まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 芸能

    image


    1: 2018/07/07(土) 14:40:18.97 ID:CAP_USER9
    平均視聴率で好調のテレビ東京に追い上げられるなど、低迷が続いていたフジテレビが変わりつつある。

    この4月に断行した全日の改編率28・2%、ゴールデン29・8%、プライム29・5%という「史上最大の改編」のもと生み出されたドラマや新バラエティーの数々が徐々に追い風を呼びつつある。
    4月クールの長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP」、ディーン・フジオカ主演「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」など視聴率を速報する「スポーツ報知」のweb記事のコメント欄には
    「面白い」「毎回、ハラハラする」など評価する声が書き込まれた。
    しかし、両作品とも最後まで2ケタ視聴率には届かなかった。「コンフィデンスマンJP」がラスト2回9・5%、9・2%と健闘。“惜しい”フィニッシュを迎えたのが、やや目立った程度だった。
    そこで6日、東京・台場の本社で開かれた宮内正喜社長(74)の定例会見で、社長と編成担当の石原隆取締役(57)に、あえて作品名を挙げて聞いてみた。
    「ネット上などでは視聴者の評判が高かった両作品だが、いざ視聴率となると2ケタに届かない。評判と数字の乖離(かいり)の原因を、どのように分析しているのか?」―。
    この質問の前の動向分析で「4月改編も1クール、3か月がたち、私としては一定の評価をしています。3本のドラマも視聴者の評価は高かったと聞いています。
    内容面でも評価をいただいたものが多かった。評価(を得る)まで若干、時間がかかるものもあるが、既存の番組でも評価が上がってきたものがあります」と話していた宮内社長は、
    この質問に「私はまあ、評価してますが…。石原取締役、どうですか?」と並んで座る石原氏に話を振った。
    常に率直に答えてくれる石原氏は「民間の調査会社の満足度のアンケート調査でも高いところにランキングされています。ただ、世帯視聴率という点ではもう一歩というのは、おっしゃる通りなので…。
    録画視聴が多いなどの要因があると思いますが、コンテンツはしっかり届いているという思いはあります。あとはいかにリアルタイム視聴率に移動できる方策を立てたいと思っています」と話した。

    石原氏の言葉通り、同局が生み出すコンテンツは確かに視聴者に“届き始めて”いる。6月20日に放送された「林修のニッポンドリル」が4月スタートの新番組として初となる2ケタ超え10・3%を記録。
    しつこいほどに日大アメフト部問題を追い続ける坂上忍(51)MCの「バイキング」も6月の月間視聴率で5・6%を記録。2014年4月1日の番組開始以来、初めて月間視聴率で横並び2位に浮上。
    トップのTBS系「ひるおび!」に肉薄している。業績面でも、2018年3月期の売上は前期比マイナス7・1%の2606億7700万円も営業利益は11・3%アップの44億8300万円、
    経常利益は同6・4%アップの48億2900万円と共に増益。減収も同局としては6年ぶりの増益を果たしている。
    「楽しくなければテレビじゃない」のキャッチフレーズのもと、82年から93年まで12年連続で視聴率「三冠王」に輝いた栄華も昔話になりつつあった同局だが、
    昨年6月に就任した宮内社長の「とにかく視聴率を上げて業績を回復する」という大号令のもと、社内が変わりつつあるのは確かだ。 
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/column/20180706-OHT1T50225.html

    【フジテレビ社長が豪語「必ず結果は出る!!」…復活への大勝負“3セット改編”が熱い! 】の続きを読む

    001_size6

    1: 2018/07/07(土) 12:38:42.59 ID:HRD9JTka00707
    ラブライブというコンテンツはファンだけじゃなく運営もクズだと分かったから早急に距離をとります。
    今までありがとうございました。
    Nacky_maki_riko (ナッキー)


    公共交通機関死んでるのに開催して返金もしない運営には不信感しかないし
    運営への不信感でラブライブすら嫌いになりかねない。
    ap1_willwill (ふらふら@あんしゅか尊い。)


