まとめのぶろぐる

    カテゴリ: 飲食

    1: 2018/04/10(火) 16:56:20.76 ID:CAP_USER9
    毎日6時間以上かけて作るスープが自慢のラーメンを提供する大西文雄社長=青森市古川1丁目の「味の札幌 大西」
    no title


    毎日6時間以上かけて作るスープが自慢のラーメンを提供する大西文雄社長=青森市古川1丁目の「味の札幌 大西」

    「スープは飲み干さず、ラーメンを食べる日は野菜を食べるなど工夫して」
    人気商品「味噌(みそ)カレー牛乳ラーメン」を目当てに県内外の客が訪れる青森市の「味の札幌 大西」。昨年12月、青森県によるラーメンの塩分測定に協力した大西文雄社長はテレビカメラに向かって呼びかけた。

    県がラーメン店やうどん、そば店の塩分量のチェックに乗り出したのは、麺類のスープを飲み干すことが多い県民に、どれだけの塩分が含まれているかを知ったうえで摂取量を減らしてもらうのが狙い。大西社長はこの調査を受け入れ、調査時の取材にも応じた。

    直後に開かれたあおもりラーメン協会の総会。会長を務める大西社長は、会員から「なんであんなこと言うんだ」と責められた。ラーメンが悪者になってしまうというわけだ。

    大西社長自身も、「スープは残して」とは言いたくないのが、偽らざる本音だ。自ら毎日午前2時から6時間以上かけて仕上げている自慢のスープだ。「本当は飲み干してくれた方がうれしいに決まっている」
    https://www.asahi.com/articles/ASL3R362SL3RUBNB006.html

    【【悲報】短命県の人気ラーメン屋の店主「ラーメンのスープ残して…」】の続きを読む

    1: 2018/04/10(火) 12:43:54.06 ID:CAP_USER9
    「世界一辛い」トウガラシを食べた男性の脳血管に狭窄が見つかった
    no title


    (CNN) 米ニューヨークで開かれたトウガラシの大食い大会で、世界一辛いといわれる「キャロライナ・リーパー」というトウガラシを食べた挑戦者の男性が、直後に激しい頭痛を訴えて病院に運ばれた。神経科の専門医が9日の医学誌BMJに発表した症例報告で明らかにした。

    患者は34歳の男性で、頭と首の激しい痛みを訴えて病院の集中治療室に運ばれた。大会でキャロライナ・リーパーを食べた直後に後頭部に激痛が走り、頸部から頭部にかけてたちまち痛みが広がったという。

    病院で検査した結果、脳出血や脳梗塞は起きていないことが判明。しかしCT血管造影を使って脳内の血管を調べたところ、左側の内頸(ないけい)動脈など脳につながる4本の血管に大きな狭窄(きょうさく)が見つかり、トウガラシが原因と思われる可逆性脳血管攣縮(れんしゅく)症候群(RCVS)と診断された。

    専門家によると、RCVSは雷に打たれたような激しい頭痛を伴う疾患で、大抵は数日から数週間で回復するが、重症化すると命にかかわることもある。通常はトウガラシではなく、頭痛薬などの医薬品やコカインなどの違法薬物が関係する。

    トウガラシに多く含まれるカプサイシンという化学物質は、身体の特定部位の血管を狭窄させる作用があることが分かっており、局所医薬品にも少量が使われる。

    しかしトウガラシがRCVSを引き起こした症例の報告は今回が初めてだという。キャロライナ・リーパーの辛さはハラペーニョの400倍以上といわれている。

    男性は治療を受けて快方へ向かい、数日後に退院した。5週間後の検査では、血管狭窄の症状は解消されていたという。 
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35117471.html

    【世界一辛いトウガラシ(キャロライナ・リーパー)を食べて34歳男性が病院送りにwwwww】の続きを読む

    1: 2018/04/04(水) 13:48:33.75 ID:MkjMnR+t0 BE:844481327-PLT(12345)
    沖縄ファミリーマート(那覇市、野﨑真人社長)がコンビニ店内で焼きたてのピザを販売し、人気を集めている。 250℃で予熱した専用オーブンで、注文を受けてから約1分半で焼き上げるピザは、外はサクッと中はもっちりだ。
    昨年10月スタート、2月末までに10店舗で提供。 今後はリニューアルを含めた新店舗での導入を進め、18年度で30~40店舗まで広げる見通しだ。

