まとめのぶろぐる

    カテゴリ: スポーツ

    soccer_ball

    1: 2018/07/21(土) 11:58:20.49 ID:CAP_USER9
    20日、フジテレビ「ダウンタウンなう」では、ゲストにサッカー日本代表・乾貴士を迎え、その素顔に迫った。だが、番組の中では「ジャンクSPORTS」といった人気スポーツ番組のMCを務める浜田雅功が、W杯を全く観ていないことが坂上忍によって明かされた。

    ダウンタウンに訊きたいこととして「なんでサッカーに興味持ってくれないんですか?」という質問を投げかけた乾は、 「ダウンタウンさんのことが本当に好きで色んな番組を観てるんですけど、サッカー全然じゃないですか?」と言葉を続けた。

    これに松本人志は「浜田さんが『ジャンクSPORTS』やってるんで、僕が前に出てもなっていうのがあって、割と抑えめにしている」とはぐらかしたが、
    なんと坂上は「収録、カメラが回る前に浜田さん、ボソッと言ってましたよ、『1ミリも観てへんわ』」と暴露したのだ。

    「どういうことなんですか?」と問い詰める乾に、浜田は「小学校2年間くらいサッカーやってた」と明かすも、 「すいませんけど、野球とサッカーを比べるとサッカーにわびさびないでしょ」とサッカーを観ない理由を語る。

    「『ここはストレートでいっとこう』とか『引退やから最後はストレートで』みたいなことがあるんですよ、野球って」と切り出すと、(サッカーは)「マジやもん」という浜田。 乾も、フェルナンド・トーレスのサガン鳥栖移籍前最後の試合で「チームメイトが(点を)獲らすように獲らすように(パスを集めた)」などと熱弁、サッカーにもわびさびが存在すると反論した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15042468/


    【【ダウンタウン】浜田雅功が、サッカーを観ないワケwwwwww】の続きを読む

    baseball_coach_kantoku

    1: 2018/07/17(火) 12:37:34.23 ID:CAP_USER9
    ファッションサイト「ZOZO TOWN」などを運営するスタートトゥディ社社長の前澤友作氏が17日、ツイッターを更新し、プロ野球球団を持ちたいという“大きな願望”をつぶやいた。シーズンオフに球界へ提案するプランをつくるという。

    前澤氏はツイッターで「どうしても公言したい【大きな願望】があります」と投稿したあと、17日正午に再びツイート。 「【大きな願望】プロ野球球団を持ちたいです」と公言した。

    「球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい」と 所有する球団のイメージをつぶやくと「シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります」と今シーズン後に 球団所有へ向け、動き出すと明言。「皆さまの意見も参考にさせてください。そこから一緒に作りましょう!」とファンへ 呼び掛けた。ハッシュタグには「ZOZO球団」とタグ付けした。

    前澤氏はSNSで、交際中の女優・剛力彩芽とサッカーW杯決勝戦を観戦。すぐに帰国し、音楽フェスも堪能したが、 これが前澤氏の球団所有願望に火を付けたようだ。

    ツイッターで「ロシアW杯からのapbankフェス。スポーツと音楽が人と人を繋げ、国境や人種や性別を超え僕たちに夢や 希望や力を与えてくれる。素晴らしい、もっと感じていたい、もっと深く関わりたい。そんなことを強く思い、どうしても公言したい 【大きな願望】があります」と予告していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000048-dal-base

    【「ZOZO TOWN」などを運営するスタートトゥディ社社長の前澤友作氏、プロ野球球団所有へ準備www 】の続きを読む

    soccer_ball


    1: 2018/07/04(水) 12:48:56.77 ID:CAP_USER9
    16強敗退に責任痛感…西野監督が語った2つの「後悔」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-01655914-gekisaka-socc 

    ベスト16敗退に終わったロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)から一夜明けた3日、日本代表はベースキャンプ地のカザンに戻り、西野朗監督が報道陣の取材に応じた。

