まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 生活

    image

    1: 2018/04/04(水) 10:10:54.40 ID:CAP_USER9
    4月2日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)の2時間スペシャル版で、僧侶の瀬戸内寂聴の日常生活が紹介された。
    女性秘書と瀬戸内が仲睦まじく生活している様子が好評だった反面、瀬戸内の華麗な生活を疑問視する意見も相次いでいる。

    秘書はスケジュール管理や自宅の掃除、食生活の管理まで幅広い分野で瀬戸内の生活をカバーしており、食事のシーンでは秘書が霜降り肉を焼く場面があった。
    瀬戸内は「(お肉)いっぱいあるんでしょ? どうしてケチケチするの?」と高価そうな肉をたくさん焼くように指示した。

    さらに、昼間から瀬戸内は「のどが乾いたらビール」と言い、ビールを飲み始めた。
    アルコール度数が低いビールをチェーサーに、度数の高い酒も口にしたほか、番組スタッフにもお裾分け。
    ロケはさながら飲み会と化していた。

    95歳の瀬戸内だが、テレビ撮影のときはつけまつげを付け、美顔ローラーを顔や頭に当てるなど“美意識”の高い様子も見せていた。

    ■僧侶らしからぬ生活ぶりに…

    ツイッターでは衣食住に制限を設けない瀬戸内の姿を見て《肉と酒を愛し、仏門にいる身とは思えないほど「生」を謳歌しているように見える》と、僧侶らしからぬ生活を好意的に捉える声もあった。
    だが一方で、贅沢な暮らしぶりには批判の投稿が多く寄せられた。

    《不倫の末に子供を捨て、出家したにも関わらず豪邸で高い酒や肉を食らい罪悪感を微塵も感じることないまま、偉そうに説教をする瀬戸内寂聴は真の勝ち組だと思う》
    《瀬戸内寂聴、お坊さんなのに肉食べてるし酒めっちゃ飲むし書いてる小説はどエロい官能小説だし煩悩しかなくて草(笑える)》
    《うさんくさい。豪邸に住んで高い肉と高いワインを毎日愉しむ生活。清貧とは何なのか》
    《こんな道楽で遊んでる破戒僧の言葉がなんで有難いの?全く分からん。肉喰って酒呑んで何の精進なんだ?》

    ロケ中、酒をお裾分けされた番組の女性ディレクターは、思わず元彼氏に関する恋愛相談を口にし、瀬戸内に密着するという“本筋”から脱線する場面もあった。
    自らにも相手にも優しくし、リラックスさせるのが瀬戸内の魅力なのだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/47978 

    【【炎上】瀬戸内寂聴「昼に飲酒、高級肉バク食い」wwwwww】の続きを読む

    1: 2018/04/01(日) 16:46:29.67 ID:n3QlmSOO0 BE:416336462-PLT(12000)
    image

    研究者の意見によると、55歳以下の人の体内時計は9時から17時の労働時間に全く適応していない。このような不自然な労働時間は人間の心の健康への深刻な脅威となっている。 オックスフォード大学のポール・ケリー教授の次の発言を、英テレグラフ紙が掲載した。

    「肉体的、感情的、行動的な意味で影響を及ぼしているため、これは人体にとってあまりに有害だ。」

    研究グループは実験のため、学校での授業開始時刻を10時に移した。結果、進捗率に10%の伸びが見られた。研究者によると、55歳以下の人々の体内時計(概日リズム)は、9時から17時までの労働時間に全く適応しておらず、心の健康への深刻な脅威となっている。

    https://jp.sputniknews.com/science/201804014735125/

    【【ニートの勝利】学者「9時-17時の就業時間は拷問と同じ状態....」 】の続きを読む

    1: 2018/04/01(日) 11:17:15.43 ID:CAP_USER9
    INA99_saifuaketara1en_TP_V

    4月から、わたしたちの食卓になじみのある、さまざまな食品が値上がりする。

    サントリー、キリン、サッポロは、3月のアサヒビールの値上げに続いて、瓶ビールやたる詰めの業務用ビールの価格を、4月1日から引き上げる。 また、「おかめ納豆」は、27年ぶりに出荷価格が最大で20%上がる。一方、「明治ブルガリアヨーグルト」は、希望小売価格を10円下げて、容量を50グラム減らす。