    ラブライブの運営がAqoursになってから馬鹿すぎてそろそろファンやめようか考えてる
    karen_monaka (かれん@夏バテ)


    他のアーティストは返金受け付けてるのに ラブライブだけはやらないなんてことはないだろう
    そこまでイカれた運営ではないよ…流石に…
    Joker_miyaya (みやや)

    この状況下で強行したらラブライブ運営はファンを人として見なしてないな
    hjesus08 (伝統芸)

    ライブをやるやらないの正解はないけど
    とりあえずラブライブの運営は福岡の被災され方たちへの言葉はありましたか?
    メンバーからもそのような言葉はありましたか?
    LAKvpevpXHWRDru (ルリ)

    【【悲報】糞アニメラブライブさん、大雨災害で混乱の中ライブを敢行し炎上 金儲けを優先でファンも激怒 】の続きを読む

    image

    1: 2018/07/06(金) 14:14:10.66 ID:CAP_USER9
    16年に活動を終了したダンスボーカルユニット・Dream5のリーダーを務めていた重本ことりが現役時代のセフレ相手を告白し、そのファンからクレームが殺到する事態となっている。

    事の発端となったのは、4日深夜に放送されたバラエティ番組『ブラ迷相談部 その悩み!小杉と吉田まで』(東海テレビ)。毎回訪れたゲスト「迷い人」の悩みをブラックマヨネーズの2人(小杉竜一・吉田敬)が聞くという番組だが、その日のゲストとして登場したのが重本。「他人の幸せを妬んでしまう」という悩みを持った重本に、ブラマヨが「彼氏とか作れば幸せになる」と解決法を提示すると、重本は「彼氏ができないんですよ。セフレばっかりできちゃって」と告白。
    その物言いにブラマヨのふたりが戸惑っていると、重本はさらに「私は好きだけど、彼からしたら何人かいるうちのひとりだと思うけど、切られるのが怖くて好きとか付き合ってと言えない。都合のいい女の極みになってしまう」と暴露した。

     また、その相手は「アーティスト」で、ブラマヨの2人も知っているほどの有名人だという。名前を聞かれた重本は、グループ名をハミングで「フンフンフーン」と回答。吉田はピンと来たようにメモを三枚並べて置き、「こういうことでしょ」とそのグループ名が三文字であることが示唆された。

     これに反応したのがDream5と同じくavexに所属し、何度か共演経験もあるAAAのファン。発音や三文字であることがAAAと一致していることから、ネット上で重本の相手がAAAメンバーの一人ではないかという疑惑が浮上したのだ。重本に対し、ネット上には「絶対AAAじゃん。売名行為はやめてほしい」「たとえ事実だったとしてもそんなことを聞きたくない。なんでアイドルだったのにファンの気持ちが分からないの?」といった批判が書き込まれているほか、
    重本自身のツイッターにも「事務所から抜けたら色々言っていいの?何も考えずにあんなこと言ったの最低だね」「もうAAAに関わらないでください。ちゃんと事実話してください」「事実だったとしてもお世話になった方々に迷惑をかけるようなことやファンを不快にさせるようなことは安易に口にしてはいけないと思います」という声が書き込まれ、炎上する事態となっている。これは、一部ファンによる反応であり、重本の言ったアーティストがAAAのメンバーである確証はない。

     その後、重本はファンのツイートに返信する形で「炎上させようと思ったわけではないんです!みなさんどういうことなんですかね!」とツイート。それがさらにファンを逆なでし、さらにバッシングが集まる事態となっているが、6日現在発言に対する釈明などは発表されていない。

    https://twitter.com/kotorishigemoto
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000008-reallive-ent

    【EXILE系の元Dream5重本、“セ〇レ”を赤裸々告白 相手のファンからクレーム殺到で炎上wwww】の続きを読む

    image

    1: 2018/07/06(金) 13:14:26.71 ID:CAP_USER9
    ネット配信中にいたずら119番をしたうえ、救急隊員に暴言を吐いたとして、配信者の男性が偽計業務妨害の疑いで逮捕された。7月5日、『バイキング』(フジテレビ系)が、この事件を取り上げたのだが……。