    2大会ぶり3度目のベスト16という結果には「目標にしていたところではある。最低限の目標にはしていた」としながらも、2-0から3失点で逆転負けしたベルギー戦について「チームとすれば良いコンディションで臨めていたと思うし、実際、パフォーマンス的にもかなり戦えるゲームができたと思う。さらに勝てる状況があったわけで、最終的に勝ち上がれなかったのは少し残念ではある」と悔しさをにじませた。

    後半24分、29分の連続失点で同点に追いつかれ、後半アディショナルタイムに決勝点を献上。2点差をひっくり返される展開に「ベンチワーク、私の動きも影響すると思う。そういう意味では(日本代表に)足りない部分の大きな一つではないかと思う」と、自身の采配についても反省の言葉を口にした。

     後半3分、7分の連続ゴールで2点を先行する展開から果敢に3点目を狙いに行った。その理由について指揮官は「グループリーグ3つ目のゲームの取り返しというか、そういう気持ちもあった」と明かした。

    グループリーグ最終戦のポーランド戦(0-1)で日本は終盤の約10分間、リードされているにも関わらず、後方でパスを回して時間を稼ぎ、他会場の結果にグループリーグ突破の命運を委ねた。その采配は国内外で賛否両論を招き、多くの批判も浴びた。このことがベルギー戦の采配に影響した。

    4月の就任からわずか2か月で挑んだW杯。報道陣から「監督として喜びを感じた場面はあったか」と聞かれた西野監督は「ないですね」と答えた。その一方で、「後悔していることは」という質問には「ありますね」と即答。「3つ目の試合(ポーランド戦)の戦い方とか、昨日(ベルギー戦)の戦い方とか、それは後悔します」。そう率直に認め、自分自身の責任を痛感している様子だった。  

    【【ワールドカップ】西野監督、3点目を狙いに行った理由とは....】の続きを読む

    soccer_ball


    1: 2018/07/03(火) 13:43:28.58 ID:A/CMagwt0
    ドイツの伝説カーン氏、川島永嗣のプレーに苦言。「GKならチャレンジすべきだった」

    1失点目の場面については「パンチングの精度が悪かった。
    また川島はボールがゴールに迫っている時に弾こうという気がなくジャンプもせず早い段階でそのまま見送った。
    GKなら少なくともチャレンジをするべきだった。それ以外のプレーは良かったけどね」
    とヘディングシュートへの対応のまずさを指摘した。

    https://www.footballchannel.jp/2018/07/03/post279464/

    【【W杯】川島の1失点目、世界中の元プロも酷評されるものだった 】の続きを読む

    soccer_ball

    1: 2018/07/03(火) 12:54:45.78 ID:CAP_USER9
    川島「後悔きりがない、胸張って日本帰りたい」

    川島は好セーブでチームをもり立てたものの、8強入りには導けなかった。大会屈指の攻撃陣を擁するベルギーに押し込まれ、後半に立て続けに失点。ルカクの打点の高いヘディングシュートをはじいてピンチを救う場面もあったが、最後は相手の鋭いカウンターに屈した。グループリーグでは失点につながるミスをして批判も受けながら、正GKとして日本のゴールを守り続けた35歳は「後悔を挙げればきりがないが、誇りに思える試合。胸を張って日本に帰りたい」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00050057-yom-socc 

    【【W杯サッカー】川島「後悔きりがない、胸張って日本帰りたい!!」⇐ハァア!?】の続きを読む

    soccer_ball


    1: 2018/07/03(火) 14:12:17.74 ID:CAP_USER9
    7/3(火) 14:06配信
    「虚しい敗北」韓国紙、日本代表の敗退を大きく報道「アジア勢で16強の壁を超えたのは我々だけ」

    ロシア・ワールドカップでアジア勢唯一、決勝トーナメントに進出した日本代表だったが、2日に行われたベルギー戦で2-3と敗れ、史上初のベスト8入りを逃した。日本の逆転負けについて、韓国メディアは「虚しい敗北」と伝えている。

    ベスト16でFIFAランク3位のベルギーと対戦した日本は、後半に原口元気と乾貴士のゴールで先制しながらも、その後立て続けに2失点。後半アディショナルタイムに電光石火のカウンターを浴びて2-3の逆転負けを喫した。

