人気を集めている。 250℃で予熱した専用オーブンで、注文を受けてから約1分半で焼き上げるピザは、外はサクッと中はもっちりだ。
    昨年10月スタート、2月末までに10店舗で提供。 今後はリニューアルを含めた新店舗での導入を進め、18年度で30~40店舗まで広げる見通しだ。

    同社商品部デリカ・食品課課長代理の稲福直哉さんは「フライドチキンとファミカフェにつぐ、沖縄から全国に発展するサービスにしたい」と意気込む。

    沖縄ファミリーマートは、フライドチキンと挽きたてコーヒーのファミカフェを県内でヒットさせて、全国展開へと成長させた「実績」がある。 専門店でしか味わえなかった本格的な商品を、低料金で気軽に1本・1杯から購入できる仕組みが購買者の心をつかんだ。 稲福さんは「新しい商品、新しい販売方法に挑戦を続ける沖縄ファミマの精神がヒットを生んだ」と振り返る。

    実は焼きたてピザは昨年、東京の一部店舗でお試し販売したが、反応はいまいちだった。 プロジェクトの継続は困難にみえたがファミリーマート本部は、チキンやコロッケなどファストフード(FF)の売り上げが高く、フライドチキンで実績のある沖縄ファミリーマートに期待を寄せて相談した。

    焼きたてピザのブームを生み出せるか―。
    沖縄ファミリーマートは、好調なFF売り上げやアメリカの影響でピザが身近にある沖縄の食文化を検討し、商品化への挑戦を決めた。
    ただ、稲福さんはそれだけじゃないと笑う。「何よりも、いつでも焼きたてのピザが食べられるコンビニっておもしろいでしょう。コンビニには驚きが必要なんです」

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/216083
    no title

    no title

    http://oki.ismcdn.jp/mwimgs/1/d/350/img_1d5928810b73cf5f22130f65f72af29e78678.jpg

    【【鬼畜】ファミマさん、今度は定員にピザを焼かすことを決定wwwwww】の続きを読む

    1: 2018/04/02(月) 14:17:26.83 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-02002701-ehime-l38

    太陽光の当たり具合によって月面に特定のアルファベットの文字が現れる現象で、天文愛好家グループ
    「えひめ星空キャラバン隊」のメンバーらが3月24日、従来知られている「X」や「V」と共に「L」が並んでいるのを
    写真で捉えた。竹尾昌隊長(70)=愛媛県松山市北斎院町=は「『月面L』が話題になっているのは
    見聞きしたことがない。X、Vと一列に並んでいる写真は珍しい」と話している。
     
    クレーターの縁などに太陽光が斜めから当たり、文字のように浮かび上がって見えるもので、
    半世紀余り前にAが確認され、この10年ほどでXが、さらに近年はVが天文ファンの間で知られるようになった。
     
    月面の明るい部分と暗い部分の境目付近にXとVを確認できる機会は、国内で年数回。3月24日午後、
    同隊などがエミフルMASAKI(松前町筒井)で観測会を開き、家族連れが参加した。同日夜、隊のメンバーらが
    撮影データを確認したところ、V、Xの下にLがあるのに気づいた。Lは他のピークより少し遅れて現れるため、
    認識されにくかったとみられる。
     
    国立天文台(東京)の山岡均・天文情報センター広報室長(松山市出身)は「新しい楽しみ方を見つけて
    話題が広がることは、天文に注目してもらうきっかけとなる」と歓迎している。
     
    5月22日にもこの3文字が見えるチャンスがあり、キャラバン隊は県内での観測会を計画中。
    竹尾隊長は「家庭でも天体望遠鏡があれば、午後5時ごろから8時ごろにかけて観測できる。
    太陽がある間は少し見えにくいが、眺めてほしい」と呼び掛けている。

    月面に「V」、「X」と共に現れた「L」=3月24日午後7時半時ごろ
    no title

    【【宇宙からのメッセージ!?】月面に「L」の文字があるのを確認。「X」「V」の文字と縦一列に!!!】の続きを読む

    1: 2018/04/02(月) 12:33:28.61 ID:CAP_USER9
    no title

    解体される予定だった校舎を活用してアニメなどのフィギュアを展示する施設が、鳥取県倉吉市に完成しました。
    内覧会では、石破茂衆議院議員ら来賓がコスプレで登場しました。

    「人生、いろんなことがありまして」(自民党・石破茂 元幹事長)

    衝撃の姿を披露したのは、自民党の石破茂元幹事長。ドラゴンボールに登場する「魔人ブウ」のコスプレです。

    1日は鳥取県知事や倉吉市長などもコスプレ姿で集まり、テープカットでフィギュアミュージアムの完成を祝いました。

    「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」は、解体される予定だった小学校の円形校舎を活用して作られ、 アニメのキャラクターや恐竜などのフィギュアあわせて2000点を展示します。