    亀田製菓も、「ハッピーターン」、「ぽたぽた焼」など、6商品について、価格を据え置きながら容量を減らし、これらは実質的な値上げとなる。

    さらに、松屋でも「牛めし」並盛が30円値上げされるなど、一部のメニューで価格が変わる。

    あらためて整理すると、値上げとなるのは、業務用ビールにワイン、そして27年ぶりの値上げとなった納豆など、わたしたちの生活に関わるものばかり。 値上げの原因だが、大きく分けて、原材料費、人件費、そして物流費の上昇が挙げられる。 このうち、人件費と物流費については、「人手不足」が大きな影を落としている。

    商品をトラックで運ぶ際、運転手不足が物流コストを押し上げる。 そして、企業にとっては、人手不足がパート代やアルバイト代にも重くのしかかっている。 このダブルパンチに企業が耐えかねて、価格に転嫁されるという構図となっている。

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00388563.html 

    【【消費したら負けの時代】亀田製菓、松屋が攻勢にでるwwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/28(水) 10:57:32.18 ID:CAP_USER9
    https://abematimes.com/posts/3936343 

    「NHKは有料、民報は無料だが、全てのテレビはCSのように見たい人だけがチャンネルを買う方式にすればいいのではないか」。

    22日放送のAbemaTV『橋下徹の即リプ!』に、視聴者からそんな提案が寄せられた。
    これに対し橋下氏は「NHKはお金と人が民放とは桁違いだから、時間かけていいもの作っていける。僕の年になると良い番組が多いなと思うようになる。だけどそれは僕が思うだけであって、みんながそうではない。でも見る・見ないに関係なくみんなが受信料を出し合ってるから、僕は相当安い値段で見ることができていることになる。僕は個人が自立して、自分の責任でやってくのが原則だと思っているし、テレビも映画のように見たい人がそれなりのコストを払うべきだと思うけれど、そうなるとお金がない人が見られなくなってしまう。とても難しい問題だが、所得の低い人は一定の安い料金でNHKを見られる仕組みを用意して、そうでない人はPPVで払うという方法にするのが一番いいのではないか」と提言。

    するとゲストの女子大生社長・椎木里佳(20)が「そもそも一人暮らししている大学生で、テレビを買ったという子を見たことがない。みんなそれで全然大丈夫。Netflix、hulu、それこそAbemaTVもあるし(笑)。それで事足りる。だからテレビはほとんど観てないと思います。ニュースもTwitterのトレンドでニュースも見ている」とコメント。

    すると橋下氏は「(Twitterトレンドに)上がって来ない話は知らないってことだよね…。でも時代が変わったんだから、昔のやり方にしがみついててもしょうがないよね。ある程度は合わせていかないとね。Netflixもものすごい番組の量のだよね。お金もかかってるし。かなわないね」と話していた。(AbemaTV/『橋下徹の即リプ!』より)

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/9/79aa0_1585_46870ea9b441d3a046141dba1091470a.jpg
    no title

    【【イマドキの常識!?】女子大生社長・椎木里佳「一人暮らししている大学生で、テレビを買ったという子を見たことがない!!」 】の続きを読む

    1: 2018/03/27(火) 17:21:15.42 ID:CAP_USER9
    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険本社の休憩スペース。かつては喫煙室だった=東京都新宿区
    no title

    no title

    http://www.sankei.com/images/news/180327/lif1803270006-p3.jpg

    社員に禁煙を促すため、喫煙所を休憩スペースに変えて全面禁煙にしたり、採用条件にしたりする企業の取り組みが進んでいる。健康被害を防ぎ、仕事の効率化を促す狙いだ。発想を変え、たばこを吸わない人に有給休暇を与える企業もある。

    「効率的働き方に」
    東京都内の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険本社の一室。白を基調にした清潔感のある休憩スペースで、社員がくつろぐ。昨年まで喫煙室だった雰囲気はない。

    同社は昨年8月、全国の営業拠点を含めた全社を終日禁煙にした。「顧客の健康づくりへの貢献を目指す企業として、社員の健康は不可欠」と判断、禁煙治療費の一部を補助する。

    「喫煙室があれば吸ってしまう。いずれやめる気はあり、背中を押されたように感じた」

    社員の矢野允規さん(31)は、完全禁煙化を控えた昨年5月、10年間吸い続けたたばこをきっぱりとやめた。1日に10回以上、喫煙室に通う日もあった。気分転換はできたが、頻繁に通うと仕事の中断にもなる。「効率的な働き方ができ、帰宅時間が早くなった」

