まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 家庭

    image

    1: 2018/05/12(土) 10:49:14.06 ID:nqPCzRc+0 BE:194767121-PLT(12001)
    2040年に現在50代の人は70代、40代の人は60代になっているわけだが、その時に働き盛りであるはずの40代・50代=いま20代・30代の「ミレニアル世代」(1980年代から2000年代初頭に生まれた世代)には国を支える力がないと思う。
     
    なぜなら、彼らはバブル崩壊後の「失われた20年」に育った低成長デフレ時代の申し子だからである。 彼らの特徴は、物欲や出世欲があまりなく、内向き・下向きで出不精なことである。一例は、地元のショッピングモール1か所で日々の暮らしを完結させる「イオニスト」や「ららぽーたー」と呼ばれる 若者たちだ。彼らは自宅の半径20km圏内だけで行動し、社会人になっても中学・高校時代の友人や仲間が交友関係の中心で、その人たちにしか関心がない。

    また、ジェイアール東日本企画の「Move実態調査2017」によると、20代の1か月あたりの移動回数は37.3回で70代の40.8回を下回り、20代~70代の全年代中最低だった。20代は高齢世代よりも 外出に消極的で、単純計算では1日あたり1.2回しか移動していないことになる。「家にいるのが好き」と回答した人の割合も20代が26.1%で最も高く、次が30代の25.1%だった。 幼少期からインターネットと携帯端末があり、自宅で時間を過ごすことに慣れているからだと考えられるが、このように低欲望で内向き・下向きで出不精な価値観やライフスタイルのミレニアル 世代は、20年後の日本経済を駆動していくパワーが足りないと思うのだ。
     
    一方、現在の40代・50代はバブル景気を謳歌したり、その余韻に浸っていたりした世代である。すべてが右肩上がりで円高の恩恵もあり、海外旅行や高級ブランド品などを満喫しながら 「それ行けどんどん」でやってきた人たちだ。20年後、60代・70代の彼らがやる気になれば、下の世代がアグレッシブではないだけに、相当活躍できるのではないかと思うのである。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180512/soc1805120008-n1.html

    【今の20~30代には国を支える力が無いwww 】の続きを読む

    image

    1: 2018/05/03(木) 16:18:42.36 ID:CAP_USER9
    「風呂も食べたいもんも我慢する毎日」
     「お金に余裕があれば大きい浴場で思いっきり風呂につかりたい」。

    生活保護を受けている福井県福井市の独身男性(69)は「風呂も食べたいもんも我慢する毎日」を送る。
    国は本年度、生活保護費のうち食費や光熱費などに充てる「生活扶助費」を最大5%引き下げることを決めた。
    2004年の老齢加算廃止に始まり、減り続ける生活保護。
    支援者らは、憲法に明記される「健康で文化的な最低限度の生活」が保障されているとはいえないと訴えている。

    「明日から来なくていいから」。6年前、男性はアルバイトとして働いていたホームセンターから突然告げられた。
    高齢に加え、体調も崩しがちなため再就職もままならず、福井市に相談し生活保護を申請。
    軽乗用車を手放し、家賃5万5千円から2万円余り安いアパートに移った。

    現在の生活扶助費は月約7万円。食事は昼晩の2回でお茶漬けやパンが多いという。
    68キロあった体重は51キロまで落ちた。「ガス代がきつい」ため湯船につかって入浴するのは月1回。後は3日に1回のシャワーで済ませる。

     唯一の嗜好品であるたばこをやめられないこともあるが、貯蓄は簡単ではないという。

    2年ごとのアパート更新時、不動産業者と保証人に支払う計3万5千円のために月千円ずつためるのがやっとだ。
    仮に支給額が数千円でも引き下げられれば、生活は深刻なダメージを受ける。

    進む貧困化

    県地域福祉課によると県内の生活保護受給世帯は、07年度の1862世帯、2323人から16年度は3336世帯、4170人に増加。
    県内でも貧困化が進んでいるとみられ、16年度は県全体の支給額が約66億円に上った。
    生活扶助費の見直しは5年に1度。算定には「水準均衡方式」が使われ、今回は全国で受給世帯の67%が減額対象になる。
    母子世帯などで増額のケースはあるが、65歳以上の単身世帯では減額対象が76%に上る。

