まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 生活

    image

    1: 2018/04/13(金) 14:47:45.21 ID:htD0hpqa0● BE:299336179-PLT(13500)
    英国発のファッションブランド「Paul Smith(ポール・スミス)」の男性用財布は「何歳まで許せるか」をめぐり、インターネット上で議論となっている。発端は、Q&Aサイト「ヤフー知恵袋」で、「彼氏の財布がポールスミスでした。死にたい」と題された投稿だ。


    ポール・スミスは中高生ブランド?
    投稿者の女性(24)には、付き合って3週間の彼氏(27)がいるという。
    ある日の食事の会計で、彼がポール・スミスの財布を愛用していることがわかった。その時の心境を、 「凄くガッカリしました。 せっかく美味しいフォアグラのコースとシャンパンを堪能したのに興ざめです」 と振り返り、 「ポールスミスって中学生とか高校生が持つようなブランドですよね。さすがにいい歳した男が持つようなものじゃないです。正直、彼のセンスのダサさに引いてしまいました」 と持論を展開。最後は「別れた方がいいでしょうか?」と穏やかでない発言で締めくくった。 
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0412/jc_180412_1168920851.html

    【【中学性御用達ブランド!?】20代女性、彼氏の財布が「ポールスミス」で別れを決意wwwwww】の続きを読む

    densya_silverseat

    1: 2018/04/12(木) 15:39:19.92 ID:CAP_USER9
    JR東北線の車内で、仙台市の老人クラブ会員が、花見に向かう仲間のために座席に紙を置いて席取りをしていた問題で、タレントの小倉智昭氏(70)が「若い人が席を譲らないから、こういうことになっちゃうんじゃないの」と疑問を呈した。

    この発言に、ツイッターでは「そういうことじゃないだろ」「席を譲るのはその人の善意。老人の権利じゃない」と異論が噴出している。

    「マナーが悪すぎた」と反省
    席取りをしていたのは、仙台市老人クラブ連合会に所属する最年少の60代男性だ。2018年4月12日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)では、この男性に取材したインタビューを放映した。

    番組によると、男性は足腰の弱い80歳超の会員のために、「席をお譲り下さい」と書いた紙を16人分の座席に置いた。番組の取材に

    「批判されたこと自体は私の配慮不足だった。罰則がないことを確認していたものだから、ちょっと甘えてしまった。反省している。マナーが悪すぎた」
    とお詫び。同クラブ連合会の事務局長も「マナー違反、不適切な行為だと感じている。今後こういうことがないように指導した」と述べた。

    番組ではその後、スタジオの小倉氏が「老人クラブの皆さんも反省して謝罪の気持ちが強いようですが」とコメント。その上で、

    「そもそも、電車にお年寄りがいても、若い人が席を譲らないから、こういうことになっちゃうんじゃないの」
    と語気を強めた。

    若者が優先席で高齢者に座席を譲らないことが、今回の問題に結び付いている――。こうした小倉氏の見方に対し、ツイッターでは

    「あくまで席を譲るのはその人の善意。決して老人の権利じゃない」
    「とくダネの小倉さんが『そもそも若い人が席を譲らないのが悪い』って言ってたけどなぜ譲ることが前提なんだ?善意とか親切で席を譲るのは分かるんだけど...」
    「小倉が『若い人が席譲らないからいけない』という発言。そこ??マナーの問題では??」
    「そういうことじゃないだろ。そもそも譲るってのは譲る側の配慮なんだから強要するもんじゃないし、16名もいるならバスを手配するなりして、できないなら中止にすべきだろ」
    との反論が続出。ただ一方では「小倉がいった譲らない若者が多いとかという意見も大いにある」「若い人が年配の方に席を譲らない世の中だから、こうなっちゃうのかなあ」と小倉氏の意見に理解を示す向きもあった。

    以下ソース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14568375/

    【小倉智昭、「若い人が譲らないのが悪い!!」老人クラブの席取り問題に怒り!! 】の続きを読む

    police_tejou

    1: 2018/04/11(水) 13:34:01.75 ID:CAP_USER9
     車で自転車に接触して男子中学生(14)にけがをさせたにもかかわらず逃走したとして、大阪府警泉南署は11日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、大阪府泉南市の会社員の男(20)を逮捕した。「免許停止になるのが嫌だった。治療費を払うのも嫌だった」などと容疑を認めているという。

    << 下に続く >>

     逮捕容疑は10日午後7時50分ごろ、同市樽井の市道で乗用車を運転中、市内に住む男子中学生の自転車と衝突し、顔面に打撲などのけがをさせたのに、逃走したとしている。

     同署によると、中学生ははずみで飛ばされ、男は自転車を数十メートル引きずって逃走したが、約10分後に現場に戻り、駆けつけた同署員に容疑を認めたという。

    http://www.sankei.com/smp/west/news/180411/wst1804110037-s1.html

    【【大阪の日常】20歳男性、「免停が嫌、治療費払うのも嫌」と中学生をひき逃げ、数十メートル引きずる......】の続きを読む

    densya_silverseat

    1: 2018/04/10(火) 17:09:05.87 ID:fpkr9grzH
    そのみ@sonomin

    【これはひどい!!】

    大河原の一目千本桜に向かう
    東北本線の満員電車の中で、無理矢理指定席。

    #東北本線
    #一目千本桜
    #これはひどい
    #JRさんこれ許すんですか?
    https://i.imgur.com//9q6Fo8q.png

