まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 映画

    1: 2018/07/14(土) 14:23:18.10 ID:CAP_USER9
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/14/news027.html 

    漫画『BLEACH』などで知られる漫画家の久保帯人さんが7月14日、同作の実写映画化についてTwitterで直筆のコメントを発表しました。

    同作の実写化について、「佐藤監督が実写として原作のどこを使ってどこを削るのか見てみたい」「映画の話を頂いた時が丁度連載終盤のストーリーを固めている最中で、時間的に映画にガッツリ関わる余裕が無かった」との2つの理由から映画に大きく関わっていないとした久保さん。代わりに、「キャラクター同士の距離と関係性を原作から変えないこと」「キャラクターの感情と行動に齟齬をきたさないこと」という2つの要望を伝えていたことを明かしました。

    当初、完成品を見るまでは「気に入らなかったらコメント書かないよ」としていたそうですが、「結果として良いものに仕上げて頂いたと思います」と納得のいく仕上がりに。 映画としてまとまりやすくなるよう、伏線を張り替えるなど原作と異なる点はあるとのことですが、バトルシーンをうまく繋げ、ストーリーとうまく絡めたことによって、「スピードとスケール感のあるアクションは、日本映画として新しいレベルに到達しています」と称賛しつつ、「コメント書けてよかった。どんなものか、是非観に行って確かめて下さい」と呼びかけています。

    no title

    no title

    【漫画家・久保帯人、「BLEACH」実写映画化への思いを明かす「日本映画として新しいレベルに到達しています」 】の続きを読む

    image

    1: 2018/07/06(金) 11:33:24.44 ID:CAP_USER9
    アニメ「機動戦士ガンダム」が、ハリウッドで実写映画化されることが決定した。

    これはアメリカ・ロサンゼルスにて7月5日から8日まで開催中のイベント「Anime Expo 2018」にて発表されたもの。今回の実写映画はサンライズと、
    「パシフィック・リム」「GODZILLA ゴジラ」などを手がけてきたレジェンダリー・ピクチャーズとの共同制作となる。詳細は続報を待とう。

    「機動戦士ガンダム」は1979年に日本でテレビ放送が開始され、2019年で40周年を迎える。

    https://natalie.mu/comic/news/289948
    https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0706/sunraiz_fixw_750_lt.jpg 

    【【悲報】「ガンダム」ハリウッドで実写映画化......】の続きを読む

    image

    1: 2018/06/21(木) 08:21:22.77 ID:p9x07won0
    『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』興行的不振により、今後のスピンオフの計画が保留になったと報じられる!
    オビ=ワン・ケノービ映画を進めていたスタッフはもう企画に関わっていないとのこと。
    ボバ・フェット映画製作の報道も『ソロ』公開前の話だった #HIHOnews

    【【朗報】スターウォーズ、ハンソロが大爆死した事により今後のスピンオフが全て白紙になる 】の続きを読む

    1: 2018/05/30(水) 14:12:45.39 ID:CAP_USER9
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1022935/ 

    俳優の玉木宏(38)、木村佳乃(42)、満島真之介(28)らが28日、都内で行われた映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(7月13日公開)の記者会見に出席した。

    前作「ジュラシック・ワールド」(2015年)に続き、玉木と木村は今作でも日本語吹き替え版の声優を務める。3年ぶりに主人公・オーウェンを演じる玉木は「3年前よりも体力は上がってきている。意識的に運動をするようになったので、それは自信を持って言えます」と力を込めた。

    一方、恐竜保護団体(DPG)を立ち上げるクレア役の木村は「私は衰える一方です…。前作は30代最後の年で、42歳になりました。はぁ~。老化現象を感じます。経験は増えてまいりましたので、ごまかしていきたい」と苦笑い。

    新作の収録については「叫び声、うめき声、あえぎ声などで前回は喉を潰してしまったので、今回は喉を潰さないようにしたい」と意気込んだ。

    最近、洋画の大作では俳優、アイドル、お笑い芸人などを日本語吹き替え版に起用することが多い。しかし、ネット上で「イメージと違う」「ヘタすぎる」など酷評されることも目立つ。

    「前作では玉木さんを称賛する声が多かった一方、木村さんは本人が『声を潰してしまった』と言う通り、酷評の嵐でした。ただ木村さんは普段からスタッフに対しても気さくで、一緒に仕事をしたい女優さんの一人。本人もそうした声を気にしていたし、気合十分だから、今回は“リベンジ”してくれると思います」(映画関係者)

    ファンからは「どうしてプロの声優を使わないのか?」と疑問の声もあるが、前出の関係者は「特に洋画はメディアに取り上げられなければ、動員につながらない。声優の知名度は芸能人には及ばないから」と語る。

    今後も声優に、芸能人の起用が続きそうだ。

    no title
     

    【【なぜ声優より芸能人?】 洋画吹き替え版起用の裏事情が明らかに!?】の続きを読む

    1: 2018/05/26(土) 11:15:36.08 ID:CAP_USER9
    https://www.crank-in.net/news/56226/1
    2018年5月25日 14時45分

    現在、ニューヨークで人気アクションシリーズ『ジョン・ウィック』第3弾を撮影中の俳優キアヌ・リーヴス。ハリウッドスターらしからぬフランクな振る舞いが度々目撃されているが、撮影現場近くの路上にいたホームレスの男性と会話し、男性が持っていた段ボールの切れ端のサインに“サイン”する姿が目撃された。

    Mail Onlineによると、キアヌは撮影現場付近に設営された、自分の控え室用トレーラーの近くで物乞いをしていたホームレスの男性に気づき、話しかけたという。二人が話していた内容や時間は不明だが、男性の持っていた段ボールのサインに、キアヌが赤いペンでサインしている写真がMail Onlineに掲載されている。段ボールには「ホームレス。空腹で気が沈んでいる。何でもいいので助けてほしい。ありがとう」と書かれている。

    ホームレスの男性がその後、その段ボールのサインをどうしたかは不明だが、キアヌのサイン付きなら価値が上がりそうだ。

    過去にもホームレスの男性と道端に座り込んで、ドリンクを交わす姿を目撃されたことのあるキアヌ。日本でも“いい人”評価が高いが、再び株を上げそうだ。

    no title

    no title

    no title

    【キアヌ・リーヴスさん、また懲りずに好感度を上げてしまう......】の続きを読む

    the-last-jedi-theatrical-blog

    1: 2018/04/30(月) 12:53:40.04 0
    ディズニーが作るとキャストや演出で感動の押し付けがひどく気になって仕方がない
    スターウォーズなのに宇宙のスケール感も全くない

    【【スターウォーズ】最後のジェダイを見たが、これもう終わってるよなwwww 】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