    韓国の『スポーツソウル』は「日本は、個人の技量に優れていてベルギーを相手に善戦した。ボールを保持すれば確実にベルギーを苦しめていた」と戦いぶりを評価しつつも、「ベルギーが、フィジカルに優れた交代カードを切ると、あっという間に崩壊した。ロメル・ルカクは封じたが、(マルアン)フェライニについては対応できなかった。体格の良い相手に弱い弱点がそのまま表れた。日本は韓国やイランに比べて技術力はあるが、代わりにフィジカルは弱い」と、敗れた理由について言及。そのフィジカルの弱さは「我々に完敗した昨年12月のE-1選手権で明らかになっていたこと」と続けた。

    初の8強入りを逃したことについては「アジアで16強を通過したチームは、未だ2002年の韓国だけだ。日本は今大会に出場したアジア5チームの中で唯一生存し、初の記録に挑戦したが、それは無駄に終わってしまった」

    しかしながら「韓国はFIFAランク1位のドイツに勝利したし、イランは死の組で1勝1分1敗の好成績を収めた。そして日本は8強進出の希望を得ることができた。限界も明確だったが、今大会でアジアチームが飛躍したことは間違いない。次のカタール大会では、8強に進むアジア国が出てくるかもしれない」と期待の言葉で締めくくっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000018-goal-socc
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180703-00000018-goal-000-2-view.jpg

    【【W杯サッカー】「虚しい敗北」韓国紙、日本代表の敗退を大きく報道「アジア勢で16強の壁を超えたのは我々だけ」 】の続きを読む

    soccer_ball


    1: 2018/07/02(月) 09:31:59.179 ID:PLokHjoed
    試合の途中(しかも負けてる状況)で他のチームの勝敗に賭けて試合放棄したからだよな

    最初から同点狙いでパス回しで逃げるだったら大賛成だったんだが

    【ポーランド戦が叩かれる理由ってパス戦法じゃなくてさ..... 】の続きを読む

    soccer_ball


    1: 2018/06/29(金) 10:39:59.35 ID:CAP_USER9
    男子サッカー元韓国代表でMBC解説員のアン・ジョンファン(42)がベスト16進出をかけて試合終盤に攻撃意思を見せなかった日本を非難した。

     日本は去る28日午後11時(日本時間)、ロシアのヴォルゴグラード・アリーナでおこなわれた「2018 FIFAワールドカップ ロシア」H組第3戦でポーランドに0-1で敗れながらも、ベスト16進出を決めた。

     コロンビアが2勝1敗で組1位となる中、日本はセネガルと1勝1敗1分で勝ち点、得失点、得点数で同率だった。だが、イエローカード数で決まるフェアプレーポイントにより、日本が予選を突破するかたちとなった。

     この日、日本-ポーランド戦は競技場を訪れた観衆のブーイングを浴びた。引き分けてもベスト16に進む日本、既に予選敗退が確定していたポーランド、共に消極的な試合展開だったからだ。

     試合の雰囲気が一変したのは後半14分、ポーランドのヤン・ベドナレク(22、サウサンプトン)の先制ゴールが決まった後だった。0-1で押され予選敗退の可能性が高まった日本が猛攻に転換した。だが、コロンビア-セネガル戦でコロンビアが得点したとの情報が伝えられると、日本は露骨にボールを後方でまわし始めた。後半30分ごろからはほぼ攻撃せず、それを見たポーランドも勝利目前の状況でボールを奪いに出る必要がなかった。観衆のブーイングも極に達し、結局試合終盤は両チームの選手が歩く姿も捉えられながら、そのまま終了ホイッスルが鳴った。

     日本の西野朗監督(63)は「仕方がなかった。次の段階に進むための戦略だ。選手もそういう戦い方はしたくなかっただろうが、こうして成長していくと考える」と説明した。

     だが、アン・ジョンファンMBC解説員は「何がフェアプレーなのか分からない。サッカー人として恥ずかしい」とし、「解説を準備した時間がもったいない」と強く非難した。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000010-wow-socc

    【【W杯】元韓国代表アン・ジョンファン、日本の試合運びに「サッカー人として恥ずかしい」「解説を準備した時間がもったいない」 】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