    【【悲報】老人クラブさん、満員電車に「花見に行くから席譲れ」と貼り紙し炎上wwwwww】の続きを読む

    image

    1: 2018/04/08(日) 22:05:42.78 ID:ffa0t7vJ0● BE:635899258-2BP(2000)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14543891/
    イタリアファッション界のアイコンであるデザイナーのドメニコ・ドルチェ(Domenico Dolce)とステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)は5日、彼らの名を冠する「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)」は、自分たちが死んだらブランドもそこで終焉を迎えると語った。

    「我々が死んだらそこで終わり。日本人デザイナーなどに『ドルチェ&ガッバーナ』の服をデザインしてもらいたくない」とイタリアの全国紙コリエレ・デラ・セラ(Corriere della Sera)のインタビューでステファノ・ガッバーナがコメントした。

    ベテランデザイナーの二人は1985年にブランドを立ち上げた。2004年にはカップルとしての関係は解消したものの、その後も共に仕事をしてきた。

    ■「他人に干渉できない絆が我々の間にはある」
    「別れた時に、すべてを分けたほうがいいと話し合った。私が事故などにあってしまったら、彼(ガッバーナ)は次の日からファッション業界の知識を持たない人間、例えば事業をダメにしてしまうかもしれない私のいとことか、と仕事をしなくてはいけなくなる」とガッバーナ。また、2人は「ブランドを買収するといういかなる対案も」拒絶してきたとドルチェは明かした。「世界中の富を手に入れたとしても、自由でなければ意味がない。墓に入るとき、棺桶にお金を詰め込んで行けるわけじゃないから」と続けた。

    数十年かけて一大ブランドを築き上げてきたガッバーナは、財産を使う「時間がない」のだと告白した。「仕事で手いっぱい。お金持ちになることに興味はない。私の目標は成功を収めること」

    既に恋人としての関係は終わっているが、いまだ特別な繋がりがあるのだと2人は言う。「今でも、私のものは彼のもの、彼のものは私のもの。私たちの新しいパートナーたちはいや応なしでも、そのことは知っている」とドルチェ。「若い時の愛は――私にとって は初めての経験、彼にとっては初めてのラブストーリー――それはピュアで完全無欠なのです」 

    【【Dolce & Gabbana】イタリア人デザイナー「日本人デザイナーなどに服をデザインしてもらいたくない」】の続きを読む

    image

    1: 2018/04/09(月) 13:09:08.21 ID:RRAiujtH0 BE:422186189-PLT(12015)
    3月29日、サントリーグループの自動販売機オペレーション大手・ジャパンビバレッジに対して、
    労働基準監督署が是正勧告を出したことが報道された。これは、同社に勤務する労働者が労働組合・
    ブラック企業ユニオンに加盟し、団体交渉と労働基準監督署への申告を行なったことによるものだ。

     このケースは単なる労働基準法違反が問題になっているわけではなく、特に注目したい事件だ。

    同社は自動販売機の補充などを行う労働者に対して「事業場外みなし労働時間制」という
    「定額働かせ放題」の制度を適用していたのである。「事業場外みなし」とは、外回りの営業などで、
    労働時間の把握が困難な場合に一定の時間働いたものと「みなす」制度だ。

    「働き方改革」法案の高度プロフェッショナル制度や裁量労働制が「定額働かせ放題」の制度として
    話題になっているが、「事業場外みなし」制は、これらと極めて類似した制度である。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20180403-00083500/

    【【祝!?】日本政府、「サントリー」をブラック企業に認定wwww 】の続きを読む

    1: 2018/04/05(木) 23:47:28.96 ID:QP2fkCPu0 BE:509143435-PLT(12000)
    シングルマザーの増加・厳しい平均年収
    離婚率の増加に比例して近年、シングルマザーが増えています。
    年代別に見ると、シングルマザーの数は2000年に約86万人だったのが、
    2010年には約108万人、2017年現在は120万人を超えています。
    no title

    出所:総務省統計局 2010年国勢調査産業等基本集計第29表 総務省統計研修所 2000年、2005年国勢調査特別に集計した結果

    平成23年に厚生労働省が実施した全国母子世帯等調査結果報告によると、
    シングルマザーの就労による平均年間収入は223万円。内訳は100~200万円未満の家庭が全体の64%とやはり厳しい経済状況がうかがえます。
    http://blogos.com/article/161653/

    【【シングルマザーが激増】結婚制度が崩壊してる件wwwww】の続きを読む

    image

    1: 2018/04/04(水) 10:10:54.40 ID:CAP_USER9
    4月2日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)の2時間スペシャル版で、僧侶の瀬戸内寂聴の日常生活が紹介された。
    女性秘書と瀬戸内が仲睦まじく生活している様子が好評だった反面、瀬戸内の華麗な生活を疑問視する意見も相次いでいる。

