まとめのぶろぐる

    1: 2017/10/15(日) 14:34:39.25 ID:CAP_USER9
    歌手の和田アキ子が14日、BS朝日「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」に出演し、幼少期に父親から受けた厳しいしつけを振り返った。

    和田は大阪市で柔道の町道場を主宰する父親に6歳の頃から柔道を教え込まれた。
    小学生時には、体重100キロを超えていたという父からは、「女は飯と掃除だけはできなあかん」と言われ、100畳を超える道場の掃除をすることが日課とされていた。

    現在では1人が亡くなったが弟は3人おり、長女だった和田は「私はちゃんとして欲しいというのがあったんでしょうね。きょうだいの中で一番、私がしばかれた」と厳しく育てられた。

    時にはベルトのバックルで殴られ、バックルの留め具が、下唇を貫通。
    「今でも傷があるんです。親父が“ボケッ、コラッ”て殴ったんです。 血だらけになって、貫通したまんま、泣きながら病院へ行ったのを覚えています」と振り返った。

    そんな“しつけ”に「ちゃんとして欲しかったんでしょうね。でも、ことごとく反発しました。嫌いで嫌いでしょうがなかった」と複雑な“父娘関係”を告白し、
    「一回ね、“お父さん、私は本当にお父さんの子どもですか?”と言ったことがある。 “もう耐えられない”と。“お父さん、寝てる間にお父さん殺して、私も死にます”と話したら、“おう、やってみいや、お前、先に殺してやるから…”。 そういう父親でした」と涙ながらに回想した。。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13750909/ 

    【和田アキ子、ベルトのバックルで殴られ、バックルの留め具が、下唇を貫通 !? 】の続きを読む

    INA99_saifuaketara1en_TP_V
    1: 2017/10/15(日) 06:30:03.35 ID:IxDoVnw90● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
     2018年10月の消費税率8%から10%への引き上げにとどまらず、2019年には「年金大改悪」が予想されている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171013-00000002-moneypost-bus_all

    総支給30万でも手取り20万ちょっとしかもらえなくなる 

    【【2020年】に、年収は29万円減へ ....】の続きを読む

    image
    1: 2017/10/14(土) 07:38:54.41 ID:CAP_USER9
    「キングオブコント2017」優勝の「かまいたち」と準優勝の「にゃんこスター」が13日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなうSP」(金曜・後9時)に出演した。

    「本音でハシゴ酒」のコーナーに登場した2組。「ダウンタウン」松本人志(54)に「本当は優勝のかまいたちだけでも良かったのに、スタッフ的には、にゃんこスターにも来て欲しかったんです」と話すと、かまいたちは苦笑い。

    坂上忍(50)が「にゃんこスター(の芸)は良く分からなかった。でも、バラエティー番組に(多く)出るのは、にゃんこスターの方ではと思った」と言うと、にゃんこスターのスーパー3助(34)とアンゴラ村長(23)はニッコリ。 

    また、準優勝後に発覚した2人の熱愛については「交際した後に『キングオブコント』のエントリーがあったので、婚姻届みたいに出してみようと思ったんです。 (交際も)隠すことでもないなと思って、普通に言っちゃいました」と3助。「3助のどこが良かったの?」と聞かれたアンゴラは「見た目も性格も声も全部がいいです」と笑顔で答えた。 

    「破局したら、コンビが続けにくくなるのでは?」と聞かれたアンゴラが「別れたら解散かな。好きな人じゃないと、楽しく踊れないです」と率直に答える場面もあった。 http://news.livedoor.com/article/detail/13745373/ 

    【にゃんこスター・アンゴラ村長「別れたら解散かな.....」 】の続きを読む

    otaku
    1: 2017/10/14(土) 22:04:58.69 ID:CAP_USER9
    普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。 ──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

    オタク趣味は定着したけど、それでも女性の目は--

    アニメやマンガなど、オタク文化はすっかり定着した印象ですよね。
    女性でも「好き」という人もいます。とはいえ、オタク趣味が激しい人を好きになれるかといったら……ちょっとハナシが変わってくるかもしれませんよね。

    いったいどのあたりがアリ/ナシの境目なんでしょうか。というわけで20~30代の女性200人に、アンケート調査を行ってみました!(協力:アイリサーチ)

    ■女性が許せるオタク趣味ランキング 

    1位 映画オタク 62.5%
    2位 マンガオタク 56.0%
    ----許せなくなる過半数ライン----
    3位 クルマオタク 47.0%
    4位 アニメオタク 44.0%
    5位 パソコン/ITオタク 43.0%
    6位 ゲームオタク 40.0%
    7位 鉄道オタク 35.5%
    8位 飛行機オタク 34.5%
    9位 バイクオタク 34.0%
    10位 プラモデル/模型オタク 25.5%
    11位 アイドルオタク 25.0%
    12位 ミリタリー/サバゲーオタク 21.5%
    13位 特撮オタク 18.5%
    14位 フィギュアオタク 18.0%
    ※ランク外 「許せるものはなにもない」10.5%

    残念ながら、女子の半数以上が「アリ」と感じるオタク趣味は、「映画」と「マンガ」のみということになりました……。 

    また「許せる」が5人に1人(20%)以下という特に不評なオタク趣味は、「特撮」と「フィギュア」。
    どちらも詳しくない人には深掘りがしにくく、男性に愛好者が多いジャンルですが、それだけに女性の理解を得るのはなかなか難しいのかもしれません。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13748879/ 