    水準均衡方式は下位10%の所得層の消費水準に合わせる手法で、その算定法のあり方を疑問視する声は強い。
    福井弁護士会で人権擁護委員会貧困対策部会長を務める堺啓輔弁護士は「生活保護基準未満の世帯で生活保護を利用しているのは1~2割程度」と述べ、
    本来なら受給できる低所得世帯まで10%に含まれていると指摘。
    下位10%層の消費水準から算定することは、生活扶助基準が際限なく下がることにつながると訴える。

    生活保護世帯にとっては、クーラーや冷蔵庫などありふれた家電の故障も命取りになりかねない。
    県内の貧困問題に取り組む反貧困連絡会の事務局の錦織龍彦さん(58)は
    「国は毎月の給付を蓄えて計画的に買い直しなさいというが、そもそも最低生活費だから難しい。
    さらに支給額が最大5%引き下げられたら不可能に近い」と今回の見直し方針を批判する。

    生活保護費の引き下げは04年から続いている。福井弁護士会によると、
    13年の生活扶助基準見直しでは平均6・5%、最大10%の引き下げがあり、国は予算を670億円カットした。
    今回も160億円を削減すると決まっている。

     堺弁護士は「減額ありきではないか」と決定過程をいぶかしむ。
    基準引き下げは就学援助など他の制度に影響する可能性もあるとし、
    「生きていくぎりぎりの基準をいつの間にか下回ってしまうことになりかねない」と危惧している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00010000-fukui-l18

    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525319624/
    2018/05/03(木) 11:29:19.31

    【【悲報】生活保護の受給者「僕達だって食べたい物を食べる権利がある!!!」 】の続きを読む

    police_tejou

    1: 2018/04/06(金) 11:19:13.45 ID:CAP_USER9
    路上で女性に抱き付いてけがをさせたとして、警視庁世田谷署は6日までに、強制わいせつ致傷容疑で俳優の青木玄徳容疑者(30)=東京都世田谷区世田谷=を逮捕した。容疑を認めているという。
     
    青木容疑者はテレビドラマ「仮面ライダー鎧武(ガイム)」で「仮面ライダーデューク」に変身する青年役を演じるなど、多くの映画やドラマに出演していた。 
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040600489&g=soc

    【【憧れのヒーローが..】「仮面ライダー」が強制わいせつ致傷容疑....... 】の続きを読む

    image

    1: 2018/03/19(月) 00:03:43.79 ID:CAP_USER9
    17日放送の「世界ふしぎ大冒険!」(TBS系)でタレント・竹内海南江(かなえ)が、ミステリーハンター(取材リポーター)を30年以上務める同局の「世界ふしぎ発見!」へ愚痴をこぼした。

    番組では、TBSが60年間で取材した貴重映像から、厳選したものを一挙紹介。その中で、2007年に放送した「ふしぎ発見!」で、南アメリカ大陸北部のギアナ高地に存在する滝「エンジェルフォール」の真下を竹内がリポートするVTRが放送された。

    VTR後、竹内は当時の仕事の舞台裏を明かした。「エンジェルフォール」は観光地ではなく、ちゃんとした徒歩のルートもなかったため、目的地まで「どこをどう歩いていったらいいか分からない」ような状態だったという。しかし、ヘリが迎えに来る時間は決まっているため、「私、何やってんだろ…」と首をかしげながら何とかロケを完遂したとのこと。

    竹内は続いて、「『ふしぎ発見!』ってすごい苦労してても、全部(編集で)切っちゃうんですよ!」「1週間かけて行ったところ、(VTRでは)30秒で終わってる」「あの滝のところも50mもないんですけど、片道2時間半以上かかる」などと、「ふしぎ発見!」のロケ事情を明かしていた。

    ゲストの南海キャンディーズ・山里亮太が「むちゃくちゃ愚痴るじゃないですか!」とツッコミを入れると、竹内は「そうでしょ!」と声を上げていた。

    竹内は「ふしぎ発見!」のミステリーハンターとして、1987年22歳でデビュー。30年以上経った53歳の現在も世界を飛び回り続けている。 
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14450218/