    秘書はスケジュール管理や自宅の掃除、食生活の管理まで幅広い分野で瀬戸内の生活をカバーしており、食事のシーンでは秘書が霜降り肉を焼く場面があった。
    瀬戸内は「(お肉)いっぱいあるんでしょ? どうしてケチケチするの?」と高価そうな肉をたくさん焼くように指示した。

    さらに、昼間から瀬戸内は「のどが乾いたらビール」と言い、ビールを飲み始めた。
    アルコール度数が低いビールをチェーサーに、度数の高い酒も口にしたほか、番組スタッフにもお裾分け。
    ロケはさながら飲み会と化していた。

    95歳の瀬戸内だが、テレビ撮影のときはつけまつげを付け、美顔ローラーを顔や頭に当てるなど“美意識”の高い様子も見せていた。

    ■僧侶らしからぬ生活ぶりに…

    ツイッターでは衣食住に制限を設けない瀬戸内の姿を見て《肉と酒を愛し、仏門にいる身とは思えないほど「生」を謳歌しているように見える》と、僧侶らしからぬ生活を好意的に捉える声もあった。
    だが一方で、贅沢な暮らしぶりには批判の投稿が多く寄せられた。

    《不倫の末に子供を捨て、出家したにも関わらず豪邸で高い酒や肉を食らい罪悪感を微塵も感じることないまま、偉そうに説教をする瀬戸内寂聴は真の勝ち組だと思う》
    《瀬戸内寂聴、お坊さんなのに肉食べてるし酒めっちゃ飲むし書いてる小説はどエロい官能小説だし煩悩しかなくて草(笑える)》
    《うさんくさい。豪邸に住んで高い肉と高いワインを毎日愉しむ生活。清貧とは何なのか》
    《こんな道楽で遊んでる破戒僧の言葉がなんで有難いの?全く分からん。肉喰って酒呑んで何の精進なんだ?》

    ロケ中、酒をお裾分けされた番組の女性ディレクターは、思わず元彼氏に関する恋愛相談を口にし、瀬戸内に密着するという“本筋”から脱線する場面もあった。
    自らにも相手にも優しくし、リラックスさせるのが瀬戸内の魅力なのだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/47978 

    【【炎上】瀬戸内寂聴「昼に飲酒、高級肉バク食い」wwwwww】の続きを読む

    1: 2018/04/01(日) 16:46:29.67 ID:n3QlmSOO0 BE:416336462-PLT(12000)
    image

    研究者の意見によると、55歳以下の人の体内時計は9時から17時の労働時間に全く適応していない。このような不自然な労働時間は人間の心の健康への深刻な脅威となっている。 オックスフォード大学のポール・ケリー教授の次の発言を、英テレグラフ紙が掲載した。

    「肉体的、感情的、行動的な意味で影響を及ぼしているため、これは人体にとってあまりに有害だ。」

    研究グループは実験のため、学校での授業開始時刻を10時に移した。結果、進捗率に10%の伸びが見られた。研究者によると、55歳以下の人々の体内時計(概日リズム)は、9時から17時までの労働時間に全く適応しておらず、心の健康への深刻な脅威となっている。

    https://jp.sputniknews.com/science/201804014735125/

    【【ニートの勝利】学者「9時-17時の就業時間は拷問と同じ状態....」 】の続きを読む

    1: 2018/04/01(日) 11:17:15.43 ID:CAP_USER9
    INA99_saifuaketara1en_TP_V

    4月から、わたしたちの食卓になじみのある、さまざまな食品が値上がりする。

    サントリー、キリン、サッポロは、3月のアサヒビールの値上げに続いて、瓶ビールやたる詰めの業務用ビールの価格を、4月1日から引き上げる。 また、「おかめ納豆」は、27年ぶりに出荷価格が最大で20%上がる。一方、「明治ブルガリアヨーグルト」は、希望小売価格を10円下げて、容量を50グラム減らす。

    亀田製菓も、「ハッピーターン」、「ぽたぽた焼」など、6商品について、価格を据え置きながら容量を減らし、これらは実質的な値上げとなる。

    さらに、松屋でも「牛めし」並盛が30円値上げされるなど、一部のメニューで価格が変わる。

    あらためて整理すると、値上げとなるのは、業務用ビールにワイン、そして27年ぶりの値上げとなった納豆など、わたしたちの生活に関わるものばかり。 値上げの原因だが、大きく分けて、原材料費、人件費、そして物流費の上昇が挙げられる。 このうち、人件費と物流費については、「人手不足」が大きな影を落としている。

    商品をトラックで運ぶ際、運転手不足が物流コストを押し上げる。 そして、企業にとっては、人手不足がパート代やアルバイト代にも重くのしかかっている。 このダブルパンチに企業が耐えかねて、価格に転嫁されるという構図となっている。

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00388563.html 

    【【消費したら負けの時代】亀田製菓、松屋が攻勢にでるwwwww】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