    【【悲報】女が許せる男のオタク趣味ランキング!!!】の続きを読む

    seiji_kokkai_gijidou
    1: 2017/10/14(土) 18:31:54.71 ID:FZR8EGN10● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
    アベノミクスの“恩恵”と感じる就活状況 なぜ若者は自民党を支持するのか。

    実際に若者の声を聞くと、まず聞こえてくるのは経済政策への評価だ。 都内の私立大2年の男子学生(21)はこう語る。 「自分と高校も大学も同じ2歳上の兄がいい会社に就職できているし、サークルの先輩も就活に成功している人が多い。 アベノミクス以降、株高、企業の業績向上、ベースアップが実現している。このまま今の売り手市場が続いてほしい」  地元の広島県では、叔父が人材派遣会社を経営しているが、安倍政権になって以降、会社の調子がいいとよく聞く。 近所の自動車部品工場でもトラックの行き来が明らかに増えている。

    「民主党政権時代は大変だったと聞いています」 地方の国立大3年の女子大生(21)も、今回自民党に投票するという。「政権交代以降、売り手市場になっていて、 先輩たちの就活も安定している。失敗している人はあまり聞いたことがない」と語るなど、アベノミクスへの評価は高い。  実際、9月29日に発表された平成29年版厚生労働省「労働経済の分析」によると、全ての年代で失業率は低下傾向に あるが、中でも15?24歳の若年層の失業率は第2次安倍政権誕生以降、大きく低下している。
    https://www.businessinsider.jp/post-105617

    【安倍首相はなぜ若者に支持されるか】の続きを読む

    manga
    1: 2017/10/14(土) 19:24:56.45 ID:CAP_USER9
    https://grapee.jp/403747
    2017年10月13日

    2017年10月11日に放送された、テレビ朝日系番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』。 その中で発せられた有吉弘行さんの言葉が、多くの称賛を集めています。

    『マツコ&有吉 かりそめ天国』は、視聴者から寄せられた悩みや相談ごとに対し、有吉さんとマツコ・デラックスさんが独自の見解で意見をする番組です。
    この日の放送で番組に寄せられたのは、こんな相談でした。

    「40歳を超えても、まだ少年誌を買ってしまいます。皆さんいつ卒業したのでしょうか?」

    45歳だというその会社員は、昔ほどのワクワクはないけれど、つい習慣で『少年ジャンプ』や『少年マガジン』などを買い、読んでしまうといいます。 そして、「卒業するタイミングがやってくるのか。60歳になっても買っていいのか」と悩んでいるそうです。

    この相談を受けて、有吉さんは「昔と比べると、40歳前後になっても漫画を読んでいる人が多い」とコメント。そして、周囲から批判されやすい傾向にあることを語りました。 そんな人たちに対し、有吉さんはこんな意見をぶつけました!

    「そんなやつが漫画原作のドラマでボロボロ泣いてたり。お前、ふざけんなよ」

    「漫画だから」と批判する人に向けた、辛口な言葉。 マツコさんも有吉さんの言葉に同意し、「漫画なんてもう当たり前。いまやオタク文化が日本の主流」とうなずきました。 有吉さんの言葉に、ネット上では賛同の声が多数上がっています。  

    漫画は、いまや日本が世界に誇れる文化の1つといってもよい存在です。
    古来から尊重されてきた活字の書物と同じように、これからも愛されていくでしょう。

    【「大人がマンガなんて読んでるの?」に、有吉弘行の痛烈な切り返しwwwww 】の続きを読む

    study_gariben_boy
    1: 2017/10/14(土) 16:06:11.55 ID:CAP_USER9
    10月11日、30回目を迎える「日本メガネベストドレッサー賞」の授賞式が都内で行われ、芸能界部門から俳優の高橋一生、女優の土屋太鳳、スポーツ部門から吉田沙保里、今後、メガネをかけてほしい人として特別賞に欅坂46などが登場した。土屋は「高校生の時から主にプライベートでメガネを愛してきました。メガネは心強い相棒です」とコメント。所持するメガネは「1本です」と一本気な愛着を告白した。

    「ベストジーニスト」同様、受賞理由が皆目わからないことで毎年疑問の声が沸き起こるこの賞。今回もまた、ネット上で様々な疑問の声が上がっている。

    「いちばんやり玉にあがっているのが土屋です。『メガネのイメージない』『これほどメガネが似合わない人も珍しい』『どこにでもホイホイ出てくる』『近藤春菜や阿佐ヶ谷姉妹のほうが適任』など、批判的なコメントが多いですね。

    また、土屋の『メガネを愛し、メガネに愛される女性、女優になれるように精進していきたい』というコメントには『意味不明』とバッサリ。土屋は翌日発表された『美脚大賞2017』でもアスリート脚として選出されました。アスリート脚ならアスリートを選びそうなものですけどね。どちらの賞も話題になる、ニュースになる人選なのでしょうが、主催者が望まない形で話題になっているのではないでしょうか」(芸能ライター) 
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171013-47408648-asajo 

    【土屋太鳳「メガネドレッサー受賞!! 美脚大賞受賞!!」しかし世間は「(。´・ω・)......?」 】の続きを読む
    おススメ一覧

    このページのトップヘ