まとめのぶろぐる

    2018年06月

    chikan_hannin

    1: 2018/06/30(土) 07:26:08.07 ID:CAP_USER9
     ■「男性専用車両」求めるのは男女どちら? 各種調査から見えた事実

    鉄道各線では近年、痴漢被害防止等の目的で、「女性専用車両」が続々と設置されている。
    その一方で、男性の立場からは「無実でも疑われて捕まってしまうのではないか」との懸念から、「男性専用車両」の設置を求める声が上がっている。

    法律はじめ専門家への相談窓口サービスを手掛ける「日本法規情報」が実施した調査によれば、「男性専用車両」の賛成派は6割以上に上るとのこと。
    さらに、格安スマートフォン(スマホ)やSIMを提供する「BIGLOBEモバイル」の調査では、男性よりも女性の方が「男性専用車両」の賛成派が多かった。

    ■男性だけじゃない!女性の約6割が希望

    日本法規情報は2018年6月28日、運営する以下のサイト「セクハラ・パワハラ相談サポート」と「モラルハラスメント対策相談サポート」の運用情報やアンケートを基に「女性専用車両に関するアンケート調査」を発表した。
    調査は2018年3月22日~4月5日の期間に実施され、回答者は699人だった。

    「『男性専用車両』が必要だと考えますか?」という問いに対し、「必要である」と回答した人は28%、「どちらかといえば必要である」は34%、「どちらともいえない」は25%、「どちらかといえば必要ない」は7%、「必要ない」は6%、となった。
    男性専用車両が必要だと考える人は6割以上となった。

    BIGLOBEモバイルは、2017年8月10日~17日に「通勤に関する意識調査」を実施。
    スマホを所有する20代~50代の社会人男女800人を対象にアンケート形式で行ったところ、「男性専用車両の導入を希望しますか」という問いに対し、「希望する」と回答した人が53.8%と半数を超えた。
    男女別では、男性で「希望する」人が49.8%なのに対し、女性では57.8%と、女性の方が男性よりも男性専用車両を求めている。

    ■女性向け掲示板サイトでは「賛成派」が半数以上

    女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」では、2018年5月12日、「男性専用車両は必要なのか」というトピックスが投稿された。
    投稿者は「男性専用車両は真の男女平等に必要だと思うのですが、皆さんはどうでしょうか」と問いかけており、ユーザーからは、
    「電車通勤している夫や息子のことを考えると男性専用車両欲しい」
    「あっていいと思う。朝忙しい時分かりにくいから女性専用は車両ピンクで男性専用はブルーとか一目で分かるようになったらいいな」
    「むしろ男性専用車両40%、女性専用車両40%、共用20%くらいでいいと思う。お互いに神経すり減らして乗りたくない」
    「少なくともラッシュの時間帯は分けたほうがいいと思う。だって見知らぬ男女が身体を密着させなきゃ乗りきれないほどの混雑だもの」
    といった声が寄せられた。

    記者が見た限りでは、「賛成派」が半数以上を占めていた。
    一部の「反対派」からは「女性が間違えて乗ってしまったら怖そう」との声が寄せられた。

    https://www.j-cast.com/trend/2018/06/29332632.html 

    【「男性専用車両」の賛成派は6割以上 男性よりも女性の方が賛成派が多い実態が明らかに 】の続きを読む

    soccer_ball


    1: 2018/06/29(金) 10:39:59.35 ID:CAP_USER9
    男子サッカー元韓国代表でMBC解説員のアン・ジョンファン(42)がベスト16進出をかけて試合終盤に攻撃意思を見せなかった日本を非難した。

     日本は去る28日午後11時(日本時間)、ロシアのヴォルゴグラード・アリーナでおこなわれた「2018 FIFAワールドカップ ロシア」H組第3戦でポーランドに0-1で敗れながらも、ベスト16進出を決めた。

     コロンビアが2勝1敗で組1位となる中、日本はセネガルと1勝1敗1分で勝ち点、得失点、得点数で同率だった。だが、イエローカード数で決まるフェアプレーポイントにより、日本が予選を突破するかたちとなった。

     この日、日本-ポーランド戦は競技場を訪れた観衆のブーイングを浴びた。引き分けてもベスト16に進む日本、既に予選敗退が確定していたポーランド、共に消極的な試合展開だったからだ。

     試合の雰囲気が一変したのは後半14分、ポーランドのヤン・ベドナレク(22、サウサンプトン)の先制ゴールが決まった後だった。0-1で押され予選敗退の可能性が高まった日本が猛攻に転換した。だが、コロンビア-セネガル戦でコロンビアが得点したとの情報が伝えられると、日本は露骨にボールを後方でまわし始めた。後半30分ごろからはほぼ攻撃せず、それを見たポーランドも勝利目前の状況でボールを奪いに出る必要がなかった。観衆のブーイングも極に達し、結局試合終盤は両チームの選手が歩く姿も捉えられながら、そのまま終了ホイッスルが鳴った。

