まとめのぶろぐる

    カテゴリ: スポーツ

    1: 2018/06/29(金) 16:09:31.82 ID:CAP_USER9
    安倍首相「あんなに長く時間つぶすと思わなかった」「あれじゃ観客怒るよ」
    no title

    no title


    W杯で史上初…日本が恩恵

    イエローカードの差で救われる形となった日本だが、最後の約10分の“時間稼ぎ”ともいえる戦術には賛否両論の声が上がっている。

    「西野戦術」をどうみるべきか、フォーカスする。

    決勝トーナメント進出を決めた日本代表。
    今回のワールドカップから導入されたフェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出が決まったのは初のケースになった。

    一方、日本の時間稼ぎの戦術には意見が分かれている。

    ■日本の戦い方に賛否両論

    街で話を聞くと、「攻めて2点目とられるよりはあれでよかった」「進出したことは良かったがパス回しで逃げている感があって残念」と意見が分かれる。

    さらに、賛否の声は政界からも…

    斎藤農水相は、「ああいう戦術をとることは逃げているようでリスクもとっている。批判もあると思うがやるべきことはやったかな」と好意的。

    一方、安倍総理はけさの閣議の前に麻生副総理らと「あんなに長く時間を潰すとは思わなかった。あれじゃ観客怒るよ」などと話していたという。

    ■海外メディアからは好意的な報道の一方、批判も相次ぐ

    また、海外の反応は、好意的な報道もある一方で、韓国メディアは「幼稚でアンフェア」「今まで粘り強く戦ってきた日本がこういうことをしたのは非常に残念」などと批判。

    イギリスメディアも、試合は「バカげた形で終わった」などと報じている。

    波紋を呼んでいる“西野戦術”だが、フジテレビサッカー解説の永島昭浩さんはどうみたのか?

    永島昭浩:
    限られた時間の中で勝負どころの残り10分。グループリーグを突破するには何が一番良いのか。その中で他力を選んだという決断は西野さんすごいなと思いました と監督の判断を評価した。


    https://www.fnn.jp/posts/00330570HDK

    【【安倍首相】サッカーW杯 「あんなに長く時間を潰すとは思わなかった。あれじゃ観客怒るよ」 】の続きを読む

    soccer_ball

    1: 2018/06/26(火) 10:54:53.60 ID:CAP_USER9
    6月24日放送の「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)で、林修が「サッカーファンは幸せになれない」という、
    ワールドカップシーズンには少々刺激的な研究データについて講義をした。

    林が解説したのは、ワールドカップの開幕直前にサッカーの本場であるイギリスの名門大学が、
    “定期的にサッカー観戦をするファン32,000人”を調査し判明したという、サッカーに関する残酷な研究結果。

    スタジオゲストの瀧本美織は「子どもの頃男の子に混じってサッカーしていたので、見るのもやるのも好き」とサッカー愛を語り、
    中島健人(Sexy Zone)も「僕もやってました、大のサッカーファンです」と明言し、林の「サッカーファンは幸せになれない」という仮説には
    「ちょっと待ってください!そんなこと言ったら誰も応援しないじゃないですか」と猛抗議!

    しかし林は冷静に「応援しているチームがあるサッカーファンが試合を観戦した後、どんな気分になるか。
    その“幸福度”を数値化したデータを紹介します」と、試合後1時間で幸福度がどう変化するかを比較した。

    好きなチームが勝った場合、幸福度は3.9ポイント上昇する一方で、負けると7.8ポイント下がると説明。
    さらにスタジアムで観戦した場合には、キックオフの瞬間に幸福度は急激に7.9ポイント上がり、
    もし負けてしまうと14ポイントも下がってしまうという。

    「つまり、キックオフから、もし負けた場合21.9ポイントも急降下のジェットコースターに乗ることになるんですよ!
    ましてや連敗続きのチームを応援していたときに人間の幸福度は…」とイヤ~な気持ちになりそうな仮説を畳みかける林に、
    千原ジュニアは「もうええわ!」と一喝した。

    ワールドカップで盛り上がっている日本中の空気や、モヤモヤしているスタジオの様子を感じたのか林は
    「一番大切なことをこれから申し上げます」と急にかしこまり、「初耳学は日本代表チームを応援しています!」と宣言。

    千原ジュニアからは「もうええわ!」と再び大きなツッコミが飛んだ。
    https://thetv.jp/news/detail/151902/

    【英大学研究、「サッカーファンは幸せになれない」】の続きを読む

    soccer_ball

    1: 2018/06/25(月) 14:04:43.78 ID:PPnEcJUZM
    英公共放送「BBC」の試合速報ページでは、川島のプレーに厳しい視線が送られている。