    「新しいポップカルチャーの拠点が出来るということは、非常に大きな意義がある」(倉吉市・石田耕太郎市長) 施設は今月7日にオープンします。

    コスプレ画像、動画はこちらで
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3331811.html

    【【衝撃過ぎる画像】石破茂自民党元幹事長が「魔人ブウ」のコスプレを披露........ヒェ!!  】の続きを読む

    image

    1: 2018/03/19(月) 00:03:43.79 ID:CAP_USER9
    17日放送の「世界ふしぎ大冒険!」(TBS系)でタレント・竹内海南江(かなえ)が、ミステリーハンター(取材リポーター)を30年以上務める同局の「世界ふしぎ発見!」へ愚痴をこぼした。

    番組では、TBSが60年間で取材した貴重映像から、厳選したものを一挙紹介。その中で、2007年に放送した「ふしぎ発見!」で、南アメリカ大陸北部のギアナ高地に存在する滝「エンジェルフォール」の真下を竹内がリポートするVTRが放送された。

    VTR後、竹内は当時の仕事の舞台裏を明かした。「エンジェルフォール」は観光地ではなく、ちゃんとした徒歩のルートもなかったため、目的地まで「どこをどう歩いていったらいいか分からない」ような状態だったという。しかし、ヘリが迎えに来る時間は決まっているため、「私、何やってんだろ…」と首をかしげながら何とかロケを完遂したとのこと。

    竹内は続いて、「『ふしぎ発見!』ってすごい苦労してても、全部(編集で)切っちゃうんですよ!」「1週間かけて行ったところ、(VTRでは)30秒で終わってる」「あの滝のところも50mもないんですけど、片道2時間半以上かかる」などと、「ふしぎ発見!」のロケ事情を明かしていた。

    ゲストの南海キャンディーズ・山里亮太が「むちゃくちゃ愚痴るじゃないですか!」とツッコミを入れると、竹内は「そうでしょ!」と声を上げていた。

    竹内は「ふしぎ発見!」のミステリーハンターとして、1987年22歳でデビュー。30年以上経った53歳の現在も世界を飛び回り続けている。 
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14450218/

    【<世界ふしぎ発見!>ミステリーハンターの竹内海南江が愚痴連発wwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/18(日) 10:58:45.53 ID:CAP_USER9
    https://news.walkerplus.com/article/140856/ 

    日本テレビ系では、マツコ・デラックスがさまざまな“時代”を振り返っていくバラエティー「仲村トオルが地井武男にワッパを掛けられた時代…とマツコ」を、3月19日(月)に放送する。

    「あるモノ」が最もあやしい輝きを放っていた時代について、マツコ・デラックスがディープに掘り下げる同番組。今回のテーマは「不良が最も輝いていた時代」。ファッション、音楽、グッズなど、独自のカルチャーで一時代を席巻した“ヤンキー”たちの輝きを、専門家たちと語り合っていく。

    「ファッションに見るヤンキー時代の輝き」のコーナーでは、学校指定の制服に独自の改造を施す「変形制服」の歴史や、ヤンキー社会におけるヒエラルキーを紹介。セットの後ろには、実際の「変形制服」や「変形制服カタログ」、さらには当時のヤンキーの必須アイテムだった「裏ボタン」「財布」などが並び、マツコや土田晃之がそれらをいじっていく。

    また、ヤンキーたちの憧れだった原付バイク「クレージュタクト」が登場。現在でもネットオークションにおいて高値で取り引きされるなど、根強い人気を誇るバイクの貴重な“改造なし車両”に、当時を知るマツコも思わずまたがってみる。

    さらに、スタジオには当時の“ヤンキー部屋”を再現。天板にニューヨークの夜景が描かれたジグソーパズルやミニコンポ、鉄アレイなどが並ぶ中、マツコは「うちのタマグッズ」「新撰組ののれん」「天板がガラスのテーブル」「つくば万博のステッカー」などに食いつき、「うちにもあった!」と大興奮!