    逮捕された男性は当時36歳で親と同居していたことから、司会の坂上忍(51)が「36歳、親と同居」と番組で発言し、ネット上では「犯罪と同居は関係ない」と物議を醸したのだ。

    配信者の男性は、“よっさん” というハンドルネームで活動していた。2月17日の配信中、あまりの泥酔ぶりにリスナーから119番され、駆けつけた救急隊に向かって暴言を吐いた。その後、“よっさん” 自身が、再度救急隊を呼びつけたことから、偽計業務妨害の疑いで逮捕された。

    なぜリスナーが “よっさん” の住所を知っていたかというと、「本人がネット上に自身の住民票をアップしていたから」と番組では説明している。

    坂上は、逮捕に至る一部始終のVTRが流れたあと、「36歳、親と同居……」と発言。ゲストの毒蝮三太夫(82)も「友達いないんでしょう。ひとりでインターネットみたいなものを相手にしてるから」と、厳しく非難した。

    この発言を受け、ツイッター上では批判の声が上がっていた。

    《坂上忍さん イイ歳して親と同居って偏見じゃない!?》
    《さすがにこれはイメージの刷り込みやて。犯罪者だからってレッテル張っていいわけやないで》
    《坂上忍っていつも言うけど成人は独立って考え方の人。都会的感覚。私、55歳独身同居、母の介護してます。同居も色々あります》

     坂上といえば、2017年6月9日の同番組で、32歳の息子と同居している荒木由美子に対し、「僕にはさっぱりわからない。息子さんから出て行くべきだと思う」と訴え、話題になった。

    「人は早く自立すべき」と考える坂上の意見に納得する声もあるが、いまは様々な理由があって親と同居している人も多い。そう考えると、今回の坂上の発言は少し軽率だったかもしれない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180705-00010006-flash-ent 

    【坂上忍、 いい年して親と同居はダメ!!発言に非難の声www】の続きを読む

    image

    1: 2018/07/05(木) 12:07:31.82 ID:CAP_USER9
    https://myjitsu.jp/archives/56153 

    7月4日にフジテレビ系列で放送された『ホンマでっか!?TV』の2時間スペシャルにおいて、マツコ・デラックスがゲストの心理学者から「差別発言を受けた」と視聴者から指摘される一幕があった。

    この日の放送では63歳の誕生日を迎えた司会の明石家さんまにプレゼントを送ろうと、俳優の中尾明慶や元サッカー選手の澤穂希氏らゲストが手渡すプレゼントの良さを紹介する番組構成だった。

    心理学者の植木理恵氏は、金魚をプレゼントとして持参。「掃除が大変…」とつぶやくさんまを制し、「金魚を飼うと生活を変えることになる。(認知症などの病気を防ぐために、逆に)生活に面倒なことを取り入れてほしい」などと金魚をプレゼントに選んだ意図を説明した。だが、金魚をプレゼントされたさんまの表情は曇ったままだった。

    さんまの反応が不満だったのか、植木氏は共演者からのプレゼントに“ダメ出し”を始めた。マツコ・デラックスは番組の美術担当に頼んで河田町時代のフジテレビ社屋の特注ジオラマをプレゼント。喜ぶさんまに対して植木氏は「金魚よりもうれしいですか?」と問いかけた。「金魚もうれしいけれども…」と返答に困るさんまに、「マツコさんにはかなわないな…。(ジオラマは)女性にはない発想」と、マツコに嫌味を言った。

    また、植木氏はお笑いコンビ『ガンバレルーヤ』の二人がプレゼントした故郷のぶどう大福に関して「故郷のものをプレゼントすると相手に不自由感を与える」と、喜ぶリアクションをせざるを得ないと暗に批判した。

