まとめのぶろぐる

    カテゴリ: スポーツ

    image

    1: 2018/05/11(金) 23:57:59.86 ID:CAP_USER9
    5月5日、福岡市にある福岡ソフトバンクホークスの本拠地、ヤフオクドームでおこなわれたソフトバンク対オリックス・バファローズ戦で、こどもの日にちなんでスコアボードの選手と審判名がひらがなで表記された。オリックスのT-岡田は《てぃーおかだ》になっていた。

    「子供たちに選手を覚えてもらおうと、こどもの日に合わせた特別企画でした。外国人選手は、通常通りカタカナで表示され、同姓の選手がチームにいるオリックスの3番打者、吉田正尚は《よしだまさたか》とフルネームで記されました。
    阪神甲子園球場や神宮球場でも同様の企画が催され、6日の阪神タイガース対中日ドラゴンズ戦でもスコアボードにはひらがなが並びました」(プロ野球担当記者)

    しかし、これは本当に子供のためのファンサービスになっているのだろうか。本当に子供のファンを増やすことを考えていかないと、将来のプロ野球人気の衰退につながると警鐘を鳴らす意見がある。

    いまの観客はリピーターばかり

    「プロ野球ファンは統計上では増えています。昨年、日本野球機構(NPB)が公表した公式戦の観客動員数は2513万9463人でしたが、これは実数発表を始めた2005年以降では最多です。
    2005年は1992万4613人でしたから、12年間で500万人以上が増加しています。しかし、その中身を見ると、子供ファンを獲得しないと将来が危うい構造が隠れています。
    というのもかつては、年に一度の地方におけるプロ野球開催を楽しみに、地方球場には鈴なりのファンが駆け付けたものですが、いまはプロ野球チームがない地方では、野球人気はさっぱり。
    ですから千葉ロッテマリーンズや横浜DeNAベイスターズのように、地方での定期試合をやめてしまった球団もあるくらいです」(スポーツライター)

    現在のプロ野球は、本拠地のある限られたエリアで濃厚なマーケティングがおこなわれている。これが観客動員数を伸ばした要因だとこのスポーツライターは言う。

    「観戦するファンの多くは、エリア内に住むリピーターなのです。つまり、ひとりのファンが3回、4回と複数回球場に足を運んだからこそ、史上最多の観客動員数を記録したのです。つまりファンの裾野は広がっていないのです」

    子供が野球好きになったとしても、昭和のころのように公園で野球をすることはできない。《キャッチボール禁止》などと注意書きされた公園が増えているためだ。野球をできる場所の確保から始めないと、プロ野球も衰退していくだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/51014

    【【終了のお知らせ!?】「日本プロ野球の未来は暗い」と感じさせられた出来事 】の続きを読む

    baseball_coach_kantoku

    1: 2018/05/06(日) 09:39:01.14 ID:CAP_USER9
    野球評論家の張本勲氏(77)が6日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(44)がベンチ入りメンバーの25人枠を外れ、会長付特別補佐に就任したことについて言及した。

     張本氏はマリナーズに喝を入れた上で、「練習はさせるけど、ゲームは出さない? お預けしているみたいでひどいじゃないか」と激怒。イチローが会長付特別補佐に就任することには、「何の役にも立たない。やるならGMの上の球団社長かあるいはオーナー代行。マリナーズは来年、日本で開幕戦を行う。そのときにピンチヒッターとして使おうとしている。客寄せパンダみたいに」と疑問を呈した。

     大リーグ現役最年長野手のイチローが今年の残りシーズンは選手としてプレーせず、チームに同行し、同僚や首脳陣らをサポートするメジャーでも極めて異例の契約内容。本人は従来50歳まで現役続行を公言するなどプレーをする意欲は高く、来季以降にマリナーズの一員として故障者が出た場合などに選手としてプレーする可能性がある。この契約を結んだことで日本球界に戻る可能性はなくなった。

     イチローは昨季限りでマーリンズからフリーエージェント(FA)となり、2012年途中まで在籍したマリナーズに6年ぶりに復帰。大リーグ現役最年長野手で、今季は控え外野手としてチームの29試合のうち15試合に出場。先発出場したのは13試合で、9安打、打率2割5厘にとどまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000509-sanspo-base

    【【張本氏】 イチローさん、情けないパンダになるwww!?】の続きを読む

    1: 2018/04/08(日) 06:46:58.49 ID:CAP_USER9
    平昌五輪での活躍で、羽生結弦選手人気はとどまるところを知らない。
    羽生選手が自身の日常について語った小さなエピソードにも、ファンは一喜一憂しているようだ。