    元エバートンMFレオン・オスマンは、「日本のGKエイジ・カワシマの衝撃的なプレーだ」「彼はサディオ・マネの膝に向かってパンチングした」と酷評した。

     その他にも「日本のお粗末な失点」、「パンチングするよりはキャッチするほうが簡単だったのでは?」、「日本のキーパーはパンチングという馬鹿げた決断をした。

    有能なGKならキャッチしていたよ」などと辛辣なコメントが並んだ。

     川島がかつて所属したスコットランド1部ダンディー・ユナイテッドでプレーしていたことから、現地ファンの反応についても取り上げられているが、
    「ダンディー・ユナイテッドファンのツイッター上の反応は、決して驚いていないようだ」と、川島のミスは想定内だと考えられているようだ。

    https://www.football-zone.net/archives/115379

    no title

    セネガルの1点目のアシストをした川島【写真:Getty Images】

    【【ド正論ww】英メディア酷評「なんで日本のGKはキャッチではなくパンチしたの?w」 】の続きを読む

    soccer_ball

    1: 2018/06/25(月) 11:41:44.91 ID:CAP_USER9
    第2節が終わったワールドカップ。日本代表が戦うグループHでは、2連敗となったポーランドの敗退が決まった。

    はたして日本と戦う第3戦に向けたモチベーションはあるのか…。

    『wPolityce.pl』によれば、ポーランド代表FWダヴィド・コフナツキは日本戦についてこう述べたそう。

    ダヴィド・コフナツキ(ポーランド代表FW)

    「応援してくれたサポーターのために、僕らは立ち直って日本と戦わなくてはいけないよ。

    彼ら(サポーター)はそれに値する。

    (下を向くのではなく)頭を上げて、この大会を終わりたい」

    サンプドリアに所属する21歳のFWは、サポーターのために戦うと誓っていたようだ。

    また、2013年から代表監督を務めてきたアダム・ナヴァウカ氏にとって日本戦がラストマッチになる可能性も伝えられている。

    そういう意味でもポーランドとしては、最後の意地を見せてきそうだ。

    https://qoly.jp/2018/06/25/poland-kownacki-on-japan-iks-1

    【【サッカー】W杯敗退のポーランド、「日本戦にやる気はあるの?」FWの返答は 】の続きを読む

    soccer_ball

    1: 2018/06/21(木) 13:58:33.16 ID:CAP_USER9
    「痴漢に遭った」「胸を触られた」と訴える女性たちが話題になっている。

    ■女性からの痴漢被害の声が続出

    試合終了直後から盛り上がっていた渋谷。多くの人々がハイタッチや肩を組み、歌を歌い、ジャンプして日本の勝利を喜んでいた。人がごった返しとなり、どこで何が行われているか判別できない、まさに「お祭り状態」だ。格上のコロンビアへの勝利ともあり、いつもに増してハイテンションだったことも予想される。

    そんな中、ツイッターでは痴漢被害に遭ったという女性たちの叫びが投稿されている。

    渋谷で飲んでたんだけと
    スクランブル交差点付近やばすぎて
    痴漢はんぱない。

    おっぱい触られるわ
    腕捕まれるわ
    サポーター全否定するわけじゃないけど
    本当クズしかいない。

    ― yummy♡*。 (@yuchan7269) June 19, 2018

    まゆと@撮影依頼はDM
    @Myt_0127_S
    今日のサッカー日本がかって
    お祭りさわぎ
    渋谷のスクランブル交差点は痴漢がわいてでるので
    女性の方気をつけてください。私はおっぱいとおしり触られて
    ブラのホックはずされそうになりました…男性と来てる場合は守ってもらうようにお願いしてみましょう

    香波@かなみん
    @kanaminmin0105
    ミニスカート履いているわけじゃないのにめちゃくちゃ沢山の人に痴漢とスカートめくりされたの初めてです…
    日本代表が勝って嬉しいのは分かるけど、テンション上がったら何してもいいって訳じゃないからな��
    今日でサッカーファンの人たちが少し嫌いになりました��浮かれ過ぎるなボケ��

    みゆきち
    @miyuki___chi
    渋谷勤務の時、ワールドカップの度に痴漢が出るから女性陣は地下道を通るように言われるわ、仕事そっちのけでTVにかじりつくのが何人かいたからサッカーファンにあんま良い印象がない
    11:56 PM - Jun 19, 2018



    ■「サッカーファン」のイメージ低下も

    サッカーファンを装った一部の人たちによって、痴漢行為が行われていたという状況だが、ネット上では「サッカーファンを疑う」「嫌いになった」と批判的な声が相次いだ。

    純粋に日本代表を応援し、喜んでいたファンにとってはとんだとばっちりだろう。


    https://sirabee.com/2018/06/20/20161676924/

    【【クズしかいないww】コロンビア戦の日本勝利の夜、渋谷が痴漢乱発.....】の続きを読む

    1: 2018/06/20(水) 16:30:18.94 ID:CAP_USER9
    日本代表ツイに「原爆画像」送りつけ コロンビア・サポの暴走に「これはダメ」 

    ロシアW杯初戦で日本に敗れたコロンビア代表のサポーターが、日本代表の公式ツイッターアカウントに、 広島・長崎の原爆被害を揶揄するようなリプライ(返信)を送りつける出来事があった。

    こうした不適切投稿には、日本人から「これはダメでしょ」「こんな心ないツイートをする人がいるなんて信じられない」といった怒りの声が殺到。
    投稿者に代わって日本人へ謝罪するコロンビアサポーターまで現れるなど、騒動は大きな波紋を広げている。

    ■キノコ雲の写真をアップし...