    場所・時間、不平等?
    コンビニ大手のローソンも昨年から、本社と地域の事業所を終日禁煙とした。ヤフーは、平成32年度中に全拠点で喫煙室をなくす予定だ。

    約1万社が回答した帝国データバンクの調査によると、換気をした喫煙所などがある「完全分煙」が56%で最多。「全面禁煙」は22%で、何らかの形で喫煙を制限している企業は92%に上った。

    喫煙者の割合も、50%近くだった半世紀前から大幅に低下し、29年は18%に。32年の東京五輪・パラリンピックを控え、受動喫煙防止の強化が強く叫ばれるが、職場での意見はさまざまだ。喫煙者が「分煙を徹底すれば迷惑にならない」と主張すれば、吸わない人は「吸う人だけに部屋と休憩時間があるのは不公平だ」と反論する。

    「スモ休」制度で 「たばこを吸いますか? 私たちは喫煙者を採用しておりません」。ホテルや旅館を運営する「星野リゾート」(長野県軽井沢町)は、禁煙を職員の採用条件とした。入社時にたばこを断つと約束できないと、選考に臨むことはできない。担当者は「社員をたばこの健康被害から守る責任がある。喫煙所のスペースがあるなら、顧客のために活用すべきだ」と話す。

    一方、吸わない社員を評価する“逆転の発想”も。ウェブマーケティング事業のピアラ(東京)は、昨年、喫煙しない社員に年6日間の有給を与える「スモ休」制度を始めた。

    「たばこを吸いに席を離れる人と、吸わない人では労働時間に差がある」。社長に寄せられた社員の意見がきっかけだった。自発的にたばこをやめる社員を増やす狙いだ。

    同社の榎冴絵さん(24)はこの制度を利用して年末年始の休暇を増やした。「たばこ休憩でリフレッシュする人をうらやましいと思ったことがあるが、これなら納得できる」と話した。
    http://www.sankei.com/life/print/180327/lif1803270006-c.html

    【たばこを吸わない人に有給休暇wwwww!?】の続きを読む

    chikan_hannin

    1: 2018/03/27(火) 12:59:47.02 ID:CAP_USER9
    ◆最近横行している「触らない痴漢」って何?元埼玉鉄道警察隊の隊長が告白

    3月23日に放送された『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京系)で「痴漢」が特集された。数々の痴漢行為を検挙してきた元埼玉鉄道警察隊隊長が出演し、痴漢が減らない理由や最新の痴漢の手口などを語った。

    現在、日本では痴漢がなかなか減っていないという。 その理由について元警察隊の澤登真珠枝氏は「今、電車は一人一人が『個室化』している。スマホを持っている方がほとんどで、その世界に入り込む。(スマホに没頭すると)隣に誰が座っているのかも分からない。前にどんな人が立っているのかも全く分からない」と説明。

    スマホの普及により、周囲への警戒心を持たない人が増え、痴漢に遭う女性がいたとしても周囲は気付かないと指摘した。次に澤登氏は、痴漢に遭いやすい女性の特徴を説明。

    「検挙した犯人から聞いた話だが、混雑しているところで、直近にいる女性なら誰でも(ターゲットにして)いい(らしい)」と犯人の心理を明かす。「これから入学シーズンを迎える」と口にし、入学したての女子高生が今後“ターゲット”にされると示唆した。

    「電車通学で不慣れな女子高生はその電車に乗り慣れない。あるいは痴漢に遭ってもどう対処したらいいか分からない。『抵抗しなさそう』と思われ、被害の対象になることが多い」と、その理由を明かした。 澤登氏は、最近横行している新しい痴漢の手口も説明した。

    「女性のそばに行きたいという欲求を満たすために、ホームなどで好みの女性を物色し、女性の背後に付いて一緒に電車に乗る。またもとのところに戻って、また次のターゲットを見つけてその後に付いていく」と、新しい“痴漢魔像”を説明した。 直接女性の体に触るとすぐに捕まるため、好みの女性に近づいて電車に乗り込み、電車の揺れを利用して接触し、匂いをかぐ“触らない痴漢”が問題になっていると語った。 インターネットでは「高校入学する娘がいる親には知ってほしい」「触らない痴漢って捕まえるのは無理」「痴漢怖すぎ。電車に乗れないわ」などと、痴漢の恐ろしさを口にするユーザーの声が集まった。

    痴漢の取り締まりを強化するのは大切だが、痴漢は他の性犯罪と比べて、再犯率が非常に高い。 痴漢に手を染めた犯罪者が再犯しないような仕組みを作ることも大事だろう。 
    http://news.livedoor.com/article/detail/14483856/ 

    【【男性終了】「触らない痴漢」が横行wwwww】の続きを読む

    game_friends_sueoki

    1: 2018/03/26(月) 12:25:14.73 ID:/zTMt6NW0
    あと1つは?