    「最近、ファンの間で話題になったのがヒゲ問題ですね。
    羽生選手はスポンサーの1つであるP&Gの会員ホームページで定期的にインタビューを受けているのですが、
    その4月号で、毎日ではないけれどヒゲを剃っていることをコメントしたんです」(女性誌記者)

    P&Gのシェービング商品「ジレット」の宣伝コメントだから当然ではあるのだが、羽生選手は産毛のようなヒゲだから毎日は剃らないけれど、
    取材や撮影がある日は必ずジレットを使っていると答えたというのだ。

    「羽生選手も立派な成人男性ですから、ヒゲを剃るのは当たり前。
    しかし、ファンとしてはあの少女漫画の王子様のように美しく繊細な雰囲気そのままにいてほしいんでしょうね。
    ヒゲを剃る、そもそもヒゲが生えるということも想像したくないのかもしれません」(前出・女性誌記者)

    そんなファンの思いをよそに、インタビューではジレットの剃り心地やフィット感など、実体験もしっかり交えて語っている羽生選手。
    ファンも「夢の王子様」ではなく、生身の男子として羽生選手を見守ってあげればどうだろう。 
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_49414/ 
    no title

    【【ユヅリスト】羽生結弦の〇〇に現実を受け入れられない女性ファン多数wwwwww】の続きを読む

    20180219-00000083-spnannex-000-2-view

    1: 2018/03/28(水) 12:12:23.38 ID:CAP_USER9
    実写版「銀魂」などの作品で知られる映画監督の福田雄一氏(46)が2018年3月26日、フィギュアスケートの羽生結弦選手について書いた雑誌コラムで、本人やファンを「悲しい気持ちにさせた」として、ツイッターで謝罪した。 問題となったコラムで福田氏は、羽生選手が個人的に「苦手」だとして、その言動について「恥ずかしい」などの持論を展開。こうした意見に、羽生選手のファンから「ただの悪口」「大人げない」などの批判が寄せられていた。

    ■「個人的な感想として読んでほしい」
    発端となったのは、週刊現代(3月10日号)に掲載された「氷上のプリンスに物申す!」というタイトルのコラム。その中で福田氏は「個人的な感想として読んでほしい」と前置きした上で、羽生選手について「苦手です」と切り出した。 福田氏は、カメラの前やリンク上での羽生選手の言動について、「自分の世界」に入っているように感じる、との持論をコラムで展開。「『わああああ、恥ずかしいっ!』って目を覆ってしまう感じ」を抱いてしまう、などとも書いていた。 また、翌週(17日号)のコラムでは、羽生選手に関する前回のコラムで周囲から「叱られた」として、 “「いや、違うんです。羽生くんは素晴らしいアスリートなんです!だから、ダメ人間の僕からすると気後れするという話なんです」 と、冗談めかしながら釈明していた。

    こうした福田氏のコラムは、羽生選手のファンの間で話題に。ツイッターやネット掲示板には、
    “「福田雄一さんのコラムあれただの悪口だよ」  
    「福田雄一監督の大人げない感性にはがっかり」
    「羽生くんのファンはあんまり気分良くないな(略)個人的に苦手なのはいいけど居酒屋で話しててくれ」
    などと否定的な意見が複数出ていた。そのほか、福田氏のツイッターに直接リプライ(返信)する形で、「酷い」などと訴えるユーザーの姿もあった。

    ■「苦手という言葉はどうか撤回させてください」
      こうしたファンの反応を受けて、福田氏は27日未明にツイッターを更新。「僕の軽率な言葉で、羽生くんや、羽生くんのファンの皆様を悲しい気持ちにさせてごめんなさい」と切り出し、“「苦手という言葉はどうか撤回させてください」 と訴えた,続くツイートでは、ファンの言葉を受け止めて羽生選手のことを「勉強しました」として、「彼のことをちゃんと理解する前に失言をしたこと、本当に猛省しました」。問題のコラムの存在を知った妻から、羽生選手の魅力について「切々と訴えられた」という。

    さらに福田氏は、「本人はもちろん多くの人に迷惑がかかるのはツラいです」「僕は自分の失言に責任を取るべきだと思います」とも投稿。このように、反省の言葉を繰り返した上で、

    “「こんな僕ごときの失言で、わざわざ謝罪するのもおこがましくて遠慮していたのですが、改めて本当に申し訳ありませんでした」と改めて謝罪していた。 
    https://www.j-cast.com/2018/03/27324681.html?p=all