    【<世界ふしぎ発見!>ミステリーハンターの竹内海南江が愚痴連発wwwww】の続きを読む

    hansei_koukai_man

    1: 2018/03/19(月) 10:10:10.26 ID:CAP_USER9
    1日も休まず通学した子どもに与えられる“皆勤賞”。学校によって数回の遅刻はOKだったり、遅刻・早退を1度でもしたらアウトだったりと差はありますが、基本的には欠席がゼロであることが条件のよう。ネット上ではそんな皆勤賞をめぐり、今までさまざまな議論が起きています。

    ■皆勤賞はなくした方がいい?

    先日も、『休まないのが偉い』という価値観を子どもの時から植え付けるのはいかがなものか? という問題提起に対し、賛否両論が飛び交いました。「必要に応じて休むこと、休むことに罪悪感を感じないこと」を子どものうちから教えるべきだという主張に対し、「同意見! 休まないから偉いというわけじゃないですよね」「無理して不登校になるより休んだ方がいい場合もある」といった賛同の声が相次ぎました。

    一方では「ずっと休まず通学したら単純にすごいじゃん。何でほめちゃダメなの?」「皆勤賞があることと、休み=悪という認識があることは完全に別問題」といった意見も見られ、アメリカやイギリスなど、皆勤賞がある国でも同様の議論がされています。

    学校によっても対応はさまざまで、皆勤賞を設けている学校とそうでない学校があります。例えば「聖徳大学付属小学校」の校長先生は、皆勤賞を「あくまでも結果としての無欠席を認めるご褒美賞」としつつも、努力した子どもをすばらしいと認めているそう。

    逆に皆勤賞を設置していないのは島根県出雲市。市の公式サイトによると、皆勤賞のために怪我や病気を無理して学校へ行き、健康に影響を及ぼすことが考えられるからとのことです。

    ■親に感謝するきっかけになる?

    では、皆勤賞をとったことがある人たちの意見はどのようなものなのでしょうか? ネットでは「健康に育ててくれた親のおかげ」「皆勤という形で授業料を払ってくれてる親にお返しができたから満足」といった声もあり、大人になってから親に感謝するきっかけになった人もいるようです。

    しかし出雲市が懸念しているように「熱が出たけど皆勤賞のために学校へ行った」「お腹が痛くても通学して保健室で寝てたことがある…」「風邪ぐらいで休むな!って親に無理矢理出された」といった例も多数報告されていました。

    このように、皆勤賞は功罪相半ばするので簡単には結論が出ない問題ではありますが、みなさんはどう思われますか?(レタスクラブニュース) 
    http://news.livedoor.com/article/detail/14451253/


    【【学校】「休む=悪」だとすり込まれる......】の続きを読む

    1: 2018/03/06(火) 14:26:01.08 ID:CAP_USER9
    youchien_sanpo

    毎日新聞に2月下旬掲載された、保育士の妻を持つ男性の投書が物議を醸している。女性の職場では園長から、結婚・妊娠の順番が決められているという。女性はその順番を破って妊娠したため、男性と一緒に園長に「子どもができてすみません」と謝りに行ったというのだ。

    女性はその後も職場で嫌味を言われるなど、辛い状況が続いているという。ネットでは投書を読んだ人から「闇過ぎる」「謝罪しなければならないこと自体おかしい」と批判が上がっているが、一方で

    「うちのとこも毎年二人までってのが決まってて年度末に希望を伝える方式」
    「私の友達も職場で産休の順番待ちしてるよ」

    と、似たような状況を明かす人も多い。実際に、保育士の労働環境改善に取り組む団体の関係者に話を聞くと、「妊娠可能性のある人を考慮してクラス編成することはある」と言う。