    【三大、eスポーツが流行らない理由「とにかくかっこよさを感じない」「一般人が見てもよくわからない」 あと一つは???】の続きを読む

    image

    1: 2018/03/26(月) 11:56:01.47 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000026-mai-soci 

    テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所持者に、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかが争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(深見敏正裁判長)は26日、1審・さいたま地裁判決(2016年8月)を取り消し、「契約義務がある」としてNHK側の逆転勝訴を言い渡した。同高裁では別の裁判長らも22日に契約義務を認める判決を2件出している。

     同種訴訟は全国で5件あり、1審でNHKが敗訴したのはさいたまの1件のみだった。放送法は、テレビなどの放送受信設備を「設置」した者はNHKと受信契約を結ばなければいけないと規定しており、ワンセグ携帯の所持が「設置」に当たるかが争点だった。

     原告は埼玉県朝霞市議の男性。ワンセグ携帯のみ所持する場合は受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めてさいたま地裁に提訴した。同地裁は「放送法の言う『設置』は『携帯』を含むとのNHK側の主張は無理がある」と指摘し、NHK側の敗訴とした。

     22日に高裁判決があった2件はワンセグ携帯所持者が契約後に、契約の無効を主張したケースで、いずれも「『設置』は放送を受信できる状態に置くことを意味し、携帯所持も『設置』に当たる」として1、2審ともNHKの勝訴としていた。

     受信料制度そのものについては、最高裁大法廷が昨年12月に「国民の知る権利を充足させるために合理的な仕組みだ」として合憲との判断を示している。【伊藤直孝】

    【ワンセグ携帯、NHKが逆転勝訴「契約義務あり」wwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/24(土) 20:39:50.50 ID:CAP_USER9
     発達障害の一種で、対人関係を築くのが不得意な「自閉スペクトラム症(ASD=autism spectrum disorder)」について、発症の仕組みを脳科学的に解明する研究が進んできた。治療薬の開発などにつながると期待されている。(竹内芳朗)

     ASDは、一般には「自閉症」「アスペルガー症候群」などと呼ばれる症状の総称。人口50~100人に1人の割合に上り、日本では計100万人以上とみられる。男性が女性より数倍多い。全体として▽コミュニケーションが不得意▽普段と違う行動を嫌がるなど、こだわりが強い▽視覚や聴覚など五感が非常に敏感、あるいは鈍感――といった特徴がある。社会生活で苦労することが多い一方、特定の分野で優れた才能を発揮する場合もある。

     ASDは、脳機能の障害が主な原因と考えられ、15番染色体の遺伝情報に変異のある例が知られている。理化学研究所脳科学総合研究センターの内匠(たくみ)透シニア・チームリーダーらは、マウスの染色体にヒト同様の変異を生じさせたところ、鳴き声で母親と意思疎通するのが苦手であるなど、ASDに似た特徴が行動に表れた。

     そこで、脳の働きを詳しく調べた結果、脳幹にある「縫線核(ほうせんかく)」という部分の働きが低下し、ここで作られる神経伝達物質で、不安な気持ちを落ち着かせるなどの作用がある「セロトニン」の量が減っていた。このマウスの乳児期にセロトニンを投与すると、ASDに似た特徴が改善したという。成果は昨年6月、米科学誌「サイエンス・アドバンシズ」に発表された。

     また、ASDの人の遺伝子分析などから、発症に関与する可能性がある新たな変異も見つけ、昨年8月に論文を発表した。脳内で神経細胞のつなぎ目「シナプス」がうまく形成されなくなり、脳神経の情報伝達に支障が出るのではないかとみられている。

     内匠さんは「脳の様々な部位で遺伝子変異による機能障害が起き、ASDにつながる可能性がある。さらに詳しく調べたい」と言う。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00010000-yomidr-sctch
    no title

    【対人障害「自閉スペクトラム症」解明、対策が進む…】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