    【【ユヅリストの言葉狩り】銀魂の福田雄一監督が「羽生結弦が苦手」⇒批判殺到wwwww】の続きを読む

    image

    1: 2018/03/15(木) 13:53:39.24 ID:CAP_USER9
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0315/blnews_180315_0603381285.html

    日本郵便が、宅配便「ゆうパック」の再配達サービスを3月から縮小したことがわかった。

    これまでゆうパックは受取人の不在時には翌日に再配達していたが、現在は日時を指定して
    再配達を依頼する必要がある。日本経済新聞によると、再配達方法の変更は3月からで、
    受取人不在で持ち帰った荷物は日時指定の依頼を受けるまで郵便局で保管するという。

    日本郵便では、従業員の負担軽減のため徐々にゆうパックの再配達を縮小。以前は受取人の
    希望がなくても「3日間で3回配達」していたが、2016年頃から「2日間続けて配達」に変更していた。

    【ゆうパック「再配達やめるわwwww」「届けてほしかったら連絡してwww」】の続きを読む

    1: 2018/03/08(木) 17:35:36.28 ID:CAP_USER9
    http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180308-OHT1T50075.html 

    フィギュアスケートの元世界選手権女王・浅田真央さん(27)が7日に放送されたNHK総合「クローズアップ現代+」(月~木曜・後10時)で語った最終的な夢の内容に、ファンを中心に騒然となった。

    真央さんは引退後、小中学生らにスケートを教える機会があった。そのうちに「私、教えるのも好きなんだなと思いました。いまは自分のアイスショーが中心でやっていますけれど、スケーターとして滑れなくなった時に、次に何ができるかなと思ったときに指導かな…なんていう思いも今、頭の隅にある」と将来について語った。

    そしてスケートとは「恋人でもあり家族でもあり運命。スケートと出会えたことが運命なのかなと思います」とまとめて、番組はエンディングに向けてしんみりとした雰囲気となった。

    ところが、最後に語った真央さんの「最終的な夢」が“衝撃的”な内容だった。

    「自給自足をするっていうのが、私の最終的な夢なんです」

    疑問に思った同局の武田真一アナウンサー(50)が「自給自足?」と不思議そうに聞くと驚きの答えが返ってきた。

    「はい。いろんなものがやりきったなと思ったら、私は山に行って…。それこそ海の近くだったら自分で魚を捕ったり。山に出て狩りをしてイノシシとかをさばいたりとか、そういったことをしてみたいんです」

    歴戦のNHKアナもさすがにあっけにとられ「それはなんでなんですか?」と真意を尋ねると「食べることが好きだから。それが一番のぜいたくなのかなと思いますね」と答えた。

    小学校時代のクラブ活動では「原始人クラブ」に入っていたと、かつてイベントで明かしていた真央さん。武田アナから「自由でいたい?」と聞かれ「それもあるんじゃないですかね。自由にのびのびと生活してみたいなと。全てがナチュラルで解放させて、生涯を終えたいなと思います」と嬉しそうに口にしていた。

    衝撃的な番組の終わり方にネットでも衝撃が走ったよう。「さすがに想定外…」「さすが原始人クラブにいただけある」「大物すぎる」「なんてパワーワード」などと驚きの声が上がっていた。 

    【浅田真央さん「山に出て狩りをしてイノシシとかをさばいたり…」】の続きを読む

    1: 2018/03/06(火) 12:54:39.86 ID:CAP_USER9
    image

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803060000343.html

    2018年3月6日12時26分

     チャリティーオークションに出品されたフィギュアスケート羽生結弦選手のサイン入りスケート靴の入札額が3000万円を突破し、ファンから驚きの声があがっている。

     ヤフー・ジャパンは5日、東日本大震災の復興支援を目的とした複数企画の実施を発表。その1つとして、著名人や企業から提供されたアイテムによるチャリティーオークションを同日より開始した。

     羽生選手は06年に続き、直筆サインを入れたスケート靴を出品。1円スタートで出品されると、またたく間に入札が相次いだ。入札額も高騰し、オークション開始から1日経った6日午前11時の時点でなんと約3400万円に。

     06年のオークションでの落札額は約340万円だったため、すでに10倍の額がついていることにネット上では「凄い!!良いことに使われるならもっと上がって!」「羽生くんの練習用スケート靴で、マンション買えるとか引くわー」「羽生くんのスケート靴は初競りのマグロなんや…初競りのマグロくらい縁起のいいものなんだ…」と驚きの声があがっている。