    そして、「アイドルに見るヤンキーの輝き」のコーナーでは、山口百恵、中森明菜、工藤静香といったヤンキーがあこがれたアイドルたちを紹介。アイドルにも一家言を持つマツコは、あるアイドルが当時の女性に与えた影響などを熱弁する。

    また、ヤンキーに愛された雑誌「ティーンズロード」から、「会いにいけるヤンキーアイドル」をピックアップ。当時発売されたVHSビデオから、猛風の中ヤンキーアイドルが自己紹介する様子や、ドッジボールで戦う貴重な映像が流れると、一同は思わず爆笑! 最後には、今回のテーマにふさわしいスペシャルゲストが登場。マツコとの掛け合いにも注目だ。

    https://news.walkerplus.com/article/140856/790410_615.jpg
    no title

    https://news.walkerplus.com/article/140856/790412_615.jpg
    https://news.walkerplus.com/article/140856/790413_615.jpg

    【【ビーバップ】マツコが語る、不良が最も輝いてた時代とは?】の続きを読む

    otaku

    1: 2018/03/18(日) 10:27:30.49 ID:CAP_USER9
    ◆子供をオタクにしないためには「一緒にゲーム」「たくさんアニメを観せれば自然に卒業する」 闇雲に禁止するとかえって逆効果

    世間には、2種類の人間がいる。オタクか、そうでないかだ。

    オタクは、本人たちがいくら「我々は高尚」だとか何とか言ったところで、所詮は陰陽で言うところの陰。 日陰者の比率がかなり多い。これは、オタクの僕が見てきた、オタクとそれ以外とでどちらに日陰者が多いかを判別した結果の知見である。

    オタクは1人で漫画やアニメや特撮を観て満足し、その様子を見た非オタクの人々はみな、「何か気持ち悪い」と感じる。 これはごく自然な現象なのだ。僕らオタクがその風潮に抗ってもどうにもならない。

    ■オタクを生み出すのは「子供の頃の満たされなかった気持ち」
    先日「2ちゃんねる」に「子供をオタクにしない育て方」というスレッドが立った。 このスレッドを立てた人物は意外に賢い。 オタクか、趣味が一つもない中高年しかいないような匿名掲示板で、あえてオタクにしない方法を聞けば、非オタクの連中がいくら頭を使っても見出せない答えをいくつも発掘できるからだ。

    事実、書き込みの中には実に様々な視点でのアドバイスが目立っている。
    いくつか引用して紹介したい。

    「ゲームを一緒にやってあげる」「抑えつけると反動が大きいから小さい頃に沢山アニメ見せてあげると自然と卒業する」「誕生日、クリスマスなどのイベントというイベントにフィギュアをあげる」

    従来よく見られた「アニメを見せない」とか「スポーツをさせる」みたいな声もあるにはあるが、それよりもこのような意見の多さが目に留まる。 そうなのだ。何故オタクが生まれてしまうのか思索を巡らすと、根底には子供の頃の渇望があるのだ。

    はっきり言って、子供の見たいもの、触りたいオモチャに親が制限さえかけなければ、子供は与えられた時点で存分に堪能し、満足し、興味は次のフェーズへ移るのである。つまり、子供のうちから多少の毒も食わせておくことで、結果的に重篤な中毒状態に陥るリスクを減らせると僕は考えている。

    ■「子どもの欲しいものを買ってやれる稼ぎ」と「心の余裕」でオタクは回避可能
    ところで、僕は大変な特撮・ゲームオタクである。
    先日も仮面ライダーの怪人の人形を買って、色を塗り替えて遊んでいた。今に至るまでも、そしてこれからもこのような日々は変わることはないと思うが、そもそもどうしてオタクになったのかを考えると、やはり根底には抑圧があったように感じる。

    別に家族に「オタクになるな」とは言われなかったが、貧乏だったので特撮グッズはほとんど買ってもらえなかった。その上ビデオデッキもなかったので、「ウルトラマンが観たい」と思っても怪獣図鑑を眺めて妄想するしかなかったし、ゲーム機も買ってもらえなかった。

    強烈に覚えているのが中学に入ったばかりの頃だ。みんながプレイステーションを手にして「FF7面白いなあ」とか言ってる頃、僕はスーパーファミコンで、とっくに全員レベル99になった「FF4」をひたすら遊ぶ日々だった。

    抑圧に次ぐ抑圧。ひたすら「持っている友達」と「持たざる自分」を比較し、辛酸を舐める日々。事情が事情だけに家族に文句を言うわけにも行かず、常に歯噛みをする少年時代だった。

    「オモチャが欲しい。特撮が観たい。ゲームで存分に遊びたい」という強い欲求が解消されず、興味だけが失せるなんてこと、僕の場合はありえなかった。
    初めてのアルバイトで僅かなお金を得て以来、今日この時まで、僕はひたすらオタクとして生きている。

    もし仮に、うちがそれなりに裕福で、子供の頃に「怪獣が欲しい」と言えばすぐに手にすることができていたなら、きっとここまでの熱の篭ったオタクにはなっていないはずだ。 自分の子供に普通に育って欲しいなら、すべきことはきっと多くない。せいぜい子供に欲しいものを買ってやれる程度の稼ぎと、子供の欲求を認めてやるだけの、少しの心の寛容さがあればいい。 
    https://news.careerconnection.jp/?p=51622 

    【【抑圧と解放】子供をオタクにしない育て方!!】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