    同社商品部デリカ・食品課課長代理の稲福直哉さんは「フライドチキンとファミカフェにつぐ、沖縄から全国に発展するサービスにしたい」と意気込む。

    沖縄ファミリーマートは、フライドチキンと挽きたてコーヒーのファミカフェを県内でヒットさせて、全国展開へと成長させた「実績」がある。 専門店でしか味わえなかった本格的な商品を、低料金で気軽に1本・1杯から購入できる仕組みが購買者の心をつかんだ。 稲福さんは「新しい商品、新しい販売方法に挑戦を続ける沖縄ファミマの精神がヒットを生んだ」と振り返る。

    実は焼きたてピザは昨年、東京の一部店舗でお試し販売したが、反応はいまいちだった。 プロジェクトの継続は困難にみえたがファミリーマート本部は、チキンやコロッケなどファストフード(FF)の売り上げが高く、フライドチキンで実績のある沖縄ファミリーマートに期待を寄せて相談した。

    焼きたてピザのブームを生み出せるか―。
    沖縄ファミリーマートは、好調なFF売り上げやアメリカの影響でピザが身近にある沖縄の食文化を検討し、商品化への挑戦を決めた。
    ただ、稲福さんはそれだけじゃないと笑う。「何よりも、いつでも焼きたてのピザが食べられるコンビニっておもしろいでしょう。コンビニには驚きが必要なんです」

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/216083
    no title

    no title

    http://oki.ismcdn.jp/mwimgs/1/d/350/img_1d5928810b73cf5f22130f65f72af29e78678.jpg

    【【鬼畜】ファミマさん、今度は定員にピザを焼かすことを決定wwwwww】の続きを読む

    1: 2018/04/01(日) 11:17:15.43 ID:CAP_USER9
    INA99_saifuaketara1en_TP_V

    4月から、わたしたちの食卓になじみのある、さまざまな食品が値上がりする。

    サントリー、キリン、サッポロは、3月のアサヒビールの値上げに続いて、瓶ビールやたる詰めの業務用ビールの価格を、4月1日から引き上げる。 また、「おかめ納豆」は、27年ぶりに出荷価格が最大で20%上がる。一方、「明治ブルガリアヨーグルト」は、希望小売価格を10円下げて、容量を50グラム減らす。

    亀田製菓も、「ハッピーターン」、「ぽたぽた焼」など、6商品について、価格を据え置きながら容量を減らし、これらは実質的な値上げとなる。

    さらに、松屋でも「牛めし」並盛が30円値上げされるなど、一部のメニューで価格が変わる。

    あらためて整理すると、値上げとなるのは、業務用ビールにワイン、そして27年ぶりの値上げとなった納豆など、わたしたちの生活に関わるものばかり。 値上げの原因だが、大きく分けて、原材料費、人件費、そして物流費の上昇が挙げられる。 このうち、人件費と物流費については、「人手不足」が大きな影を落としている。

    商品をトラックで運ぶ際、運転手不足が物流コストを押し上げる。 そして、企業にとっては、人手不足がパート代やアルバイト代にも重くのしかかっている。 このダブルパンチに企業が耐えかねて、価格に転嫁されるという構図となっている。

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00388563.html 

    【【消費したら負けの時代】亀田製菓、松屋が攻勢にでるwwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/28(水) 19:21:30.76 ID:VIGcPA2T0● BE:472367308-PLT(16000)
    人気ラーメン店として絶大な支持を得ている「ラーメン二郎」だが、独特なトッピングの注文方法が人気の秘密となっている。ヤサイ、ニンニク、カラメ(醤油)、アブラなどを増減できるトッピングだが、実はこれ、客が勝手に作ったルールであり、ラーメン二郎が決めたことではなかったのである。

    ・昔の注文方法は非常にシンプル
    ラーメン二郎のトッピングについて「お店が決めたルールでも何でもない」と語るのは、ラーメン二郎目黒店の店主、若林克哉氏。昔の注文方法は非常にシンプルで、大か小か、豚(チャーシュー)やニンニクをいれるかどうかぐらいしか聞いていなかったという。

    ・ワガママを言う客が出現
    しかしながら、客の一部が「ヤサイ増しにしてくれ」「アブラ多めにして」「濃くして」などとワガママを言うようになり、いつしかヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラなどのトッピングがルール化し、さらにマシやマシマシなどの大盛りオーダーも生まれたようである。