    ■妊娠希望の保育士に申告してもらい、配置で考慮するのはよくあること

    おめでたい話を素直に喜べないのは悲しいことです

    「保育園では、パートの補助職員らと共に、1人の担任が年度を通してクラスに責任を持ちます。担任が年度途中で妊娠・産休に入ると代替要員を確保しなければなりませんが、人材不足や国の定める配置基準の関係上、要員の確保が難しいのが実態です。そのため、職員配置を考える上で『今年はこの人が妊娠の時期だよね』と考慮することはよくあります」

    園によっては、妊娠を希望する場合は園長に事前申告するよう求め、クラス編成時に考慮するところもあるそうだ。女性の正規職員が多い、学校や病院でも似たようなことが行われているという。

    産休取得後に職員が復帰することを考えると、運営側としては有期職員を雇って穴を埋めるのが最善だろう。しかし、ただでさえ保育士の待遇が良くない中、正規職員より賃金が安く雇用期間も短い有期職員は、募集しても人が集まらないのが現状だ。

    ■「園長のやっていることはパワハラ・マタハラ」

    一方で、投書で言われたような「妊娠輪番制」は一般的でなく、職場の運営方針に問題があるとも指摘する。

    「謝罪が他の保育士の見せしめにもなっています。保育士が園長に『妊娠したことは変えられないんだし、みんなで力を合わせて頑張りましょうよ』と言える雰囲気ではないんでしょう。職員を尊重していない園運営をしているんだと思います。園長のやっていることはパワハラ、マタハラです」

    3月5日の毎日新聞には、男性の投書を読んだ女性から「つらい思いが続くようなら、奥様が現在の職場を辞められることをお勧めしたいです。もっと働きやすい環境の職場を探すのもよいかと思うのです」というアドバイスも寄せられていた。取材に答えた関係者は

    「保育士を取り巻く問題には、妊娠出産のしにくさ、有給休暇の取りにくさ、実質的な休憩時間のなさなどもあります。国は、休暇対応の要員を保育園に十分置けるよう、配置基準を改善してほしいと思います」 と話していた。 
    https://news.careerconnection.jp/?p=51077

    【【超絶パワハラ!?】「妊娠の順番を破ってすみません....」とんでもない物議を醸す!】の続きを読む

    1: 2018/02/25(日) 23:57:47.51 ID:CAP_USER9
    image

    「国語が苦手だといじめっ子になりやすい」
    2月21日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏がいじめっ子になりやすい人の特徴について語った。

    まず、尾木氏は「イギリスのバース大学での研究なんですけど、7歳の子どもたちを対象に学校での成績を見てみたら、薬指が長い生徒は数学が得意、人差し指が長い子は国語の成績が良い」という研究結果を口にする。
    続けて、「薬指の長い女性は、陸上競技とかテニスとか走る系統が強いということがわかりました。また、薬指の長い男性は、性格的に暴力性が高い」と薬指が長い人は活発な傾向があると紹介。

    また、尾木氏は「国語が苦手な人は、実践的なデータを見ても、圧倒的にいじめっ子になりやすいんです。こちらがどれだけ説明しても、被害者の気持ちになることができない。
    こういう子は国語の作文能力とか作者の気持ちを読み取る読解能力とか、そういう能力がものすごく下手なんです。
    100%じゃないですけど、非常にその可能性が高い」と国語力は他者への共感力と捉えることができ、その能力が低い人はいじめを起こす傾向が高いと説明した。

    ネット上では「尾木ママの意見当たってる気がする」「国語が苦手だといじめっ子になりやすいはなんか納得」「なるほど。相手の気持ちが理解出来ないからこそいじめっ子になるのか」と尾木氏に共感する声が多く寄せられた。
    文部科学省の調査では、平成28年度の小中学校、高校、特別支援学校のいじめの認知件数は32万3,808件で、前年度(平成27年度)より9万8,676件増加し、過去最多となった。