    金魚をプレゼントした自分を棚に上げて他人を批判する植木氏を、周囲は一様に怖がっていた。一方で、視聴者は植木氏の発言を取り上げて批判する展開となっている。

    《心理を勉強してるのに、根底はマイノリティを軽視しているんだなと、なんか悲しくなった。》
    《自分の選択ミスを性別のせいにするし人のプレゼントにまでケチつけるしこええよ》
    《自分のプレゼントより反応が良かった人に対しての対応酷い》
    《マツコさんにも女性は考えつかない物とか、ガンバレルーヤのよしこのも地元の物出されたらいいって言うしかないから相手に苦痛を与えてますよね。とか。ありえない》

    性的マイノリティーであるマツコに対して、心理学者でありながら配慮がない発言だったとして、ツイッターでは植木氏を批判するツイートが相次いだ。

    【マツコ・デラックスに対し性的に「配慮のない発言」した心理学者に批判 】の続きを読む

    image

    1: 2018/07/05(木) 12:10:26.85 ID:CAP_USER9
    https://www.asagei.com/excerpt/107666 

     7月2日に放送されたバラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」(フジテレビ系)にて、「笑っちゃうほど神対応 イケメン店員3連発」という企画が放送された。その中の1つの体験談が、視聴者の間で物議を醸している。

    「この番組は、身の回りに起きたスカッとした体験談を視聴者から募集し、それをショートドラマとして紹介するバラエティ番組です。今回、番組では花屋のイケメン店員による神対応が紹介されました。そのエピソードは、ある少女が、母親のために花束を買いに訪れたものの、会計の直前、わずかにお金が足りないことが発覚。その際、イケメン店員が、1300円の花束を、1188円(いい母)に割引してあげるという展開でした」(テレビ誌記者)

     この対応にスタジオ出演者のほとんどは、「スカッと」したかを判定する「スカッとボタン」を押して称賛。しかしゲストの指原莉乃は「バイトがそんなことしちゃダメですよ」と正論を唱えた。

     さらに視聴者からも辛辣な意見が殺到したという。

    「100歩譲って、後から自分でお金をレジに入れる描写があればよかったかもしれません。しかし値引きしたことを同僚から尋ねられた際、イケメン店員は『内緒にしといてね。店長に怒られちゃうから』と発言したため、横領の疑いが浮上。すると視聴者からは『店の金を使って本人が気持ち良くなってるだけ。こんなもの神対応じゃない!』『イケメンなら犯罪行為をしても許されるのか!?』『オーナーの許可なく勝手に値引きなんて許されない。よくこんなもの放送したな』と批判が殺到しました」(前出・テレビ誌記者)

     同番組は、実際に起こった体験談を紹介するという内容であるため、今回の行為を称賛することに対し、疑問を持った視聴者が多かったようだ。

    【【フジテレビ】「痛快TVスカッとジャパン」が“犯罪行為”称賛で視聴者から非難殺到wwww】の続きを読む

    image

    1: 2018/06/27(水) 09:04:24.23 ID:CAP_USER9
    未成年女性と飲酒したとして活動自粛中のNEWSの小山慶一郎(34)が、27日に芸能活動を再開することが26日、発表された。 放送プロデューサーでタレント、デーブ・スペクターは小山の活動再開について「早すぎる」と率直な感想を語った。

    その理由について「活動自粛というのは、自宅でおとなしくしていれば良いということではない。大人として上手な遊び方を知らないと、 ストレスがたまったときにまた同じ事を繰り返すと思う」と指摘。「若い女性と飲んでばかりじゃダメだし、今回の活動自粛を利用し、 魅力的な大人と酒を飲むなどして有意義な時間を過ごす方法を学ぶべき」と勧めた。

    さらに、小山については「仕事に対するありがたさが欠けているのでは」とも。「ボクはダジャレが1度スベると仕事を失うという覚悟でやっている」と自身の姿勢をアピールしつつ、「アイドルのNEWSが悪いニュースになったらダメ。遊びもプロフェッショナルを目指すべきだし、今度、ボクと飲みに行こう」と“直接指導”を直訴した。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000007-sanspo-ent

    【【正論】デーブ・スペクター、NEWS小山復帰「早すぎる。同じ事繰り返す」 】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