     日本の西野朗監督(63)は「仕方がなかった。次の段階に進むための戦略だ。選手もそういう戦い方はしたくなかっただろうが、こうして成長していくと考える」と説明した。

     だが、アン・ジョンファンMBC解説員は「何がフェアプレーなのか分からない。サッカー人として恥ずかしい」とし、「解説を準備した時間がもったいない」と強く非難した。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000010-wow-socc

    【【W杯】元韓国代表アン・ジョンファン、日本の試合運びに「サッカー人として恥ずかしい」「解説を準備した時間がもったいない」 】の続きを読む

    soccer_ball


    1: 2018/06/29(金) 14:33:54.67 ID:CAP_USER9
    中国国営新華社通信(英語版)は29日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表がポーランドに敗れながらもフェアプレーポイントで同組のセネガルを上回り決勝トーナメント進出を決めたことについて、「(日本は)フェアプレーとはほど遠く皮肉だ」と酷評した。リードされながら試合の最終盤で積極的に攻撃しなかった日本の作戦を批判したものだ。

    新華社は、試合終了の約10分前に今大会初勝利を目前にしたポーランドと、同時刻に行われていたコロンビア対セネガルの試合の途中経過により決勝トーナメント進出が見えてきた日本が「いずれも攻撃を放棄した」と指摘。双方が“休戦”を結び得点への努力を放棄した結果、「率直に言って恥ずかしい10分間」になったと表現した。

    中国のインターネット上でも「日本は決勝トーナメントに進出できることがわかったとたんに散歩を始めた」、「運命を他人まかせにするなんて信じられない」などと批判の声が相次いだ。

    一方で「そういうルールなんだ。日本おめでとう! アジアのチームがついに決勝トーナメントに行った」などと日本を祝福し、その作戦を冷静に評価する声もみられた。(北京 西見由章) 
    https://www.sankei.com/world/news/180629/wor1806290021-n1.html

    【中国メディアさん、サッカー日本代表 「フェアプレーと程遠い」「運命を他人まかせにするなんて信じられない」 日本を酷評 】の続きを読む

    1: 2018/06/29(金) 16:09:31.82 ID:CAP_USER9
    安倍首相「あんなに長く時間つぶすと思わなかった」「あれじゃ観客怒るよ」
    no title

    no title


    W杯で史上初…日本が恩恵

    イエローカードの差で救われる形となった日本だが、最後の約10分の“時間稼ぎ”ともいえる戦術には賛否両論の声が上がっている。

    「西野戦術」をどうみるべきか、フォーカスする。

    決勝トーナメント進出を決めた日本代表。
    今回のワールドカップから導入されたフェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出が決まったのは初のケースになった。

    一方、日本の時間稼ぎの戦術には意見が分かれている。

    ■日本の戦い方に賛否両論

    街で話を聞くと、「攻めて2点目とられるよりはあれでよかった」「進出したことは良かったがパス回しで逃げている感があって残念」と意見が分かれる。

    さらに、賛否の声は政界からも…

    斎藤農水相は、「ああいう戦術をとることは逃げているようでリスクもとっている。批判もあると思うがやるべきことはやったかな」と好意的。

    一方、安倍総理はけさの閣議の前に麻生副総理らと「あんなに長く時間を潰すとは思わなかった。あれじゃ観客怒るよ」などと話していたという。

    ■海外メディアからは好意的な報道の一方、批判も相次ぐ

    また、海外の反応は、好意的な報道もある一方で、韓国メディアは「幼稚でアンフェア」「今まで粘り強く戦ってきた日本がこういうことをしたのは非常に残念」などと批判。

    イギリスメディアも、試合は「バカげた形で終わった」などと報じている。

    波紋を呼んでいる“西野戦術”だが、フジテレビサッカー解説の永島昭浩さんはどうみたのか?

    永島昭浩:
    限られた時間の中で勝負どころの残り10分。グループリーグを突破するには何が一番良いのか。その中で他力を選んだという決断は西野さんすごいなと思いました と監督の判断を評価した。


    https://www.fnn.jp/posts/00330570HDK

    【【安倍首相】サッカーW杯 「あんなに長く時間を潰すとは思わなかった。あれじゃ観客怒るよ」 】の続きを読む

    image

    1: 2018/06/27(水) 19:13:29.91 0
    日本の文化を研究してるアメリカ人の英語のレポートに書いてあった
    どの国でもIT関連技術の進化についていける世代とそうでない世代の間で文化や価値観に大きな隔たりがあるけど日本はその隔たりが30代と40代の間に顕著らしい

    【現在の40代以上の世代と30代以下の世代で価値観に大きな違いがあるらしい... 】の続きを読む
       
         
      

    このページのトップヘ