    【【オークション】羽生結弦サイン入りスケート靴がとんでもない価格にwwwww 】の続きを読む

    1: 2018/03/04(日) 16:32:50.73 ID:CAP_USER9
    d_11038086

    女優・のん(24)が4日、都内で、応援キャラクターを務める「共創力で進む東北プロジェクト」交流会に出席。宮城県出身で五輪連覇を果たし、国民栄誉賞授与が濃厚なフィギュア男子の羽生結弦選手(23)に対抗心を燃やした。

    金メダルの滑りは録画で見たといい、「興奮しました。同年代として羽生選手に対抗心を燃やしています。男の人に対してライバル視しちゃう。 自分はフィギュアスケートをしたことないのに、勝手に闘争心を燃やしていて、負けられないと。一方通行な戦いです」と刺激を受けてことを明かし、笑わせた。インタビューの回答に加え、地上での演技は「絶対、勝てます」と宣言。氷上以外での勝負に勝機を見いだそうと頭をひねっていた。刺激を受けながら、自身のフィールドで躍進を目指す。昨年に自ら新レーベル「KAIWA(RE)CORD」を発足。4月19日から渋谷で初個展「のん一人展 女の子は牙をむく」を開き、5月9日に初アルバムを発売すると発表した。

    絵や立体物を並べるという個展のタイトルについて、「意味は女の子はパワフルで、凶暴だったり魅力的でチャーミング。それを表現できたら」と語った。アルバムは「私が作った曲が5曲など、12曲です」とアピール。今後も「楽しいと思ったことを楽しくやる。見てくださる方と一緒に楽しめる
    表現をしていく」と意気込んでいた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/04/0011038085.shtml
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/04/0011038085.shtml?pg=2
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2018/03/04/Images/d_11038086.jpg
    https://daily.c.yimg.jp/gossip/2018/03/04/Images/d_11038087.jpg

    【【炎上確定!?】女優のん「(羽生結弦選手に)絶対、勝てます!!」】の続きを読む

    1: 2018/03/04(日) 11:44:51.25 ID:CAP_USER9
    20180219-00000083-spnannex-000-2-view

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/1/3162c_1413_b60615aa_025d0866.jpg
    羽生結弦の金メダル獲得に日本中が歓喜した。とりわけ、彼を追いかけて会場につめかけたマダムたちの喜びはひとしおだっただろう。だが、カネに糸目をつけない奥さまの陰で、夫は怯え、悩んでいる。

    ■観戦ツアーは4日で90万円
    羽生結弦(23歳)のフリープログラム演技が終了した瞬間、金メダル獲得を確信し、歓喜に沸いた韓国・平昌の江陵アイスアリーナ。 おびただしい数のプーさんのぬいぐるみが飛び交う会場からの中継映像を、埼玉県内の自宅で複雑な表情を浮かべながら眺めていたのは、会社員の杉森裕之さん(60歳・仮名)だ。 「やっぱり羽生くんはすごいですね。圧倒的な技術に、しなやかな立ち居振る舞い。門外漢の僕でも圧倒されます。でも、妻が羽生くんに遣った金額を想像すると、金メダルを素直には喜べなくて……」

    裕之さんの妻・律子さん(58歳・仮名)は羽生の大ファンだ。
    「妻は旅行会社の観戦ツアーに申し込み、現地観戦しています。ツアー代金の詳細は怖くて聞いていませんが、たぶん何十万円もつぎ込んでいるに違いない」(裕之さん) 今回、平昌五輪の指定旅行会社として、JTBをはじめ数社が観戦チケットつきのツアーを日本国内で販売している。 JTBの「フィギュアスケート・男子シングル観戦券付きツアー」は、4日間でなんと90万8000円(一番良いカテゴリーの観戦席の場合)。飛行機の座席はエコノミークラス、ホテルは2人で1室利用、昼夜の食事はすべて別途負担にもかかわらず、このお値段だ。 ずいぶん強気な価格設定に思えるが、いずれの社のツアーも即完売だったという。 「そんなにするんですか。家計はすべて妻に任せていて、私のスーツも、アウトレットモールの値下げ品しか買わせてもらえないのに。これ以上羽生くんに入れ揚げたら、いったい、いくら遣うことになるのか。すごく不安です」(裕之さん)
    一部略
    http://news.livedoor.com/article/detail/14384071/

    【【羽生結弦】ユヅリストの妻をもった夫の悲劇wwwwww】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