まとめのぶろぐる

    2017年12月

    1: 2017/12/31(日) 15:00:31.43 ID:CAP_USER9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/31/kiji/20171231s00041000110000c.html 
    タレントのビートたけし(70)が30日、テレビ東京「たけしの誰も知らない伝説~ニッポンの天才たち2017~」(後9・00)に出演。映画の次回作について言及した。

    番組では史上初の「永世7冠」を達成した羽生善治竜王(47)の独占インタビューを放送。VTRの最後に羽生竜王からたけしに「次の映画はどんなテーマで撮りますか」と質問がなされた。

    たけしは「外国に行くと、たけしは男と女のストーリー、恋愛映画を撮ったことがない(って言われる)。じゃあ恋愛映画を撮ってやろうかって思って」と構想を明かし、今年書き下ろしたたけし初の恋愛小説「アナログ」についても「映画用に書いたやつで、小説にしてみたんだけどね」と語った。

    続けて「原作というものは読んだ人が勝手に(登場)人物を想像する」とし、「この役者はこの本(原作)と違うよって言われる可能性もあるから、アニメにしてしまおうかと思ってる」と仰天プランを打ち出した。

    【【!?】ビートたけし、「(次回作は)恋愛アニメにしてしまおうかと思ってる」】の続きを読む

    image
    1: 2017/12/31(日) 12:50:42.67 ID:CAP_USER9
    経済誌Forbesが毎年恒例のミュージシャン所得番付「世界で最も稼ぐ女性ミュージシャン」を発表。2017年は、ビヨンセが推定年収1億500万ドル(約118億6500万円)で、テイラー・スウィフトから1位の座を奪った。 

     昨年1位だったテイラーは推定年収4400万ドル(約49億7200万円)で3位にランクダウン。ワールドツアーなどの稼ぎが少なかったことが影響している。

     2位は、昨年と変わりなくアデルという結果に。今年2月に開催されたグラミー賞では最優秀アルバム賞を含む5冠に輝き、2011年以来の本格的なツアーでは、ひと晩に8ケタの売上を叩き出していたとのことだ。推定年収は6900万ドル(約77億9700万円)。

    Forbes発表、「世界で最も稼いだ女性ミュージシャン」トップ10は以下の通り。
    1位 ビヨンセ/1億500万ドル(約118億6500万円)
    2位 アデル/6900万ドル(約77億9700万円)
    3位 テイラー・スウィフト/4400万ドル(約49億7200万円)
    4位 セリーヌ・ディオン/4200万ドル(約47億4600万円)
    5位 ジェニファー・ロペス/3800万ドル(約42億9400万円)
    6位 ドリー・パートン/3700万ドル(約41億8100万円)
    7位 リアーナ/3600万ドル(約40億6800万円)
    8位 ブリトニー・スピアーズ/3400万ドル(約38億4200万円)
    9位 ケイティ・ペリー/3300万ドル(約37億2900万円)
    10位 バーブラ・ストライサンド/3000万ドル(約33億9000円)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00052883-crankinn-ent

    【【桁違いww】最も稼いだ女性ミュージシャン!!】の続きを読む

    1: 2017/12/31(日) 12:10:32.87 ID:U7mHuExM0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
    彼氏に乗ってほしいクルマランキング!
    SUVやミニバンが大人気だけど、やっぱりスポーツカーは昔も今も女子の憧れの存在。ということで、彼氏がこんなスポーツモデルに乗ってたらうれしい!というモデルを、オートックワン編集部女子の目線でピックアップしました。 本流のスポーツモデルだけじゃなくて、軽自動車もチョイスしているのがポイントです。

    1位:ホンダ NSX
    ▼彼氏に乗ってほしい理由
    今のところ国産車最高額の2370万円かつ日本での販売台数は年間100台なので、めったにお目にかかれない貴重な1台。

    2位:マツダ ロードスター
    ▼彼氏に乗ってほしい理由
    スポーツカーにありがちな威圧感もなく、小さくてかわいらしいサイズ。オープンにして走っていると誰もがニコニコしてくれます(え、自意識過剰!?)。

    3位:ポルシェ 718ケイマン
    ▼彼氏に乗ってほしい理由
    ポルシェのスポーツカー乗ってたら3割増し!個人的に911までいくとやりすぎ(お金をかけすぎ)かなと思うので718ケイマンを大切に乗ってる人がいいです。新型のケイマンの形が好きです。