    ・客のオーダー方法が一人歩き
    店主によると、その一部客のオーダー方法が一人歩きし、呪文のようなオーダー方法になったというのである。ある意味、トッピングのオーダー方法が呪文のようであるからこそ、ラーメン二郎に行きにくいという人もいるのは確かだが、その呪文が魅力となっているのも事実。 
    http://buzz-plus.com/article/2018/03/28/ramen-jiro-mashimashi/
    no title

    http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2018/03/ramen-jiro-otakibashi3.jpg
    http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2018/03/ramen-jiro-niigata10.jpg

    【ラーメン二郎の「マシマシコール」は〇〇が作ったルールだった...】の続きを読む

    1: 2018/03/13(火) 13:49:12.77 ID:CAP_USER9
    no title


    俳優の速水もこみちさん(33)が「MOCO’Sキッチン」で、またも家庭では見かけない調味料を使い、話題になっている。

    もこみちさんは、3月12日放送の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)の同コーナーで「もこみち流 シラウオのフリッターパスタ」を調理した。ママ友と自宅ランチをする38歳女性から「皆さんに喜んでもらえる春パスタを教えてください」というリクエストに応えたものだ。

    「シンプルだけどボッタルガの風味が楽しめる春パスタになったんじゃないかな」

    冒頭からパスタを茹でるときに「今日はオイルパスタになるので、ちょっとオイルをかけてあげます」と鍋にオリーブオイルを投入。

    その間にシラウオに小麦粉をまぶし、油で揚げる。ポイントは食感が良くなるようカリッと揚げることだという。次にフライパンにたっぷりのオイルを注ぎ、にんにくとズッキーニを炒める。茹で上がったパスタをフライパンに移し、塩とこしょうで味をつける。

    ここまでは油っ気こそ多いが、比較的入手しやすい食材が使用されている。しかしアクセントに”ボッタルガパウダー”が必要になってくる。フライパンでパスタを炒めながらパウダー投入。パスタとシラウオを皿に移した後も、仕上げとしてボッタルガパウダーをかける。最後にイタリアンパセリを飾り、完成。もこみちさんはこのパスタについて、

    「シンプルなパスタなんですけど、ボッタルガの風味やシラウオの食感を楽しめる春パスタになったんじゃないかなと思います。みなさんもよかったら是非作ってみてください」

    とコメントしている。

    過去にはヌックマム、バナナの葉、スイスチャードなどを使った料理も

    番組内では言及されていないが、”ボッタルガパウダー”とはボラやマグロなどの卵を塩漬けにしたもので、日本でいうからすみのこと。カルディコーヒーによると「海の香りと丸みのある塩気、ほんの少しのほろ苦さ」が特徴だという。

    アマゾンや楽天市場などでは100グラム2500円程度で売っているが、自宅に常備しているという人は多くはないだろう。そのためツイッターでは、

    「もこみち今日も大体の家庭にない調味料でパスタ仕上げてた」
    「もこみちがパスタにまぜてたゾンビパウダーみたいなやつの名前がおもいだせない」
    「庶民には縁のないパスタをありがとうございます!!!!」

    などの声が寄せられている。もこみちさんは過去にも、ベトナムの魚醤・ヌックマムを使った「鶏手羽のヌックマム風味揚げ」、バナナの葉を使った「シンガポール チリチキンサラダ」、ビートの一種であるスイスチャードを使った「ワカモレサラダ」など、一般的なスーパーでは手に入りづらい食材・調味料を使っての料理を作っている。もこみちさんには今後もこの路線を貫き通してもらいたいところだ。

    2018.3.12
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=51376

    【速水もこみち、パスタにまたも”謎調味料”でネット民困惑させるwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/13(火) 13:25:48.48 ID:CAP_USER9
    no title


    回転寿司チェーン「無添くら寿司」が、ついにファミレスの定番メニューに挑戦。初の洋食メニュー「カルボナーラ スパらッティ」「イタリアンチーズハンバーグ」「チョコとマスカルポーネのパフェ」をイタリアンシリーズとして全国の店舗で3月16日に発売する。

