まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 映画

    1: 2018/02/01(木) 19:30:28.53 ID:CAP_USER9
    image

    日本の映画雑誌の老舗、「映画芸術」といえば毎年1回発表される「日本映画ベストテン&ワーストテン」で知られるが、 2017年からアニメ映画をその選考対象から外したことが話題になっていた。

    アニメ映画を除外した理由を18年1月31日発売の最新号で説明をしているが、
    「映画はカメラの前で人間が演じるもの」などの理由に納得できない人たちからネット上で激しい批判を浴びることになった。 

    こうした討議の内容を知った人たちは掲示板に、
    「アニメーションという技術で映画を作っているだけで、作品に芸術性があるかないかはまた別だろ」
    「実写もアニメもやっていることは変わらない。実写=筋書通りに俳優が演じる。アニメ=筋書通りにキャラクターを動かし、声優が演じる」  

    そしてこの討議では、「アニメは対象外です」とストレートに書いてしまったため「排除だ!」という批判が出ることになってしまった、との説明もされた。 
    https://www.j-cast.com/2018/02/01320217.html

    【老舗雑誌”映画芸術”、「(アニメ映画を対象外にしたのは)映画はカメラの前で人間が演じるもの」→大炎上wwwww 】の続きを読む

    image
    1: 2018/01/23(火) 14:37:47.44 ID:CAP_USER9
    2017年の“最低映画”を表彰する第38回ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の候補作が、アメリカ現地時間1月22日に発表された。

    最低作品賞、最低主演男優賞、最低助演男優賞、最低監督賞など8部門において最多9ノミネートとなったのはマイケル・ベイの「トランスフォーマー/最後の騎士王」。 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編「フィフティ・シェイズ・ダーカー」は、「トランスフォーマー/最後の騎士王」と同じく8部門でノミネートされている。  

    第38回ゴールデンラズベリー賞 ノミネーション
    最低作品賞
    「ベイウォッチ」
    「絵文字の国のジーン」
    「フィフティ・シェイズ・ダーカー」
    「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」
    「トランスフォーマー/最後の騎士王」 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000012-nataliee-movi 
    http://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2018/0123/transformers5_201801_fixw_640_hq.jpg

    【【映画】2017年の最低映画は? まさかの日本発の"アノ"映画】の続きを読む

    image
    1: 2018/01/05(金) 09:15:48.56 ID:cU2bVeOG0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    映画というものはたいてい2時間近くあって、どんなに面白い映画でも「1度見れば充分」というのが普通ですよね。ところが、中には「何度でも観たい!」と思える映画もあります。何度も観たいと思わせる何かがその映画には潜んでいるのでしょうか……? 今回はこの謎を解明すべく、社会人男女のみなさんに「飽きずに何回でも観てしまう映画は?」と聞いてみました。

    ■何度でも観たくなる映画を教えて下さい。
    1位/『となりのトトロ』……………28人
    2位/『天空の城ラピュタ』……… 18人
    3位/『千と千尋の神隠し』………15人
    4位/『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、『スター・ウォーズ』シリーズ……………12人
    5位/『耳をすませば』……………7人

    https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/33750

    【飽きずに何度でも観てしまう映画 】の続きを読む

    image
    1: 2018/01/04(木) 10:39:07.88 ID:CAP_USER9
    漫画原作の実写化がトレンドの日本映画界。2018年も数々の人気漫画が実写映画となって登場する。夏のお祭り映画となりそうな『銀魂パート2(仮)』をはじめ、『ちはやふる ‐結び‐』『BLEACH』など、話題作のそろった2018年の実写映画作品をチェック! 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00053352-crankinn-movi

    【2018年の漫画原作の実写化、何に期待? 】の続きを読む

    image
    1: 2018/01/04(木) 09:19:30.56 ID:khHNhwqp0● BE:659060378-2BP(8000)
    社会現象を巻き起こし、2016年に大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」(監督新海誠)が3日午後9時からテレビ朝日で地上波初放送され、平均視聴率は17・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。

    昨年3月4月に地上波初放送されたディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」は19・7%、昨年11月12日に地上波初放送された映画「シン・ゴジラ」は15・2%。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000075-spnannex-ent

    【「君の名は。」視聴率〇〇%.......】の続きを読む
               

    このページのトップヘ