    4位:スズキ アルトワークス
    ▼彼氏に乗ってほしい理由
    150万円で買える軽スポーツカー(しかも後部座席がある)は貴重な存在!特にいじらずともそのまま遊びにも走りにも行けて、コストパフォーマンスも最高です。  

    5位:アウディ TT
    ▼彼氏に乗ってほしい理由
    外装がかっこいい!街中でこのクルマかっこいいな~と思って見ると決まってTTです。こんなかっこいいスポーツカーで待ち合わせ場所に来られたらあがります。

    【「彼氏に乗ってほしいクルマランキング2017」発表!!】の続きを読む

    1: 2017/12/31(日) 07:58:56.19 ID:CAP_USER9
    弱肉強食の芸能界。それだけに男性も女性も、芸能人には負けん気の強い人が多そうだ。中には気持ちだけでなく、その腕力が話題になることも……。そこで今回は、現在活躍中の女性芸能人の中で、最も「ケンカが強そう」だと思う人を20~50代の男性、各世代25人ずつ、合計100人に聞いてみた。

    まず、第3位はタレントの木下優樹菜(30)。 昔から“元ヤンキー”とバラエティ番組などで公言しており、「ヤンキーの代表のような見た目や言動(30代)など、“元ヤンキー”だったことを理由に挙げる人が圧倒的多数だった。さらに「夫婦喧嘩にも勝っているイメージだから」(30代)など、藤本を思うままにコントロールしているイメージも強そうだ。

     続いて第2位は、プロレスラーの佐々木健介(51)を夫に持つタレントの北斗晶(50)がランクイン。案の定「鬼嫁と呼ばれている」(50代)という声の他、「ガタイが良い」(40代)、「強そうだから」(20代)など、やはり現役時代のイメージが選ばれた理由だろう。

    ■第1位はやっぱり“芸能界のご意見番”!
    そして見事、第1位に輝いたのは、歌手でタレントの和田アキ子(67)。“芸能界のご意見番”と呼ばれ、デビュー前は地元の大阪で女番長として鳴らしていたのは有名。さらに、後輩の芸能人が和田から受けた恐怖体験をテレビで披露することもあり、周囲から恐れられているイメージが強い。 
    https://taishu.jp/detail/30419/ 

    【【流石のメンツ】「ケンカが強そうな女性芸能人」ランキングwww】の続きを読む

    ent1712284826-p1
    1: 2017/12/31(日) 12:07:39.94 ID:CAP_USER9
    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/171228/ent1712284826-n1.html 
    まさかの心の闇が浮かび上がった。ファッション誌で“肘ブラヌード”まで披露し、話題を呼んだフリーアナウンサーの田中みな実(31)。先日出演したバラエティー番組での発言が、あまりにも虚無感にまみれており、ネット上をざわつかせているのだ。

    田中が問題発言を連発したのは20日放送の「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみましたSP」(日本テレビ系)でのこと。今年の田中はレギュラー番組なども抱え、さらに雑誌「an・an」で肘でバストを隠したセミヌードを披露し女性からも称賛されるなど、これまでの嫌われ女子を返上する活躍ぶりをみせた。

    そんな田中だが、番組では「何のために今仕事をしているのか」と問いかけたかと思うと、稼いだお金の使い道について、「じゃあこのお金を自分のために使います。洋服買います、化粧品買います。で、私は満たされていますか」と心の闇をさらけだした。
     
    そしてこんな激白を。
    「20日ぐらい日程を用意して、お店もたくさんラインアップしてくれた男性がいて、一度行きましょうとなって、2人で行ったんですけど、35分で帰る感じになっちゃった」 スタジオを凍りつかせながら、田中の告白はさらに続き、「盗聴もありますから、盗聴器の検査を年2回入れています」とまで明かしたのだ。

    こうした発言に、ネットもざわつく。気持ちが分かるという賛同もあれば、「やばいんじゃない」「休んだほうがいい」といったどん引き反応も。 

    【田中みな実、どん引きするほどの「心の闇」告白.....】の続きを読む

    1: 2017/12/29(金) 13:07:01.00 ID:CAP_USER9
    興行収入がエクソシストを超え、ホラー映画史上No.1のヒットとなった映画「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」。ホラー映画でありながら、瑞々しい少年たちの青春を描いた、2017年を代表する映画でした。

    原作者は言わずと知れた巨匠・スティーヴン・キング。今まで実に40本以上が映画化されているという、映画化常連のホラー・ミステリー作家です。とにかくキング原作の映画は、とにかく名作が多い!今回は3,534名の方を対象に、アンケートを実施しました。果たして、キング原作の映画で一番人気は何なのか…?「スティーヴン・キング原作映画ランキング」、スタートです!