    「カルボナーラ スパらッティ」は、本格イタリアンの味わいと、くら寿司らしい和のテイストが合わさったイタリアン。北海道産生クリームをベースにしたカルボナーラソースには、クリーミーでさっぱりした味わいの「ゴーダチーズ」、旨みが凝縮された「パルメザンチーズ」、酸味が控え目で爽やかな風味の「マスカルポーネチーズ」の3種を使用。フランス産のワインを加え、濃厚ながらもさっぱりとした後味に整えている。さらに、くら寿司こだわりの“7種の魚介出汁”を合わせることで、魚介の濃厚な旨みが加わり、最後の一口まで楽しめるスープに仕上げている。また、トッピングの温泉卵を入れると、卵の黄身とスープが麺に絡み合うまろやかな味わいに変化する。くら寿司の「らーめん」にも使用している特製の極太ストレート麺とスープとの相性を楽しむことができる。

    「イタリアンチーズハンバーグ」は、牛肉と豚肉の合挽き肉を使用。ハンバーグの中には、チェダーチーズ、ゴーダチーズ、モッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラチーズ、カマンベールチーズの5種類が贅沢に包まれている。溢れる肉汁とトマトソースとの相性は抜群で、風味豊かなチーズの味わいをしっかりと感じられる専門店にも負けない一品に仕上がっているという。

    「チョコとマスカルポーネのパフェ」は、チョコプリン、マスカルポーネクリーム、チョコレートアイスにチョコレートソースを重ねたオリジナルパフェ。マスカルポーネクリームは、ほかの素材を邪魔しないよう、あっさりと爽やかな味わいに仕上がっている。チョコアイスは、ガーナ産カカオ豆100%のココアを使用し甘すぎず苦みを抑えており、マスカルポーネクリームとの相性が抜群。ジャマイカ産の本格ダークラム酒を香り付けに使用した濃厚なチョコプリンの芳醇な香りも楽しむことができる。

    2018年3月13日 12時0分
    BIGLOBEニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/14425655/

    【くら寿司,ついに初の本格イタリアンに挑戦wwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/10(土) 22:57:00.83 ID:CAP_USER9
    no title

    3月3日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)に、アンジャッシュの渡部建(45)が出演。「信じられないぐらいうまい」というパスタを紹介し、
    MCを務めるチュートリアルの徳井義実(42)らをうならせた。

     年間500軒以上もの美味しいお店を食べ歩く、“芸能界のグルメ王”と呼ばれる渡部は登場するや、「今回紹介するのは、
    ほぼ全店、全国ネットの番組に出てない。絶対、今年は入れなくなるような人気が出る店です」と断言。「すげえ気合い入れました。
    絶対(番組の)スタッフに勝ってやろうって思って」と意気込みを語った。

     そして、渡部が“グルメサイト投稿禁止のアレ!”として紹介したのは、東京都品川区戸越銀座商店街にある
    イタリアンレストラン「ピッツェリア恭子」。2017年1月にオープンし、日本国内の名店や本場ナポリで修行してきた奥さんがピザを、
    旦那さんが肉料理とパスタを担当している。この店で渡部が「信じられないぐらいうまい」と興奮して語る一品は、
    “カチョエペペ”という名のパスタ。麺は、有名ラーメン店でよく使われている浅草開化楼のもので、
    その麺とペコリーノロマーノという羊のチーズを混ぜて、コショウをかけただけというシンプルなもの。

     しかも調理方法はチーズに少量の麺の茹で汁を入れ、茹でた麺と混ぜるだけ。しかし渡部はこれについて
    「ちょっとお時間もらっていいですか。俺のこと嫌いになってもいいんで」と前置きして、「つまり、“乳化”っていう作業なんです」と、
    本来は交わらない水分と油分を混ぜ合わせる“乳化”作業の絶妙な加減、かき混ぜる適正なスピードと回転によって、
    最高の味が生まれるのだと熱弁した。

     さらに、渡部は「チーズとコショウだけのパスタなんだけど、口に入れたときの喜び、モチっと感、小麦の香り。そこにペッパー、
    チーズの香り、もう完璧パーフェクト!」と絶賛。食べたときに人生で初めて「ドンピシャ!」という言葉を発してしまったと、
    その感動を振り返っていた。

    「渡部は店を紹介する中で、これからは客が店を選ぶのではなく、“店がお客様を選ぶ時代”だと語っていました。
    ツイッターでは渡部の考え方に共感するコメントがあった反面、“店の人に媚びすぎでは?”などと、
    実際に店へ行ったことがある人たちから疑問の声もあがっていました」(グルメライター)――グルメもいろいろ大変!


