まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 生活

    image

    1: 2018/08/03(金) 18:16:10.36 ID:CAP_USER9
    女性に対する社会の風潮 大下アナの鋭い指摘に、視聴者「よくいった!」
    https://grapee.jp/540396 

    東京医科大学の医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点が一律減点されていた問題。女子の合格者数を抑えていたとして、世間から非難の声が上がっています。

    特に批判の的になっているのは、女子の合格者数を抑えていた目的。

    東京医科大学の合格者数操作を報じた読売新聞は、「女性医師は結婚や出産などで離職率が高いため」という関係者の話を伝えています。

    2018年8月3日現在、東京医科大学側からの公式な説明はなく、1日も早い事実関係の確認と会見が待たれます。

    今回の騒動は各情報番組でも報じられ、8月2日放送の『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)でも、東京医科大学の疑惑を特集。

    番組中、テレビ朝日の大下容子アナウンサーは「いいたいことが、いっぱいある」とし、このように苦言を呈しました。

    「子どもを産まなきゃ産まないで『生産性が低い』といわれてね、産んだら産んだで『離職する可能性が男性より高くて困る』と差別され、女性はどうしたらいい?」

    ワイド!スクランブル ーより引用
    社会の矛盾を指摘した大下アナウンサーに、視聴者も共感。反響は大きく、さまざまな反応がネット上に寄せられています。

    ・社会のそうした風潮は、問題だと思います。

    ・子どもを産んだ後も、仕事は続けられます。ただ、環境が整っていないだけ。

    ・社会は、どうすれば満足するんだよ。

    ・その通り、よくぞいってくれた。

    女性が働き続けるには、いまの社会では難しいという現実が、徐々に浮き彫りになってきました。労働環境をはじめ、解決すべき問題は数多く残されています。

    しかし、そうした問題の解決を先延ばしにして、「子どもを産め」そして「働き続けろ」と求めるのは無理があります。

    東京医科大学の騒動がここまで大きくなっているのも、「女性だから、男性だから」といった問題以上に、大下アナウンサーが指摘した『矛盾』に、多くの人が気付いているからなのではないでしょうか。 

    【大下アナ「子どもを産まなきゃ産まないで生産性が低い、産んだら産んだで離職する可能性、女性はどうしたらいい?」に賛同の声ww 】の続きを読む

    image

    1: 2018/07/30(月) 08:33:55.62 ID:HtVXk4880
    今日も修学旅行で一人でディズニーランド歩いたころの夢見て最悪だった。。。。
    たまに過呼吸気味にもなる

    【【人生の勝ち組はいじめっ子?】中学生時代にいじめられてた頃の記憶が今でも夢に出てきて辛すぎるんやが。。。。。 】の続きを読む


    1: 2018/07/27(金)08:21:32 ID:YAQ
    https://togetter.com/li/1250554

    Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein 2018-07-26 02:04:56
    何を勘違いしたのか 履修学生で 人の苗字に様をつけてメールをよこしたものがあった 単位など出さないほうが本人のためではないかと思う こんな非礼が通ると勘違いしないよう きちんと教えてやるのが適切だろう

    【【??】東大准教授「学生が人の苗字に『様』をつけてメールをよこしてきた。非常識。」】の続きを読む

    1: 2018/07/25(水) 12:34:45.99 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000081-it_nlab-bus_all

    頼み方が「おい、生ビール」なら1000円……居酒屋の壁に貼られた貼り紙がTwitterで「素晴らしい」と注目を集めています。

    貼り紙は東京・神田の「大衆和牛酒場 コンロ家」というお店に貼られていたもの。「おい、生ビール」の他にも、
    「生一つ持ってきて」なら500円、「すいません、生一つください」なら380円(定価)と頼み方に応じて変わるビールの値段が書かれています。
    その下にはさらに「お客様は神様ではありません。また、当店のスタッフはお客様の奴隷ではありません」とも書かれています。

    Twitterユーザーの銀嶺さんが「これ好き」と投稿すると、「最高の店主」「店員を大事にしてる」「行ってみたい」と大きな反響が寄せられ、
    飲食関係者からは「うちでもやりたい」「このお店の気持ちが分かる」という声が上がりました。一部には「こういう店には行きたくない」
    といった否定的な意見や、こういった貼り紙をしなければならない現状を嘆く人も見られました。

    この貼り紙について、コンロ家を運営する頼富商會に聞いてみました。コンロ家は現在4店舗あり、貼り紙は飯田橋店、両国店、
    神田店の3店舗に貼られています。代々木店で貼るかは検討中とのことでした。

    発案したのは副社長の蒲池章一郎さん。以前にネットで話題になった「注文マナーによって値段が変わるフランスのカフェ」を、
    冗談を交えてオマージュしたものと語ってくれました。

    貼り紙を見たお客さんの反応について聞いてみると、「面白いね」とコメントしたり、写真を撮ったりする人が見られ、
    今のところ明らかに気分を害した、クレームが入ったなどの報告はないそうです。

    また実際に「おい、生ビール」で1000円を請求することはあったのかも聞きました。「夢を壊すようで恐縮ですが、請求した実績はありませんし、
    スタッフにも請求するような教育は行っておりません」と蒲池さん。

    「実際に『おい、生ビール』と言われたところで、特に生ビールの価格、質は何も変わりません。当社スタッフがいつもよりほんの少しだけ
    嫌な思いをするだけです。あくまでも当社のコンセプトの一つである『売れることより、面白いこと』を表現したジョークツールの一つです。
    今回話題となっております貼り紙などを『面白いね』と言ってくれるような方を、当社は大切にしていきたいと考えております」(蒲池さん)

    貼り紙はジョークでしたが、やはり「おい、生ビール」よりも「生一つください」で、お客さんも店員さんもお互いに気分良く過ごせるとよいですね。


    話題の貼り紙
    no title
     

    【【炎上!?】「おい、生ビール」⇒「1000円です」、「すいません、生1つ下さい」⇒「380円」お客様は神様ではありません!! 】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