    「スティーヴン・キング原作映画ランキング」TOP10

    1位 スタンド・バイ・ミー
    2位 グリーンマイル
    3位 ショーシャンクの空に
    4位 シャイニング
    5位 ミザリー
    6位 キャリー(1976)
    7位 IT イット “それ”が見えたら、終わり。(2017)
    8位 ゴールデンボーイ
    9位 ミスト
    10位 アトランティスのこころ 

    http://rankingoo.net/articles/movie/20171213/3 

    【「スティーヴン・キング原作映画の人気ランキング」TOP10!】の続きを読む

    1: 2017/12/30(土) 14:33:59.65 ID:CAP_USER9
    現在、芸能界では、10代の俳優不足という“重大”問題が起こっている。映画やドラマなどで高校生役をこなしているのは、どこかで観たような顔ぶればかり。女優では、広瀬すず(19)に仕事のオファーが一極集中している。一方、男優では、20代半ばの菅田将暉や竹内涼真が、学ラン姿で演じるほかない有り様なのだ。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171230-00535491-shincho-ent

    【【深刻】芸能界“10代不足問題”】の続きを読む

    1: 2017/12/30(土) 15:29:39.38 ID:CAP_USER9
    29日放送の「ニュースキャスター 超豪華!芸能ニュースランキング 2017決定版」(TBS系)で、ビートたけしが、ダウンタウン・、松本人志について芸人、映画監督として感想を漏らした。

    番組では「今夜のたけしは全部答える “バラエティの王様”に聞きたい事」と題し、コメンテーターでもあるビートたけしに様々な質問が投げかけられる中「ダウンタウンの松本さんをどう思いますか?」という質問が飛び出した。

    と、たけしは松本について「よく天才だって言われてるけど…」と、切り出すと「松本くんたちは、我々を見て育ってきたから、レベルはおいらより上だと思うけどね。いい感覚してると思うけどなぁ」と、芸人としての技量を評価。

    一方で、映画監督・松本人志には「ただ…、映画はちょっとヘタだなと思うんだけどな」と、笑みをこぼすと「映画がヘタなのか? オレがついていけないのか? 一般の人もついていけないのか? (興行収益が)当たってないんで」と、冷静な判断ものぞかせる。

    「でも、もしかしたら後何年かして『松本人志が作った映画はすごかった』って言われる時代が来るのかもわからないよね」「そのときは多分、オレはくたばってるから」と、たけしは皮肉交じりに、松本との世代の差を実感していたようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14097928/ 

    【ビートたけし、松本人志を語る「映画はちょっと下手だなwwww」】の続きを読む

    1: 2017/12/30(土) 11:38:21.32 ID:eLys5/L/0 BE:329591784-PLT(12100) ポイント特典
    28日放送の「池上彰が2017総ざらい 知らずに終われない今年のニュースTOP50」(テレビ朝日系)で、高齢者が若年労働者を「ひ弱」だと嘲笑した。

    番組では、今年話題となったニュースをランキング形式で紹介し、ジャーナリスト・池上彰氏が解説。23位には月末の金曜日は午後3時に退社する「プレミアムフライデー」などの、労働環境を改善する働き方改革がランクインした。

    街頭取材では、30~40代が「プレミアムフライデー」の実施状況に不満の声があがるなか、60代以上からは働き方改革を軽視する意見も出た。

    70代女性からは「私たちが働いていた頃は、残業は平気」。80代男性は「今の若い人はひ弱だね」と嘲笑した。また60代男性からは「若い頃は70~100時間くらい残業をしていた。そうすると給料が倍くらいになる」と、自身の現役時代のケースを語る声もあがる。

    番組ナレーションでは「そんなこと言ってると、時代に取り残されますよ!?」と、そのような考えは古いのではないかと問題提起したのだった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14098195/

    【老人「今の若い人はひ弱だねwwwwww」 】の続きを読む
       
         
      

    このページのトップヘ