    日刊大衆
    https://taishu.jp/detail/32161/

    【【食べログ芸人】アンジャッシュ渡部建が絶賛の超絶品パスタ!!!】の続きを読む

    1: 2018/03/08(木) 12:43:34.30 ID:CAP_USER9
    image

    定食店チェーン「大戸屋」の客離れが止まらない。既存店客数は3年連続で前年割れ、営業利益も過去5年で最低に落ち込んでいる。 店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏は、「売りである『店内調理』がコスト増を招き、メニューには割高感がある。このままでは深刻なレベルでの客離れが起きかねない」と分析する――。

    ■営業利益は直近5年で最低額を更新
    定食店チェーン「大戸屋ごはん処」を運営する大戸屋ホールディングスの“儲ける力”が弱まっている。 2月9日に発表された2018年3月期第3四半期(17年4~12月)の連結決算は、純利益が前年同期比64.7%減の6800万円となった。
    売上高は前年同期比2.8%増の197億円、営業利益は19.3%減の4億900万円だった。

    純利益の大幅な減少には、実質的な創業者である三森久実氏(15年7月逝去)に対して、創業者功労金2億円を支払ったことが大きく影響している。したがってこれは一時的な要素が強く、純利益の減少は致し方ないといえる。 より重要視すべきは、本業の儲けを示す営業利益の減少のほうだろう。第3四半期ベースで、直近5年では最低額となってしまった。売上高に占める営業利益の割合も2.1%と、同期間では同じく最低となっている。食材費や人件費が上昇し、営業利益をむしばんだ。

    ■もっとも多いのは「800円台」のメニュー
    こうした状況を受け、大戸屋は通期の業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回発表から3.7%少ない260億円(前年比1.5%増)、営業利益は34.9%少ない5億6000万円(前年比21.0%減)とした。

    集客力も弱まっている。17年3月期の既存店客数は前年同期比2.4%減だった。16年は3.5%減、15年は1.3%減で、3年連続で前年割れを起こしている。17年4月~18年1月は0.8%減となっており、前年割れは4年連続になる可能性もある。

    客離れの背景には、価格の高さがある。現在、大戸屋の定食でもっともメニュー数が多い価格帯は800円台だ。 外食チェーンの中では高い部類に属する。同じ定食チェーンの「やよい軒」が700円台であることと比較してみると、大戸屋の高さのほどがわかるだろう。

    もちろん、価格に見合ったおいしさがあれば問題はない。
    大戸屋はセントラルキッチン(複数店舗分の大量の料理をまとめて製造する施設)を持たず、基本的に店内で加工・調理する。 手間と時間がかかるが、その分おいしさは増す。そういった点を評価し、現在の価格でも満足している人は当然いる。 ただ、客数の減少を鑑みると、そのように捉えている人が減り、「おいしいけれど価格が高い」と考える人が増えているのではないか。

    01年頃、大戸屋の定食の主要価格帯は600円台だった。そこから値上げや高価格メニューの投入を順次行った結果、 既存店客単価は上昇し続けている。また、近年において1000~1500円の高価格定食を投入したため、「大戸屋は高い」という印象が広まった感は否めない。 
    http://news.livedoor.com/article/detail/14402492/

    【【深刻な客離れ】みんなが「大戸屋」へ行かなくなった理由は??】の続きを読む

    1: 2018/02/19(月) 14:13:28.59 ID:CAP_USER9
    hair_tokoya_hage

    フライドポテトを調理する際に使われる化学物質が、毛髪の減少食い止めに役立つ可能性があるとの研究が発表されたが、研究者らは、フライドポテトを食べれば薄毛が治るわけではないと警告した。

    今月、学術誌「バイオマテリアル」に発表された横浜国立大学理工学部化学・生命系学科の福田淳二教授らの研究チームの研究では、毛を作る「毛包原基(HFG)」の大量作成に、「ジメチルポリシロキサン」という化学物質を培養器に使って成功した。

    この発表を受け、「ジメチルポリシロキサン」がフライドポテトの調理の際使われているという報道がされたため、研究チームには、薄毛治療にはどの位フライドポテトを食べればいいのかといった質問が多く寄せられたという。

    福田教授はロイターに「どんなにフライドポテトを食べても、毛は増えません。ネット上で拡散してしまった完全な誤解です」と語った。

    同チームは、毛髪再生医薬品の研究者らからも、多くの問い合わせを受けているという。 
    https://jp.reuters.com/article/friedpotate-idJPKCN1G30BE 

    【マクドナルドのフライドポテトは禿には効かなかった.....】の続きを読む
         
         

    このページのトップヘ