    日本代表は2018年6月19日夜(日本時間)に行われたコロンビア戦で、試合前の下馬評を覆す大金星を挙げた。
    開始早々に相手選手が退場になる幸運もあり、数的優位な状況を活かして2-1のスコアで勝ち切った。

    W杯前のFIFAランキングは日本が61位、コロンビアが16位。こうした番狂わせが、インターネット上でまさかのトラブルを招くことになった。

    勝利を伝えた日本代表公式ツイッターの投稿に、あるコロンビアサポーターが、原爆を揶揄するようなリプライを送ったのだ。
    このサポーターは、投稿の1枚目にキノコ雲の画像を、2枚目に原爆投下直後の長崎市街地の画像を掲載。そして、

    「But you didn't win here(でも、ここでは勝てなかった)」

    との一言を書き込んでいた。要するに、日本はサッカーでは勝ったが、第二次世界大戦では原爆で負けている――そういった意味合いの投稿らしい。

     原爆を引き合いに日本を揶揄した投稿は、日本のネットユーザーの間でたちまち物議を醸すことに。ツイッターやネット掲示板には、

      「これはダメでしよ。悪いことは言わない。ツイート削除した方がいい」
      「こんな心ないツイートをする人がいるなんて信じられない」
      「このような負け惜しみは、ベストを尽くした自国の選手たちに返って失礼」
      「昔の戦争話を持ち出すの?いつの時代に生きてるんだ。残念だ」

    などと怒りや悲しみの声が相次いで寄せられた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000006-jct-soci

    コロンビア側から謝罪の動きも

    問題の投稿をしたサポーターは、今回の試合が始まる直前にも、日本への原爆投下を揶揄するようなスペイン語のツイートをしていた。
    コロンビアが一時同点となるゴールを決めた際には喜びを爆発させており、かなり熱心にチームを応援していたようだ。

    ただ、今回の不謹慎リプライには、別のコロンビアサポーターからも苦言が相次いでいることも事実だ。
    ツイッター上には、普段はスペイン語で投稿をしているユーザーが、あえて日本語を用いて、

      「すべての日本人に私の最も誠実な謝罪」
      「私の心からの謝罪を受け入れてください。日本のサッカー選手権が勝利したことを祝福します。その馬鹿はコロンビア人の大多数を代表するものではありません」(原文ママ)

    と日本人へ向けて謝罪する動きも出ている。

    なお今回の騒動には、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)も20日のツイッターで反応。問題視されているコロンビアサポーターのリプライを引用しつつ、

    「酷い負け惜しみだな。潔く祝福しれよ」(原文ママ)

    と呆れたような一言を寄せていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000006-jct-soci&p=2

    画像
    no title

    【【ロシアW杯】日本代表公式ツイッターに「原爆画像」送りつける....】の続きを読む

    soccer_ball


    1: 2018/06/20(水) 13:55:03.70 ID:CAP_USER
    初戦黒星の韓国、日本と明暗分かれる結果に
    「韓国にも大きな影響を与えるだろう」

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、1次リーグH組で日本がコロンビアを2-1で破る大金星を挙げた。FW大迫勇也が1-1の後半28分に決勝ゴール。アジア勢が南米勢に勝つのは史上初の快挙となった。お隣の韓国メディアは自国が敗れ、日本が勝った“明暗の初戦”に対し、「誰も予想していなかったこと。これだけでも韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」と報じている。

     世界を驚かせた金星は韓国も予想外だったようだ。「日本初勝利、韓日のどちらが先に本戦行きを決めるか?」と報じたのは、韓国サッカー専門メディア「Best Eleven」だった。

     記事では、前評判の低かった日本が南米の強豪コロンビア相手に番狂わせを演じたことを紹介。「メキシコがドイツに勝利した波乱と同等の価値があるといえる」と評している。

     さらに「今回の日本の勝利は韓国にも大きな影響を与えるだろう」とし、両国は98年フランス大会から6大会連続出場しているが、ほとんどが韓国の方が成績が良いと説明している。

    「誰も予想していなかったこと。韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」

     しかし、今大会、韓国はスウェーデンを相手に0-1で敗戦。ドイツ、メキシコと強豪ひしめく「死の組」で、初戦で勝ち点を落とし、1次リーグ突破へ、厳しい見通しとなっていた。

    「ロシアW杯では韓国はスウェーデンに敗れた一方で日本はコロンビアに勝利した。これは誰も予想していなかったこと。これだけでも韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」

     このようにつづり、日本と韓国が対照的な船出となったことを“予想外”と受け止め、日本にライバル心を燃やすサポーターのプライドが傷ついてしまったと言及している。

     アジア勢が南米勢に勝つのはW杯史上初の快挙。首位発進となった日本だが、まだ1次リーグ突破が決まったわけではない。勝って兜の緒を締め、次戦に集中していくだけだ。(THE ANSWER編集部)

    http://news.livedoor.com/article/detail/14892120/

    【【ロシアW杯】日本金星は「韓国ファンの自尊心傷つけた」wwww】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