    尾木氏の語った内容を考えれば、薬指の長さといじめのしやすさにも相関がありそうだ。
    増え続けるいじめを少しでも抑制するために、学校側は生徒の指の長さも把握する必要があるかもしれない。

    https://npn.co.jp/article/detail/29715151/ 

    【尾木ママ「人差し指の短い子は他者への共感力が低く“いじめっ子”になりやすい。薬指の長い男子は暴力性が高い」!?】の続きを読む

    1: 2018/02/25(日) 14:36:51.79 ID:CAP_USER9
    kaigo_family

    50歳までに一度も結婚したことがない人の割合を示す「生涯未婚率」が上昇しています。少なくない割合の男女が「結婚しない社会」では、親の死をきっかけとする「親ロス」がうつ病につながる可能性も心配されています。大阪大招へい教授で中高年のメンタルケア、うつ病治療、男性更年期に詳しい石蔵文信医師が解説します。【毎日新聞医療プレミア】 

    (中略)

    ◇50歳以上の男性の4人に1人が独身に

    50歳までに一度も結婚したことがない人の割合を示す「生涯未婚率」は年々上昇している。国立社会保障・人口問題研究所によると、2015年は男性23%、女性14%だった。50歳以上の男性のおよそ4人に1人、女性の7人に1人が「結婚せず」という社会が訪れたのだ。もちろん意識して結婚を選ばなかった人、事実婚の人、1人で暮らすことを選んだ人など、生き方はさまざまあっただろう。

    その中で、結婚したくてもできず、親と暮らし続けてきた人が、親の死で1人取り残された時、その喪失感がうつ病につながる可能性は否定できない。社会には今、家族やコミュニティーから切り離され、1人で生きる人がたくさんいる。

    男性であっても女性であっても、今後1人で生きていくなら、そしてもし、親がまだ生きているなら、今からでも遅くない。職場や地域、趣味の集まりで友人や知人を増やすなどの「親ロス」対策をしておいた方がいい。1人で生きるには、残りの人生はあまりに長いから。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000014-mai-soci

    【【孤独】「親ロス」今から対策を!!! 親の死で訪れる「独りぼっち」の喪失感 】の続きを読む

    1: 2018/02/22(木) 17:00:01.06 ID:CAP_USER9
    main

    タレントの神田うのが22日、自身のInstagramで、女優の伊東美咲、菅野美穂らと写る、豪華な“ママ友会”ショットを公開し、反響を呼んでいる。

    「ママ友親子ランチ会」というコメントを添えて、神田がお披露目したのは、神田と伊東、菅野、そしてモデルの角田ともみが並んだ写真。ハッシュタグによると、ママ同士で楽しく子育てについて話したり、情報交換をしたりと充実した時間を過ごしたよう。

    ファンからは「み~~~んな綺麗」「素敵なママ達」「素敵過ぎて眩しいメンバー」というコメントのほか、「なんて、豪華なメンツ」「番組できそうなくらい豪華ですね」 と豪華すぎる顔ぶれに驚く声が上がっている。(山田貴子)

    https://m.cinematoday.jp/news/N0098626
    https://img.cinematoday.jp/a/N0098626/_size_640x/_v_1519285087/main.jpg

    【【女の意地の張り合い】伊東美咲、菅野美穂…豪華すぎるママ友ショットを公開するが...】の続きを読む

    1: 2017/11/26(日) 17:40:47.88 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/13942522/

    全国に住む20歳以上を対象とした調査によると、40代を中心に1人で鍋料理を楽しんでいる人が増えつつあることが分かった。 

    ■今年の鍋料理の出足は遅め
    アサヒグループホールディングスのお客様生活文化研究所が運営する情報発信型ウェブサイト「青山ハッピー研究所」(愛称:ハピ研)は22日、鍋料理をテーマに全国に住む20歳以上の男女602人を対象とした調査結果を発表した。

    これによると、調査対象期間(11月15~21日)までの今冬に、もう鍋料理を食べたと答えた人は72.8%。昨年同時期の調査結果(75.0%)と比較して、やや少なかったことから、「全国的に本格的な冷え込みが遅かったせいか、鍋物需要の伸びがやや鈍い」と分析している。

    また鍋物の頻度では、週1回程度(30.6%)、月2~3回程度(26.1%)、週2~3回程度(24.6%)の順だったが、ほとんど食べない(6.7%)人や、ほぼ毎日(1.2%)との回答もあった。


    【【鍋が有能過ぎる件】1人鍋を楽しむ人が増加、今冬は7人に1人が経験】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